しつこい”せき・たん”に「新コンタックせき止めダブル持続性」~「メジコン」と同じ市販薬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

しつこい”せき・たん”に効果的な市販薬「新コンタックせき止めダブル持続性」の特徴や選び方などについて紹介します。

スポンサーリンク

「新コンタックせき止めダブル持続性」有効成分

「新コンタックせき止めダブル持続性」に配合されている有効成分は、次の2種類です。

・デキストロメトルファン→せき止め

・ジプロフィリン→気管支拡張薬

せきを直接的に止める作用をもつ有効成分が”デキストロメトルファン”です。

同時に、縮こまった気管支(空気の通り道)を広げて、せき・たんの症状を和らげてくれる有効成分が”ジプロフィリン”となります。

この2種類の有効成分でもって、「新コンタックせき止めダブル持続性」は”せき・たん”に効果がある市販薬として販売されています。

1日2回の服用で効く

「新コンタックせき止めダブル持続性」の服用回数は1日2回です。

ホームページにその理由について記載がありました。

徐放性顆粒の外側を速放性の層でおおった多重顆粒を充填したカプセル剤なので、1回1カプセルの服用で約12時間効果が持続します。

※「新コンタックせき止めダブル持続性」ホームページより引用

薬の有効成分を徐々に放出することにより、1日2回の服用で済むように工夫されている商品です。

お昼に薬を服用する必要がないので、「新コンタックせき止めダブル持続性」は、

・昼間によく飲み忘れる

・忙しくて昼間は飲めない

といった方に最適な市販のせき止めとなります。

処方薬「メジコン」と同じ市販薬

処方せん用医薬品(処方薬)に「メジコン」というせき止め薬があります。

その「メジコン」に配合されている有効成分が”デキストロメトルファン”です。

つまり、「新コンタックせき止めダブル持続性」は、処方薬「メジコン」と同じ有効成分を配合した市販薬となります。

さらに、”ジプロフィリン”という気管支拡張薬も配合されています。

したがって、「新コンタックせき止めダブル持続性」は、処方薬「メジコン」よりも高い効果が期待できる市販薬と言えるかもしれません。

「新コンタックせき止めダブル持続性」基本情報

最後になりますが、「新コンタックせき止めダブル持続性」の有効成分や用法・用量などの基本情報について紹介します。

<有効成分(1カプセル中)>

・デキストロメトルファン:30mg

・ジプロフィリン:100mg

<効能・効果>

せき・たん

<用法・用量>

次の1回量を1日2回(朝・夕)、水またはお湯で服用

・15歳以上:1回1カプセル、1日2回服用

・15歳未満:服用NG

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする