【かぜ薬】「ベンザブロック」シリーズの違いと選び方~「S・L・IP」を正しく選ぶ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

「ベンザブロック」シリーズの違いと選び方・選ぶポイントなどを紹介します。

「ベンザブロック」シリーズには、以下3種類の商品が販売されています。

●ベンザブロックIP(青のベンザ)

●ベンザブロックL(銀のベンザ)

●ベンザブロックS(黄色のベンザ)

それでは、「ベンザブロック」シリーズの違いや各商品の特徴・選び方を紹介します。

スポンサーリンク

「ベンザブロック」シリーズの違い~有効成分比較~

「ベンザブロック」シリーズの違いを確認するために、各商品に配合されている有効成分を比較してみます。

   

ベンザブロックIP

(青のベンザ)

ベンザブロックL

(銀のベンザ)

ベンザブロックS

(黄色のベンザ)

解熱鎮痛薬

(熱さまし・痛み止め)

イブプロフェン 150mg 150mg
アセトアミノフェン 300mg
せき ジヒドロコデイン 8mg 8mg 8mg
dl-メチルエフェドリン 20mg 20mg
のどの痛み・炎症 トラネキサム酸 140mg
くしゃみ・鼻みず クロルフェニラミン 2.5mg 2.5mg
d-クロルフェニラミン 1.17mg
ヨウ化イソプロパミド 2mg
鼻づまり 塩酸プソイドエフェドリン 45mg
鎮痛補助薬 無水カフェイン 25mg 25mg 25mg
ビタミン剤 ヘスペリジン 30mg 30mg
服用対象年齢 15歳から 15歳から 12歳から
1回服用量(カプレット) 2錠 2錠 2錠(または1錠)
1回服用量(錠剤) 3錠 3錠 3錠(または2錠)

服用対象年齢は次のように異なっています。

●ベンザブロックIP:15歳から服用

●ベンザブロックL:15歳から服用

●ベンザブロックS:12歳から服用

「ベンザブロックS」のみが12歳から服用可能で、その他2商品「ベンザブロックIP」・「ベンザブロックL」については15歳からの服用となります。

代表的なかぜの諸症状、熱や痛み(頭痛・関節痛)・のど(せき・たん)・鼻(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)、に対して効く成分はどの商品にも配合されています。

しかし、有効成分がそれぞれの商品で少しずつ異なっており、特に有効となるかぜの症状が商品ごとに異なります。

続いて、各商品の特徴などについて紹介します。

長期保存・携帯に便利なカプレットタイプ

各商品の特徴・選び方を紹介する前に、「ベンザブロック」には”カプレット”というユニークな形状の製剤について紹介します。

“カプレット”とは、”カプセルの形をした錠剤”の製剤で、次のような商品です。

カプレットタイプの商品は、小型で細長く、比較的服用しやすいとされています。

また、1回あたりの服用量(錠剤なら1回3錠のところ、カプレットなら1回2錠)が少なく済む上、PTP包装なので、保存・衛生面においても安心して服用できます。

それでは、各商品の特徴などについて紹介します。

“痛み”がつらいとき 青のベンザ「ベンザブロックIP」

「頭痛・関節痛・のどの痛み」など、”痛み“がつらいときは「ベンザブロックIP」です。

「ベンザブロックIP」には、解熱鎮痛薬として”イブプロフェン”が配合されています。

市販薬として一般的に使用される解熱鎮痛薬に”アセトアミノフェン”があります。

「ベンザブロック」シリーズにおいては、「ベンザブロックS」に配合されています。

“イブプロフェン”と”アセトアミノフェン”の違いは鎮痛効果です。鎮痛効果は”イブプロフェン”のほうが高いと考えられています。

<鎮痛効果の大小>

イブプロフェン>アセトアミノフェン

そのため、「ベンザブロックIP」は、「頭痛・関節痛・のどの痛み」などの”痛み”がつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なく済む、カプレットタイプの商品はこちら

“痛み”・”鼻づまり”がつらいとき 銀のベンザ「ベンザブロックL」

「頭痛・関節痛・のどの痛み」などの”痛み“や”鼻づまり“がつらいときは「ベンザブロックL」です。

「ベンザブロックL」にも、「ベンザブロックIP」と同様、解熱鎮痛薬として鎮痛効果がより高い”イブプロフェン”が配合されています。

さらに、「ベンザブロックL」には”塩酸プソイドエフェドリン”という”鼻づまり改善薬”が配合されています。

そのため、「ベンザブロックL」は、頭痛・関節痛・のどなどの痛み、鼻づまりがつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なく済む、カプレットタイプの商品はこちら

発熱・鼻みずがつらいとき 黄色のベンザ「ベンザブロックS」

発熱“・”くしゃみ・鼻みず“などの鼻症状がつらいときは「ベンザブロックS」です。

先に触れましたが、「ベンザブロックS」には解熱鎮痛薬として”アセトアミノフェン”が配合されています。

“アセトアミノフェン”の鎮痛効果は、他2商品に配合されている”イブプロフェン”には劣りますが、解熱作用はしっかりしています。

また、鎮痛効果は”イブプロフェン”に劣ると言えども、ゼロではありません。

さらに、「ベンザブロックS」には、くしゃみ・鼻みずなどの鼻症状緩和のため、一般的に使用される抗ヒスタミン薬に加えて、”ヨウ化イソプロパミド”という”鼻みず止め”も配合されています。

「ベンザブロックS」は、発熱、のどの痛み、鼻みずがつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なく済む、カプレットタイプの商品はこちら

「ベンザブロックS」は12歳から服用可能ですが、他2商品は15歳から服用となります。

「ベンザブロック」シリーズの選び方

ここまで、「ベンザブロック」シリーズの有効成分上の違いや各商品の特徴などについて紹介しました。

それを踏まえた選び方についても、各商品の段落で触れていますが、ここで1度まとめます。

●”痛み”がつらい → ベンザブロックIP

●”痛み”・”鼻づまり”がつらい → ベンザブロックL

●”発熱”・”くしゃみ・鼻みず”がつらい → ベンザブロックS

また、「ベンザブロックS」は12歳から服用可能、「ベンザブロックIP」・「ベンザブロックL」は15歳から服用、と服用対象年齢も異なっています。

「ベンザブロックプラス」シリーズの違いと選び方

ここまでは、スタンダードな「ベンザブロック」シリーズの違いや選び方、各商品の特徴などについて紹介してきました。

「ベンザブロック」には、かぜのある症状をより考えた「ベンザブロックプラス」という商品も販売されています。

「ベンザブロックプラス」シリーズの違いや選び方、スタンダードな「ベンザブロック」との違いなどについて、こちらの記事にまとめています。

風邪用市販薬「ベンザブロックプラス」シリーズの種類ごとの違いと選び方、スタンダードな「ベンザブロック」との使い分けなどを紹介します。

「ベンザエースA」シリーズの違いと選び方

「ベンザブロック」しかり「ベンザブロックプラス」しかり、服用対象年齢は12歳以上となります。

つまり、12歳未満の子供さんは、服用対象外となります。

そこで、12歳未満でも服用できるかぜ薬「ベンザエースA」が、同じメーカー(武田薬品)から販売されています。

「ベンザエースA」シリーズの違いや選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

市販の風邪薬「ベンザエースA」シリーズの有効成分・効果の違いや選び方、「ベンザブロック」シリーズとの使い分けなどを比較検討します。

「ベンザブロック」シリーズまとめ

ここまで、「ベンザブロック」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントなどについて紹介してきました。

「ベンザブロック」シリーズの選び方・選ぶポイントは次のようになります。

●”痛み”がつらい → ベンザブロックIP

●”痛み”・”鼻づまり”がつらい → ベンザブロックL

●”発熱”・”くしゃみ・鼻みず”がつらい → ベンザブロックS

3商品の中では唯一、15歳未満の子供にも使用できる商品が「ベンザブロックS」です。

家庭薬として服用するのであれば「ベンザブロックS」が最適でしょう。

また、ベンザブロックにはカプレットタイプの商品もあります。

カプレットタイプであれば、長期保存・携帯もしやすく、1回の服用量が少なく済むというメリットもあります。

必要に応じてカプレットタイプも選択肢の1つとしてお考えください。

「ベンザブロック」シリーズ基本情報

最後になりましたが、「ベンザブロック」シリーズ計3種類の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

ベンザブロックIP

<有効成分(2錠・3錠中)>

・イブプロフェン:150mg(解熱鎮痛剤)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・dl-メチルエフェドリン:20mg(気管支拡張薬)

・クロルフェニラミン:2.5mg(抗ヒスタミン薬)

・無水カフェイン:25mg(頭痛緩和作用)

・ヘスペリジン:30mg(ビタミン剤)

<効能・効果>

かぜの諸症状(発熱、悪寒、頭痛、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、関節の痛み、筋肉の痛み、せき、たん、くしゃみ)の緩和

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合、1回3錠)

・15歳未満:服用NG

ベンザブロックL

<有効成分(2錠・3錠中)>

・イブプロフェン:150mg(解熱鎮痛薬)

・プソイドエフェドリン:45mg(鼻づまり改善)

・クロルフェニラミン:2.5mg(抗ヒスタミン薬)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・無水カフェイン:25mg(頭痛緩和作用)

<効能・効果>

「ベンザブロックIP」に同じ

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合、1回3錠)

・15歳未満:服用NG

ベンザブロックS

<有効成分(2錠・3錠中)>

・アセトアミノフェン:300mg(解熱鎮痛薬)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・dl-メチルエフェドリン:20mg(気管支拡張薬)

・トラネキサム酸:140mg(抗炎症薬)

・d-クロルフェニラミン:1.17mg(抗ヒスタミン薬)

・ヨウ化イソプロパミド:2mg(鼻みず止め)

・無水カフェイン:25mg(頭痛緩和作用)

・ヘスペリジン:30mg(ビタミン剤)

<効能・効果>

「ベンザブロックIP」に同じ

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合、1回3錠)

・12~14歳:1回1錠(錠剤の場合、1回2錠)

・12歳未満:服用NG

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする