【子供のカサカサ乾燥肌対策】子供も安全に使える市販の保湿剤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かゆい

肌の弱いお子さんの場合、乾燥肌などの肌トラブルに悩まされることもあるでしょう。

ここでは、子供でも安心・安全に使用できる市販の保湿剤を紹介します。

スポンサーリンク

子供の乾燥肌にはこの保湿薬

市販されている保湿剤に使用されている保湿成分は主に次の2種類です。

<代表的な保湿成分>

●ヘパリン類似物質:刺激性なし

●尿素:刺激性あり

どちらも優れた保湿薬です。

この2種類の違いとして、刺激性の有無が挙げられます。

ヘパリン類似物質には刺激性がなく、尿素には刺激性があります。

子供にとって、使用感は特に重要だろうと思います。

尿素配合保湿剤を使用すると、患部にひっかき傷などがあるなど、肌の状態によっては”チリチリ”とした刺激感を感じることがあります。

このチリチリとした刺激感を子供は嫌って、塗られることを嫌がる可能性も考えられます。

したがって、子供の乾燥肌に対しては、”ヘパリン類似物質”を配合した保湿剤の使用を優先したほうが良いかと考えています。

ちなみに、”ヘパリン類似物質”を配合した保湿剤は処方せん用医薬品としても使用されています。

その代表的な商品が「ヒルドイド」です。

処方薬の保湿剤「ヒルドイド」と同じ有効成分"ヘパリン類似物質"を配合している市販薬をまとめます。

“ヘパリン類似物質”配合の保湿剤

ヘパリン類似物質を有効成分とする市販の保湿剤として、次の商品が販売されています。

●HPクリーム・ローション

広範囲に保湿剤を塗る必要がある場合には、ローション剤のほうが使いやすいでしょう。

「HPクリーム・ローション」の特徴や選ぶポイントなどの詳細については、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

“かゆみ”があるときはこの商品

カサカサした乾燥肌症状だけでなく、かゆみも訴えている場合には、かゆみ止めが配合されている商品の使用が適切です。

かゆみ止めも配合したヘパリン類似物質保湿剤として、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」という商品が販売されています。

●フェルゼア ヘパキュアクリーム

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の特徴や選ぶポイントなどの詳細については、こちらの記事にまとめています。

かゆみを伴う乾燥肌に最適な商品「フェルゼア ヘパキュアクリーム」を紹介します。赤ちゃんから高齢者まで安全に使用することができる保湿剤です。「ヒルドイド」と同じ保湿薬を配合した市販薬です。

乾燥肌にならないための注意点

そもそも乾燥肌にならないために、次のような生活習慣は見直しが必要です。

●熱いお風呂に入る

●石けんでゴシゴシ体を洗う(こする)

乾燥肌は皮脂欠乏症と言うこともできます。

過度に清潔を保とうとすると、肌にとっては逆効果となることもあります。

大人が使用しても良い

当記事においては、子供の乾燥肌への使用を中心に文章を書いています。

しかし、大人が使用しても全く問題ありません。

年齢を重ねると肌が乾燥する傾向になりがちです。

上述してきたような症状に合致する方は、”ヘパリン類似物質”配合保湿剤の使用を検討ください。

まとめ

ここまで、子供の乾燥肌に最適な市販の保湿剤を紹介してきました。

子供の乾燥肌に対しては、刺激性がない”ヘパリン類似物質”配合の保湿剤が最適だろうと考えます。

尿素のチリチリとした刺激感を嫌って、子供の場合、塗られることを嫌がる可能性が考えられるからです。

当記事では、以下2商品を紹介しました。

<ヘパリン類似物質単独>

●HPクリーム・ローション

<ヘパリン類似物質+かゆみ止め>

●フェルゼア ヘパキュアクリーム

かゆみを伴う乾燥肌の場合には、かゆみ止めも配合されている「フェルゼア ヘパキュアクリーム」を使用ください。

“ヘパリン類似物質”配合の保湿剤は刺激性がないので、子供からお年寄りまで、皮膚の状態をさほど気にすることなく使用できます。

大人の方であっても、乾燥肌にお悩みの方は、使用を検討ください。

●HPクリーム・ローション

●ローション剤

●フェルゼア ヘパキュアクリーム

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする