目のかゆみ・充血に効く市販の目薬「アルガード」シリーズの効果の違いと選び方~花粉症用目薬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

疲れ目 コンタクトレンズ 花粉症 目の痒み

花粉症などによる目のかゆみ・充血などに効く市販の目薬「アルガード」シリーズ全種類の違いと選び方・選ぶポイントなどを紹介します。

「アルガード」シリーズの商品ラインナップは次の通りです。

●ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)

●ロート アルガード クリアブロックEXa(クリアマイルドEXa)

●ロート アルガード プレテクト

●ロート アルガード クールEX

●ロート アルガード(ロート アルガードS)

スポンサーリンク

「アルガード」の違いと選び方

「アルガード」各商品に配合されている有効成分に着目すると、使用目的別に次のように分類できると考えられます。

●定期的に使用

目のかゆみ・充血などの症状をコントロールするため

●その都度使用

目のかゆみ・充血などの症状が強いときに症状を緩和するため

「アルガード」5商品を”定期的に使用”すべき商品、”その都度使用”すべき商品に分けると次のようになります。

<定期的に使用>

●ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)

●ロート アルガード クリアブロックEXa(クリアマイルドEXa)

●ロート アルガード プレテクト

<その都度使用>

●ロート アルガード クールEX

●ロート アルガード(ロート アルガードS)

続いて、各商品の違いを確認しながら、その理由について紹介します。

ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)

「ロート アルガード クリアブロックZ」(以下、クリアブロックZ)は、目のかゆみ・充血などのアレルギー症状をコントロールするために、用法・用量に従って定期的に使用すべき商品となります。

「クリアブロックZ」は「アルガード」5商品の中で、抗アレルギー薬・かゆみ止めの成分が最高濃度配合されている商品です。

「クリアブロックZ」に配合されている”クロモグリク酸Na”と”クロルフェニラミン”2種類の有効成分が、目のかゆみ・充血などのアレルギー症状を抑える中心的な役割を果たします。

アレルギー症状を抑えると一口に言っても、役割にちょっとした違いがあります。

“クロモグリク酸Na”はアレルギー症状そのものを抑える(軽くする)成分、”クロルフェニラミン”はその時々のアレルギー症状を抑える成分と言えます。

つまり、”クロモグリク酸Na”は予防薬、”クロルフェニラミン”は対症療法薬と二段構えとなっている商品が「クリアブロックZ」です。

したがって、「クリアブロックZ」は基本的に、花粉症などのように、時期的なアレルギー症状で、アレルギー症状を根っこから抑えつつ、その時々の症状も同時に抑えるために最適な商品です。

予防薬が配合されている商品なので、出現するであろう症状を軽くするために、症状が出る1~2週間前からの使用がすすめられます。

有効成分は同じですが、清涼感の違いで「クリアブロックZ」と「クリアマイルドZ」という2つの商品が販売されています。

ロート アルガード クリアブロックEXa(クリアマイルドEXa)

「ロート アルガード クリアブロックEXa」(以下、クリアブロックEXa)も、目のかゆみ・充血などのアレルギー症状をコントロールするために、用法・用量に従って定期的に使用すべき商品となります。

「クリアブロックEXa」と先に紹介した「クリアブロックZ」の有効成分は同じです。

成分量が「クリアブロックZ」のほうに多く配合されています。

「クリアブロックEXa」も「クリアブロックZ」と有効成分そのものは同じです。

つまり、「クリアブロックZ」と同じく、「クリアブロックEXa」も予防薬・対症療法薬2成分が配合された2段構えの商品です。

使用例も「クリアブロックZ」と同じく、花粉症などのように、時期的なアレルギー症状で、アレルギー症状を根っこから抑えつつ、その時々の症状も同時に抑えるために最適な商品と言えます。

有効成分は同じですが、清涼感の違いで「クリアブロックEXa」と「クリアマイルドEXa」という2つの商品が販売されています。

ロート アルガード プレテクト

「ロート アルガード プレテクト」(以下、プレテクト)も、目のかゆみ・充血などのアレルギー症状をコントロールするために、用法・用量に従って定期的に使用すべき商品となります。

「プレテクト」は、先に紹介した2商品と異なり、抗アレルギー薬である“トラニラスト”のみを配合した商品です。

「プレテクト」に配合されている抗アレルギー薬”トラニラスト”は、かゆみが出ないように・ひどくならないようにするための薬です。

つまり、「プレテクト」は、アレルギー症状の予防薬という面が強い商品です。

予防薬なので、症状が出る1~2週間前からの使用がすすめられます。

同じような商品として「ノアールPガード」という目薬が販売されています。

「ノアールPガード」については、こちらの記事にまとめています。

アレルギー(花粉症など)用に市販の目薬「ノアールPガード点眼液」と「ザジテンAL点眼薬」を紹介します。それぞれ処方薬「アレギサール点眼」・「ザジテン点眼」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

こちらの記事にて、「ノアール」と共に紹介している「ザジテンAL点眼薬」は、処方せん用医薬品としても使用されている目薬となります。

ちなみに、「ザジテン」には目薬だけでなく、飲み薬・点鼻薬も販売されています。

くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの鼻症状が気になる方は、こちらの記事も参考程度にご覧ください。

処方薬「ザジテン」と同じ有効成分"ケトチフェン"を配合した市販薬「ザジテンAL」シリーズの違いと"飲み薬・点鼻薬・点眼薬"の使い分けなどについて紹介します。

ロート アルガード クールEX

「ロート アルガード クールEX」(以下、クールEX)は、ここまで紹介してきた3商品とは異なり、その時々の目のかゆみ・充血を和らげるために使用しても良い商品です。

清涼感が5商品の中で最も強い商品のようです(※ロート製薬ホームページより)

ロート アルガード(ロート アルガードS)

「ロート アルガード」(以下、アルガード)も先に紹介した「クールEX」と同じく、その時々の目のかゆみ・充血を和らげるために使用しても良い商品です。

有効成分は同じですが、清涼感の違いで「アルガード」と「アルガードS」という2つの商品が販売されています。

結局、どれを選べば良いか?

結局、どの商品を選べば良いか?

となります。

アレルギー症状の程度の強さ継続する期間(時間)によって、使い分ければ良いかと考えます。

「アルガード」5商品のアレルギー症状を抑える効果(作用)の大小を、ざっくり評価すると次のようになると考えられます。

※「アルガード」の効果の大小

①クリアブロックZ

②クリアブロックEXa

③プレテクト

④クールEX、アルガード

効果の強さは「プレテクト」を中間に、最も強い商品が「クリアブロックZ」、続いて「クリアブロックEXa」となるでしょう。

「クールEX」と「アルガード」の効果の差は、さほどないと考えられます。

目のかゆみなどのアレルギー症状が特に強い場合には、効果が高い「クリアブロックZ」または「クリアブロックEXa」の使用が最適となるでしょう。

時折、目にかゆみがある・充血が気になるというような場合には、「クールEX」または「アルガード」でもいいのでしょう。

どっちつかずの場合は、「プレテクト」です。

「アルガード」シリーズ基本情報

「アルガード」シリーズ5商品の有効成分、効能・効果などの基本情報を最後に紹介しておきます。

ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)

<有効成分>

・クロモグリク酸ナトリウム:1%

・クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.03%

・プラノプロフェン:0.05%

・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.5%

<効能・効果>

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和:目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感(コロコロする感じ)

<用法・用量>

1日4回、1回1~2滴点眼

ロート アルガード クリアブロックEXa(クリアマイルドEXa)

<有効成分>

・クロモグリク酸ナトリウム:1%

・クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.015%

・プラノプロフェン:0.05%

・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.2%

<効能・効果>

「ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)」に同じ

<用法・用量>

1日4回、1回1~2滴点眼

ロート アルガード プレテクト

<有効成分>

トラニラスト:0.5%

<効能・効果>

「ロート アルガード クリアブロックZ(クリアマイルドZ)」に同じ

<用法・用量>

7歳以上:1日4回、1回1~2滴点眼

ロート アルガード クールEX

<有効成分>

・アズレンスルホン酸ナトリウム:0.02%

・クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.03%

・塩酸テトラヒドロゾリン:0.02%

・ビタミンB6:0.1%

<効能・効果>

目のかゆみ、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、目の疲れ、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

<用法・用量>

1日3~6回、1回1~2滴

ロート アルガード(ロート アルガードS)

<有効成分>

・グリチルリチン酸二カリウム:0.025%

・クロルフェニラミンマレイン酸塩:0.03%

・塩酸テトラヒドロゾリン:0.01%

・ビタミンB6:0.1%

<効能・効果>

「ロート アルガード クールEX」に同じ

<用法・用量>

1日3~6回、1回1~2滴

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする