【鼻づまりをさっと治す市販薬】「コールタイジン点鼻液」の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり

花粉症などのアレルギー性鼻炎をお持ちの方は、鼻づまり(鼻閉)がひどく、鼻呼吸もままならないということもあるかと思います。

鼻づまりがひどい場合に素早い効果が期待できる市販薬が「コールタイジン点鼻液」です。

スポンサーリンク

「コールタイジン点鼻液」基本情報

「コールタイジン点鼻液」はもともと、処方せん用医薬品として使われていた医薬品です(“スイッチOTC”と呼びます)

<有効成分>

・テトラヒドロゾリン塩酸塩(血管収縮剤)

・プレドニゾロン(ステロイド)

<効能・効果>

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻づまり、鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)

<用法・用量>

・7歳以上:1日6回まで使用可

・7歳未満:使用NG

<使用上の注意点>

連用NG

有効成分の役割

「コールタイジン点鼻液」には、次の2成分が配合されています。

<有効成分>

・テトラヒドロゾリン塩酸塩(血管収縮剤)

・プレドニゾロン(ステロイド)

鼻づまりは、鼻粘膜の毛細血管が腫れることで引き起こされます。

“テトラヒドロゾリン”は、腫れた血管を収縮させる(血管収縮)作用を有しています。

この作用でもって、鼻づまりを素早く改善します。

また、ステロイド成分である”プレドニゾロン”には、炎症を鎮める作用(抗炎症作用)があります。

この2つの作用によって、「コールタイジン点鼻液」は”鼻づまり”の症状を緩和・改善します。

効能・効果について

「コールタイジン点鼻液」の効能・効果欄には、鼻づまりの他にも、くしゃみ・鼻みずといった記載があります。

配合されている有効成分や使用方法を考えると、基本的には”鼻づまり”を緩和・改善する薬であると考えたほうが理にかなっています。

連用NG

使用上の注意にも記載しましたが、連用はNGです。

「コールタイジン点鼻液」は、“一時的な”鼻づまり症状の緩和・改善に使用します。

連用することによって、効果が薄れてしまい、鼻づまりが長引く可能性が指摘されています。

1日6回まで使用することが可能になっていますが、数週間も使用することはNGです。

鼻づまりがなかなか改善されない場合には、耳鼻科といった医療機関を受診しましょう。

抗ヒスタミン薬の服用も要検討

花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎をお持ちの方は、飲み薬の抗ヒスタミン薬の服用も検討ください。

抗ヒスタミン薬の代表的な市販薬としては、「アレグラFX」や「アレジオン20」といった商品が該当します。

●アレグラFX

●アレジオン20

「アレグラFX」や「アレジオン20」は、眠くなりにくい抗ヒスタミン薬(鼻炎・花粉症薬)の代表格です。

それそれの商品の特徴や選び方、その他抗ヒスタミン薬との違いなどについては、次の記事にまとめています。

眠くなりにくく、口の渇きも少ない上、車の運転もできる市販の花粉症・鼻炎薬「アレグラFX」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「アレグラ」と同じ有効成分を同じ成分量で配合した市販薬です。

処方薬と同量のエピナスチンを配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「アレジオン20」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。

抗ヒスタミン薬はくしゃみ・鼻みずに対しては抜群に効果があるとされますが、鼻づまりの改善作用は比較的小さいとされています。

しかし、効かないというわけではありません。

まずは、抗ヒスタミン薬の服用を優先し、それでも鼻づまりがひどい場合には、「コールタイジン点鼻液」の使用を検討してもいいでしょう。

抗ヒスタミン薬の選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

鼻炎・花粉症薬を選ぶ手順とオススメの一品を紹介しています。

「コールタイジン点鼻液」まとめ

「コールタイジン点鼻液」はもともと、処方せん用医薬品として使用されていたものが、市販薬としても使われるようになった「スイッチOTC」です。

一時的な鼻づまり(鼻閉)症状の改善に効果が期待できる商品です。

「コールタイジン点鼻液」は、あくまでも”一時的な”鼻づまり症状を改善する薬です。

ただし、連用はNGです。

使用上の注意点を頭の片隅に置いて、鼻づまりがつらい場合には、「コールタイジン点鼻液」の使用を検討ください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする