【かぜ薬】「ベンザブロックプラス」シリーズの違いと選び方~「ベンザブロック」との使い分けも踏まえて~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

「ベンザブロックプラス」シリーズの違いと選び方、スタンダードな「ベンザブロック」との使い分けなどを紹介します。

「ベンザブロックプラス」シリーズには、以下3種類の商品が販売されています。

●ベンザブロックIPプラス(青のベンザ)

●ベンザブロックLプラス(銀のベンザ)

●ベンザブロックSプラス(黄色のベンザ)

スポンサーリンク

「ベンザブロックプラス」シリーズの違い~成分比較~

「ベンザブロックプラス」シリーズの違いを確認するために、各商品に配合されている有効成分を比較してみます。

    ベンザブロックIPプラス ベンザブロックLプラス ベンザブロックSプラス

解熱鎮痛薬

(熱さまし・痛み止め)

イブプロフェン 120mg 150mg
アセトアミノフェン 60mg 300mg
せき ジヒドロコデイン 8mg 8mg 8mg
dl-メチルエフェドリン 20mg 20mg
たん L-カルボシステイン 250mg
のどの痛み・炎症 トラネキサム酸 140mg
くしゃみ・鼻みず d-クロルフェニラミン 1.17mg 1.17mg 1.17mg
ヨウ化イソプロパミド 2mg
鼻づまり 塩酸プソイドエフェドリン 45mg
鎮痛補助薬 無水カフェイン 25mg 25mg 25mg
ビタミン剤 ヘスペリジン 30mg 30mg
 

リボフラビン

(ビタミンB2)

4mg
 

アスコルビン酸

(ビタミンC)

167mg
服用対象年齢 15歳から 15歳から 12歳から
1回服用量(カプレット) 2錠 2錠 2錠(または1錠)
1回服用量(錠剤) 3錠 3錠 3錠(または2錠)

服用対象年齢も次のように異なっています。

●ベンザブロックIPプラス:15歳から服用可能

●ベンザブロックLプラス:15歳から服用

●ベンザブロックSプラス:12歳から服用

代表的なかぜの諸症状、熱や痛み(頭痛・関節痛)・のど(せき・たん)・鼻(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)、に対して効く成分はどの商品にも配合されています。

しかし、有効成分がそれぞれの商品で少しずつ異なっており、特に有効となるかぜの症状が商品ごとに異なります。

続いて、各商品の特徴などについて紹介します。

長期保存・携帯に便利なカプレットタイプ

各商品の特徴・選び方を紹介する前に、「ベンザブロックプラス」には”カプレット”というユニークな形状の製剤について紹介します。

“カプレット”とは、”カプセルの形をした錠剤”の製剤で、次のような商品です(写真は「ベンザブロック」シリーズ)

カプレットタイプの商品は、小型で細長く、比較的服用しやすいとされています。

また、1回あたりの服用量(錠剤なら1回3錠のところ、カプレットなら1回2錠)が少なく済む上、PTP包装なので、保存・衛生面においても安心して服用できます。

それでは、各商品の特徴などについて紹介します。

「ベンザブロック」との違い~何がプラスになった?~

「ベンザブロックプラス」というネーミングですから、有効成分に何かがプラスされているわけです。

それでは、スタンダードな「ベンザブロック」に何がプラスになったかというと、次の成分です。

●ベンザブロックIPプラス

→「ベンザブロックIP」に”解熱鎮痛薬・ビタミンC”がプラス

●ベンザブロックLプラス

→「ベンザブロックL」に”去痰薬”がプラス

●ベンザブロックSプラス

→「ベンザブロックS」に”ビタミンB2″がプラス

プラスになった有効成分も踏まえながら、「ベンザブロックプラス」シリーズの特徴や選び方などを紹介します。

“痛み”がつらいとき 青のベンザ「ベンザブロックIPプラス」

「ベンザブロックIPプラス」は、「ベンザブロックIP」に”解熱鎮痛薬”と”ビタミンC”が追加で配合されてた商品となります。

「頭痛・関節痛・のどの痛み」など、”痛み“がつらいときは「ベンザブロックIPプラス」です。

「ベンザブロックIPプラス」には、解熱鎮痛薬として”イブプロフェン”が配合されています。

市販薬として一般的に使用される解熱鎮痛薬に”アセトアミノフェン”があります。

“アセトアミノフェン”は、「ベンザブロックプラス」シリーズにおいて、「ベンザブロックSプラス」に配合されています。

“イブプロフェン”と”アセトアミノフェン”の違いは鎮痛効果です。鎮痛効果は”イブプロフェン”のほうが高いと考えられています。

<鎮痛効果の大小>

イブプロフェン>アセトアミノフェン

そのため、「ベンザブロックIPプラス」は、「頭痛・関節痛・のどの痛み」などの”痛み”がつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なくて済む、カプレットタイプの商品はこちら

“痛み”・”鼻づまり”・”たんの絡み”がつらいとき 銀のベンザ「ベンザブロックLプラス」

「ベンザブロックLプラス」は、「ベンザブロックL」に”去痰薬”が追加で配合されてた商品となります。

「頭痛・関節痛・のどの痛み」などの”痛み“や”鼻づまり“、”たんの絡み“がつらいときは「ベンザブロックLプラス」です。

「ベンザブロックLプラス」にも、「ベンザブロックIPプラス」と同様、解熱鎮痛薬として鎮痛効果がより高い”イブプロフェン”が配合されています。

さらに、「ベンザブロックLプラス」には”塩酸プソイドエフェドリン”という「鼻づまり改善薬」、”L-カルボシステイン”という「去痰薬(たん切り)」が配合されています。

そのため、「ベンザブロックLプラス」は、頭痛・関節痛・のどなどの痛み、鼻づまり、たんの絡みがつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なくて済む、カプレットタイプの商品はこちら

発熱・鼻みずがつらいとき 黄色のベンザ「ベンザブロックSプラス」

「ベンザブロックSプラス」は、「ベンザブロックS」に”ビタミンB2″が追加で配合されてた商品となります。

発熱“・”くしゃみ・鼻みず“などの鼻症状がつらいときは「ベンザブロックSプラス」です。

先に触れましたが、「ベンザブロックSプラス」には解熱鎮痛薬として”アセトアミノフェン”が配合されています。

“アセトアミノフェン”の鎮痛効果は、他2商品に配合されている”イブプロフェン”には劣りますが、解熱作用はしっかりしています。

また、鎮痛効果は”イブプロフェン”に劣ると言えども、ゼロではありません。

さらに、「ベンザブロックSプラス」には、くしゃみ・鼻みずなどの鼻症状緩和のため、一般的に使用される抗ヒスタミン薬に加えて、”ヨウ化イソプロパミド”という”鼻みず止め”も配合されています。

「ベンザブロックSプラス」は、発熱、のどの痛み、鼻みずがつらいときに最適な商品と言えます。

1回の服用量が少なくて済む、カプレットタイプの商品はこちら

「ベンザブロックプラス」シリーズの中で唯一、15歳未満の子供さんでも服用できる商品です。

「ベンザブロックプラス」シリーズの選び方

ここまで、「ベンザブロックプラス」シリーズの有効成分上の違いや各商品の特徴などについて紹介しました。

それを踏まえた選び方についても、各商品の段落で触れていますが、ここで1度まとめます。

●”痛み”がつらい → ベンザブロックIPプラス

●”痛み”・”鼻づまり”・”たん”がつらい → ベンザブロックLプラス

●”発熱”・”くしゃみ・鼻みず”がつらい → ベンザブロックSプラス

また、「ベンザブロックSプラス」は12歳から服用可能、「ベンザブロックIPプラス」・「ベンザブロックLプラス」は15歳から服用、と服用対象年齢も異なっています。

「ベンザブロック」シリーズとの使い分け

“プラス”になった成分も踏まえて、「ベンザブロック」シリーズと「ベンザブロックプラス」シリーズの違いや使い分けについても考えてみます。

結論から言えば、「ベンザブロック」と「ベンザブロックプラス」シリーズでの使い分けについては、

基本的に不要

と考えます。

つまり、スタンダードな「ベンザブロック」シリーズで、十分事足りるのではないかと考えています。

なぜなら、”プラス”されている有効成分は、直接的にかぜの諸症状を緩和するものではないからです。

「ベンザブロック」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

市販の風邪薬「ベンザブロック」シリーズの種類ごとの違いと選び方、「ベンザブロックプラス」・「ベンザエースA」との使い分けなどについて紹介します。

「ベンザブロックLプラス」は選ぶ価値あり

唯一、選ぶ・使い分けるとすれば「ベンザブロックLプラス」です。

カルボシステインという去痰薬(痰切り)が「ベンザブロックL」に追加で配合されています。

「ベンザブロックL」は、頭痛・関節痛・のどの痛み、鼻づまりがつらいときに最適な商品でした。

「ベンザブロックLプラス」には、去痰薬がさらに配合されています。

つまり、”頭痛・関節痛のどの痛み、鼻づまり+たんの絡み“がつらいときは「ベンザブロックLプラス」が最適だろうと思います。

「ベンザブロックプラス」シリーズまとめ

ここまで、「ベンザブロックプラス」シリーズの違いや選び方、スタンダードな「ベンザブロック」シリーズとの違いなどについて紹介してきました。

「ベンザブロックプラス」シリーズは、次のような使い分けが可能です。

●”痛み”がつらい → ベンザブロックIPプラス

●”痛み”・”鼻づまり”・”たん”がつらい → ベンザブロックLプラス

●”発熱”・”くしゃみ・鼻みず”がつらい → ベンザブロックSプラス

しかし、あえて「ベンザブロックプラス」シリーズを選ぶ必要もありません。

かぜの諸症状に有効な成分は、スタンダードな「ベンザブロック」シリーズとほとんど変わらないからです。

唯一、「ベンザブロックLプラス」だけは選ぶ価値があるように考えます。

「ベンザブロックLプラス」には、去痰薬として”L-カルボシステイン”という成分が追加で配合されているからです。

そのため、「ベンザブロックLプラス」は、頭痛・関節痛、鼻づまりの他にたんの絡みが気になる場合には、服用する価値がある商品です。 

また、ベンザブロックプラスシリーズにもカプレットタイプの商品が販売されています。

カプレットタイプであれば、長期保存・携帯もしやすく、1回の服用量が少なく済むというメリットもあります。

必要に応じてカプレットタイプも選択肢の1つとしてお考えください。

「ベンザブロックプラス」シリーズ基本情報

最後になりましたが、「ベンザブロックプラス」シリーズ計3種類の有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

青のベンザ 「ベンザブロックIPプラス」

「ベンザブロックL」に解熱鎮痛薬である”アセトアミノフェン”、ビタミンCである”アスコルビン酸”をプラスした商品が「ベンザブロックIPプラス」です。

<有効成分(2錠または3錠中)>

・イブプロフェン:120mg(解熱鎮痛薬)

・アセトアミノフェン:60mg(解熱鎮痛薬)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・dl-メチルエフェドリン:20mg(気管支拡張薬)

・d-クロルフェニラミン:1.17mg(抗ヒスタミン薬)

・無水カフェイン:25mg(頭痛緩和作用)

・アスコルビン酸・ヘスペリジン:167mg、30mg(ビタミン剤)

<効能・効果>

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合3錠)

・15歳未満:服用NG

銀のベンザ 「ベンザブロックLプラス」

「ベンザブロックL」に去痰薬である”カルボシステイン”をプラスした商品が「ベンザブロックLプラス」です。

<有効成分(2錠または3錠中)>

・イブプロフェン:150mg(解熱鎮痛薬)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・L-カルボシステイン:250mg(去痰薬)

・d-クロルフェニラミン:1.17mg(抗ヒスタミン薬)

・塩酸プソイドエフェドリン:45mg(鼻づまり改善)

・無水カフェイン:25mg(鎮痛補助薬)

<効能・効果>

「ベンザブロックIPプラス」に同じ

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合3錠)

・15歳未満:服用NG

黄色のベンザ 「ベンザブロックSプラス」

「ベンザブロックS」にビタミン剤である”リボフラビン”をプラスした商品が「ベンザブロックSプラス」です。

<有効成分(2錠または3錠中)>

・アセトアミノフェン:300mg(解熱鎮痛薬)

・ジヒドロコデイン:8mg(せき止め)

・dl-メチルエフェドリン:20mg(気管支拡張薬)

・トラネキサム酸:140mg(抗炎症薬)

・d-クロルフェニラミン:1.17mg(抗ヒスタミン薬)

・ヨウ化イソプロパミド:2mg(鼻みず止め)

・無水カフェイン:25mg(鎮痛補助薬)

・リボフラビン、ヘスペリジン(ビタミン剤)

<効能・効果>

「ベンザブロックIPプラス」に同じ

<用法・用量>

1日3回、次の量を食後なるべく30分以内に水またはお湯でかまずに服用

・15歳以上:1回2錠(錠剤の場合3錠)

・12歳以上14歳以下:1回1錠(錠剤の場合2錠)

・12歳未満:服用NG

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする