つらいのどの痛みに「コルゲンコーワ鎮痛解熱」の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」の特徴と選び方・選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」基本情報

<有効成分>

・ロキソプロフェン:60mg(解熱鎮痛薬)

・トラネキサム酸:140mg(抗炎症薬)

<効能・効果>

・咽喉痛(のどの痛み)、頭痛、関節痛、腰痛、生理痛、歯痛など

・発熱・悪寒時の解熱(熱冷まし)

<用法・用量>

・15歳以上:1日2回、1回1錠をなるべく空腹時を避けて服用(必要なときは1日3回まで服用可)

・15歳未満:服用NG

“痛み止め+抗炎症薬”を配合した商品

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」は「ロキソニンS」の商品名でおなじみの解熱鎮痛薬(熱冷まし・痛み止め)成分である”ロキソプロフェン”、のどの炎症を抑える(抗炎症作用)”トラネキサム酸”を配合した商品です。

ロキソプロフェンは痛みを抑えるだけでなく、抗炎症作用も有しています。

トラネキサム酸との併用で、のどの痛み・炎症に対する相乗効果が期待されます。

かぜのときの痛み全般に効果あり

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」は、”ロキソプロフェン”の鎮痛・抗炎症作用と”トラネキサム酸”の抗炎症作用を併せ持った商品です。

つまり、「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」を服用するときのメインの症状は、かぜの時の「のどの痛みや頭痛といった痛みの緩和」です。

効能・効果には咽喉痛の他にも、頭痛や腰痛・生理痛などの記載があります。

これらの適応症は、ロキソプロフェンの作用によるものです。

のどが痛い、頭・関節が痛いときにベストな商品

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」は、痛み止めと抗炎症薬を配合した商品です。

“ひどくのどが痛い+頭や関節が痛い”ときに服用する市販薬になろうかと考えます。

服用上の注意点

用法・用量に「なるべく空腹時を避けて服用」という文言が付いています。

解熱鎮痛薬成分”ロキソプロフェン”は胃痛の副作用を引き起こす可能性があります。

その副作用をなるべく引き起こさないために”なるべく空腹時を避けて服用”という文言が付いています。

空腹時に服用すると必ず胃痛を起こすというわけではありません。頭の片隅に置いておいてください。

また、妊婦さんや腎臓が悪い方の服用にも細心の注意が必要となります。

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」まとめ

「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」は、”ひどくのどが痛い+頭・関節が痛い”場合に最適な商品でした。

一方で、ひどくのどが痛まない場合、「ロキソニンS」を服用すれば良いと言うこともできます。

●ロキソニンS

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

効能・効果の欄に記載されている内容も、ロキソプロフェンの作用によるところということは上述しました。

基本的には、”のどが痛むかどうか”がこの商品を選ぶポイントです。

該当する方は、服用を検討されてください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする