【せき止め・痰切り薬の違いと選び方】漢方薬編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

せき止め・痰切り薬の違いと選び方について紹介します。

こちらの記事で、西洋薬について紹介しました。

咳止め・痰切りの代表的な市販薬「新フステノン」・「新エスエスブロン錠エース」について紹介します。この2種類とは異なる機序で効果を発揮する「ミルコデA錠」もあわせて紹介します。

今回は、以下2種類の漢方薬の”せき止め・痰切り”について紹介します。

●麦門冬湯

●ダスモック(清肺湯)

スポンサーリンク

麦門冬湯基本情報

<効能・効果>

・痰の切れにくい咳

・気管支炎、気管支ぜんそく

<用法・用量>

1日2回、食前または食間に以下の用量で服用

・15歳以上:1回1包

・7歳以上15歳未満:1回2/3包

・4歳以上7歳未満:1回1/2包

・2歳以上4歳未満:1回1/3包

・2歳未満:服用NG

ダスモックa基本情報

清肺湯という漢方薬を配合した商品です。

<効能・効果>

・痰が多く出る咳

・気管支炎

<用法・用量>

15歳以上:1回1包、1日2回、食前または食間に服用

「麦門冬湯」と「ダスモックa」の違い

「麦門冬湯」と「ダスモックa(清肺湯)」ともに、せき止め・痰切りの薬として使用されます。

この2商品の違いについては、用法・用量の欄を確認ください。

「麦門冬湯」の用法・用量には“痰の切れにくい咳”という記載があります。

一方、「ダスモックa」の用量・用量には“痰が多く出る咳”という記載があります。

つまり、痰の状態によって、使い分けることができるわけです。

一般的に、この2商品の使い分けは次のようになります。

●麦門冬湯:乾性咳嗽

●ダスモックa(清肺湯):湿性咳嗽

乾性咳嗽とは?

「麦門冬湯」は”乾性咳嗽“に対して効果が高いとされています。

乾性咳嗽とは、空咳(からぜき)とも呼ばれ、”痰を伴わないせき”のことを指します。

湿性咳嗽とは?

「ダスモックa」は”湿性咳嗽“に対して効果が高いとされています。

湿性咳嗽とは、”痰を伴うせき”のことを指します。

漢方薬は空腹時服用

一般的に、漢方薬は空腹時服用のほうが効果が高いと考えられています。

そのため、この2商品においても、食前または食間の服用となっています。

食前・食間に服用しないと、”効果がない”とか”副作用が出る”というわけではありません。

食前・食間の服用を忘れた場合は、思い出したときの服用を優先されてください。

まとめ

ここまで、せき止め・痰切りの漢方薬について、特徴や違い、選ぶポイントなどを紹介しました。

当記事では、「麦門冬湯」と「ダスモックa(清肺湯)」を紹介しました。

一般的に、この2商品の使い分けは次のようになります。

●麦門冬湯:乾性咳嗽

●ダスモックa(清肺湯):湿性咳嗽

漢方薬は体質に合えば、抜群に効いてくれます。

漢方薬を試してみようかな・飲んだ薬が効かなかったな、などと感じた方は、服用を検討されてください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする