【市販薬】かぜ薬と同時に服用できる頭痛薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

かぜをひいて頭が痛い。

「かぜ薬を服用したけれど、頭痛が良くならない」

そんなときに、

「かぜ薬と頭痛薬(痛み止め)を同時に服用していいものだろうか?」

と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

当記事では、”かぜ薬と頭痛薬の同時服用”について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

基本的に同時服用はNG

かぜ薬と頭痛薬は、基本的に同時服用はNGだと考えていたほうが無難です。

かぜ薬に配合されている解熱鎮痛薬(痛み止め・熱さまし)と頭痛薬の成分が重複する可能性があるからです。

同時に服用するとどうなる?

腹痛 便秘 下痢

それでは、”解熱鎮痛薬を同時に服用するのは、なぜNGなのか?”と言いますと、副作用を引き起こすリスクが高まるからです。

解熱鎮痛薬の代表的な副作用は、胃腸障害です。

解熱鎮痛薬は、胃にダメージを与えます。

そのため、食欲が低下したり、胃痛を感じたりする可能性が考えられます。

同時服用可能な頭痛薬はないのか?

“どうしても頭痛がつらいとき、同時服用可能な頭痛薬はないのか?”と考えた場合、同時服用可能な頭痛薬は、あるにはあります。

同時服用可能と言うよりも、“同時服用も仕方がない・やむを得ない”と表現したほうが正しいかもしれません。

かぜ薬に配合されている解熱鎮痛薬を押さえて、同時服用可能な頭痛薬の組み合わせを紹介します。

同時服用と言っても、かぜ薬を飲んですぐに効果が最大になるわけではありません。

かぜ薬を服用して30分から1時間程度経っても、頭痛が軽くならない場合に服用を検討ください。

かぜ薬に配合されている解熱鎮痛薬は2種類

かぜ薬に配合されている解熱鎮痛薬は、主に次の2種類です。

●アセトアミノフェン

●イブプロフェン

アセトアミノフェンと同時服用可能な頭痛薬

アセトアミノフェン配合のかぜ薬と同時服用可能な頭痛薬として次の成分が挙げられます。

●ロキソプロフェン

●イブプロフェン

など

“ロキソプロフェン”を配合した代表的な市販薬として、「ロキソニンS」が挙げられます。

「ロキソニンSシリーズ」の選び方については、こちらにまとめています。

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

“イブプロフェン”を配合した代表的な市販薬として、「イブ」が挙げられます。

「イブシリーズ」の選び方については、こちらにまとめています。

頭痛・生理痛などに効く市販の痛み止め「イブ」シリーズの違いや選び方、強さなどについて紹介します。

イブプロフェンと同時服用可能な痛み止め

イブプロフェン配合のかぜ薬と同時服用可能な頭痛薬として、次の成分が挙げられます。

●アセトアミノフェン

“アセトアミノフェン”を配合した代表的な頭痛薬として、「タイレノールA」が挙げられます。

「タイレノールA」を選ぶポイントなどについては、こちらにまとめています。

安全に使用できる市販の解熱鎮痛薬「タイレノールA」の特徴や選び方、他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

具体例を紹介

ここまで、同時服用可能な頭痛薬の組み合わせを紹介してきました。

「パブロンシリーズ」を用いて、具体例を紹介したいと思います。

引き合いに出す商品は次の2種類です。

●パブロンSゴールドW

●パブロンエースPro

ちなみに、「パブロンシリーズ」については、こちらにまとめています。

市販の風邪薬「パブロン」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「パブロン」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。

パブロンSゴールドW

かぜ薬 パブロンSゴールドW

「パブロンSゴールドW」に配合されている解熱鎮痛薬は、”アセトアミノフェン”です。

つまり、”アセトアミノフェン”を配合している「パブロンSゴールドW」を服用した場合、「ロキソニンS」または「イブ」の同時服用はやむを得ないと判断できます。

パブロンエースPro

「パブロンエースPro」に配合されている解熱鎮痛薬は、”イブプロフェン”です。

つまり、”イブプロフェン”を配合している「パブロンエースPro」を服用した場合、「タイレノールA」の同時服用はやむを得ないと判断できます。

“かぜ薬と頭痛薬の同時服用”まとめ

ここまで、かぜ薬と頭痛薬(痛み止め)の同時服用について、紹介してきました。

かぜ薬と頭痛薬の同時服用は、基本的にNGです。かぜ薬に配合されている解熱鎮痛薬と頭痛薬の成分が重複する可能性があるからです。

ただし、どうしても頭痛がつらい場合に頭痛薬を服用することは、やむを得ません。

同時服用可能な組み合わせは、上述した通りです。

当記事で紹介した商品は以下の商品です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする