【市販薬】総合感冒薬を症状別に用意する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳

総合感冒薬という言葉をお聞きになったことはあるのではないでしょうか?

総合感冒薬とは、”発熱、せき、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”といったかぜ(感冒)の諸症状を緩和する薬を総合感冒薬と呼びます。

いわゆる”かぜ薬”です。

市販薬では「パブロン」や「ルル」などがそれにあたります。

市販の風邪薬「パブロン」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「パブロン」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。
市販の風邪薬「ルルA」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「ルルA」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。
スポンサーリンク

かぜ薬を症状別に用意する

総合感冒薬の良いところは、それひとつでかぜのありとあらゆる症状に対応できて、少ない服用量で済むという点です。

一方で、かぜもある程度改善してくれば、特定の症状だけが残っているということがしばしばあります。

例えば、熱は平熱に戻ったけれど、鼻みずだけ・せきだけが出る、痰だけが絡むといった具合です。

このような場合、総合感冒薬では物足りないときがあります。

つまり、様々な症状に対応しているからこそ、特定の症状に対して有効成分の量が少なくなるということです。

そこで、総合感冒薬を分解して、それぞれの症状に合わせた市販薬を揃えてみる方法を紹介します。

例えば、次のような組み合わせです。(組み合わせはこの限りではありません)

●熱、頭痛・関節痛

・タイレノールA

●せき・たん

・新フステノン

●のどの痛み

・ペラックT錠

●鼻みず

・アレジオン

解熱鎮痛薬「タイレノールA」

熱さまし・痛み止めである解熱鎮痛薬として「タイレノールA」を用意します。

熱が高いとき、頭痛・関節痛があるときに服用します。

安全に使用できる市販の解熱鎮痛薬「タイレノールA」の特徴や選び方、他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

去痰薬「新フステノン」

痰切りである去痰薬として「新フステノン」を用意します。

痰がひどく絡むとき、痰が絡んでせきが出るときに服用します。

咳止め・痰切りの代表的な市販薬「新フステノン」・「新エスエスブロン錠エース」について紹介します。この2種類とは異なる機序で効果を発揮する「ミルコデA錠」もあわせて紹介します。

鼻みず止め「アレジオン」

くしゃみ・鼻みず症状を抑えるために抗ヒスタミン薬として「アレジオン20」です。

総合感冒薬には、鎮静作用(眠気を引き起こしやすい)が強い抗ヒスタミン薬がしばしば配合されています。

アレジオンについては、非鎮静性の抗ヒスタミン薬なので、眠気や口渇は引き起こしにくいと考えられます。

この点においても、アレジオンは使いやすい市販薬と言えるかと考えます。

鼻症状が気になる間だけ、服用しても良いでしょう。

処方薬と同量のエピナスチンを配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「アレジオン20」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。

のどの痛みに「ペラック」

のどの痛み・赤み(炎症)を鎮める抗炎症薬として「ペラックT錠」です。

のどの痛みがある場合に服用すると良いでしょう。

のどの腫れ・痛みや口内炎にも効果が期待できる市販薬が「ペラックT錠」です。炎症を鎮める抗炎症薬を配合した市販薬です。

症状に合わせて服用薬を調節できる

何もこれだけ全てを揃える必要はありません。

ご自分がかぜを引いたとき、しばしば該当する症状に対応する市販薬を揃えておけばいいわけです。

それぞれの役割を理解しておけば、その時々の症状に応じて服用(調整)することが可能です。

また、花粉症持ちの方なら「アレジオン20」のみ服用とか、エアコンでのどをやられた場合には「ペラックT錠」のみ服用とか、その時々のトラブルにも対応可能です。

服用量と費用が少しかさむ

この服用方法のデメリットは、服用量(数)が増えることと多少お薬代がかさむということです。

“総合感冒薬を症状別に用意する”まとめ

総合感冒薬はたった1つの商品でかぜの諸症状に対応できる、非常に使い勝手に優れた薬です。

ただし、全ての症状に対応しているからこそ、特定の症状に対して、有効成分の配合量が少ないこともあります。

もしくは、ある症状は治ったから、この成分は不要という場合もあるでしょう(例えば、熱や頭痛はないから、解熱鎮痛薬は不要という場合など)

ここまで紹介してきたように、総合感冒薬を分解して、症状別に市販薬を用意しておけば、その時々の症状に応じて服用薬を調整できます。

鼻みずなどの鼻症状がつらいときは、「アレジオン20」などの抗ヒスタミン薬だけ服用すればいいでしょう。

また、せき・痰がつらいときは、「新フステノン」などを服用すればいいでしょう。

この方法であれば、今現在のつらい症状に応じて服用できるので、かぜ症状を上手にコントロールすることができるかと考えます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする