【目のかゆみ・なみだ目に】花粉症(アレルギー)用目薬の選び方・使い方~市販の「アレギサール点眼」と「ザジテン点眼」~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

疲れ目 コンタクトレンズ 花粉症 目の痒み

花粉症(アレルギー)用目薬の特徴と選び方を紹介します。

当記事では、以下2商品を紹介します。

●ノアールPガード点眼液

●ザジテンAL点眼薬

スポンサーリンク

「ノアール」と「ザジテン」の違い

「ノアールPガード点眼液」と「ザジテンAL点眼薬」の違い、それを踏まえた選び方や使い分けについて紹介します。

効能・効果の記載内容はともに同じで、目のかゆみや充血といったアレルギー症状の緩和に使用すると記載があります。

しかし、その使い道にはちょっとした違いがあります。

有効成分の違い

「ノアールPガード点眼液」に配合されている有効成分と「ザジテンAL点眼薬」の有効成分は異なります。

各商品に配合されている有効成分は以下の通りです。

●ノアールPガード点眼液:ペミロラスト

●ザジテンAL点眼薬:ケトチフェン

“ペミロラスト”と”ケトチフェン”の薬としての役割には、ちょっとした違いがあります。

続いて、両有効成分の役割について紹介します。

ペミロラストの役割

「ノアールPガード点眼液」に配合されている”ペミロラスト”は、ケミカルメディエーター遊離抑制薬と呼ばれている有効成分です。

ケミカルメディエータとは、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす物質の総称です。

その遊離されたヒスタミンなどのケミカルメディエーターが体に作用することで、アレルギー症状(目のかゆみ・充血など)が引き起こされてしまいます。

「ノアールPガード点眼液」に配合されている”ペミロラスト”は、アレルギー症状の原因(もと)となる様々な物質の遊離を妨げることで、アレルギー症状を抑えます。

ケトチフェンの役割

ザジテンAL点眼薬 アレルギー 花粉症

「ザジテンAL点眼薬」に配合されている”ケトチフェン”は抗ヒスタミン薬です。

“ケトチフェン”は、アレルギー症状の主な原因の1つである”ヒスタミン”の作用をブロックし、アレルギー症状を抑えます。

ちなみに、「ザジテン」には、目薬だけでなく、飲み薬・点鼻薬も販売されています。

目薬も含め「ザジテンALシリーズ」については、こちらの記事にまとめています。

処方薬「ザジテン」と同じ有効成分"ケトチフェン"を配合した市販薬「ザジテンAL」シリーズの違いと"飲み薬・点鼻薬・点眼薬"の使い分けなどについて紹介します。

用法・用量の違い

用法・用量は、「ノアールPガード」は1日2回、「ザジテンAL」は1日4回です。

「ノアールPガード」が1日の点眼回数は少なくて済むというメリットがあります。

両商品を選ぶポイント

「ノアールPガード点眼液」はヒスタミンなどのアレルギー誘発物質の遊離を抑制します。

「ザジテンAL点眼薬」は遊離してしまったヒスタミンの作用を弱める効果があります。

そこで、両商品を選ぶポイント・使い分けとしては、次の通りです。

●ノアールPガード点眼液

かゆくなる前から(かゆくならないように)使用

●ザジテンAL点眼薬

かゆい時に使用

「ノアールPガード点眼液」はかゆくなる前に点眼開始

「ノアールPガード点眼液」のワンポイントアドバイスとして記載しましたが、「花粉症シーズン1~2週間前から点眼を開始してみてください」

「ノアールPガード点眼液」に配合されている”ペミロラスト”は、アレルギー誘発物質の遊離を抑える成分でした。

つまり、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が遊離する前に点眼を開始することで、かゆみなどの症状が出ないよう事前に準備をしておくわけです。

アレルギー症状がなるべく出ないようにするための、予防薬として捉えてもいいでしょう。

花粉症用目薬まとめ

ここまで、「ノアールPガード点眼液」と「ザジテンAL点眼液」という2種類の花粉症用目薬について、紹介してきました。

両商品の使い分けは次の通りです。

●ノアールPガード点眼液

かゆくなる前から(かゆくならないように)使用

●ザジテンAL点眼液

かゆい時に使用

「ノアールPガード点眼液」は、アレルギー症状の予防薬という面があります。

事前の備えとして、使用いただけると考えます。

それぞれの目薬の違いや特徴などを把握して、症状にぴったりの目薬を選んでください。

また、花粉症の飲み薬については、こちらの記事でまとめています。

眠くならない、眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬を選ぶポイントを紹介します。"眠くならない"という点では「アレグラFX」と「クラリチンEX」が第一選択肢となります。

「ノアールPガード点眼液」・「ザジテンAL点眼薬」基本情報

最後になりましたが、「ノアールPガード点眼液」・「ザジテンAL点眼薬」の効能・効果や用法・用量などの基本情報を紹介しておきます。

ノアールPガード点眼液

<有効成分>

ペミロラストカリウム(ケミカルメディエータ遊離抑制薬)

<効能・効果>

目のかゆみ・充血など

<用法・用量>

1日2回点眼

<ワンポイントアドバイス>

花粉症シーズン1~2週間前から点眼開始

ザジテンAL点眼薬

ザジテンAL点眼薬 アレルギー 花粉症

<有効成分>

ケトチフェン(抗ヒスタミン薬)

<効能・効果>

目のかゆみ・充血など

<用法・用量>

1日4回点眼

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする