安いのに効果は「消毒用エタノール」と同等「消毒用エタノールIP」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

新型コロナウイルス COVID19

新型コロナウイルスが蔓延したことで、私たちの衛生意識は一段と高くなりました。

そこで、手洗い・うがい、 マスク着用、さらに消毒用エタノールなどによる手指消毒などの役割が見直されました。

この記事では手指消毒などに使われる「消毒用エタノール」についてまとめます。

スポンサーリンク

「消毒用エタノール」は高い

手指消毒の消毒剤としてよく使われるものが「消毒用エタノール」です。

その「消毒用エタノール」、意外と高いのです。

頻繁に手指消毒を行ったり、手すりやドアノブなどを拭いたりしていると、あっという間になくなってしまいます。

“イソプロパノール”添加で割安に

「消毒用エタノール」は高い。

そこで、「消毒用エタノール」の代替品として紹介するのが「消毒用エタノールIP」です。

「消毒用エタノールIP」には”イソプロパノール”という、これまた消毒薬として使われる薬品が添加されています。

“イソプロパノール”が添加された「消毒用エタノールIP」は「消毒用エタノール」よりも安くで手に入れることができます。

イソプロパノール添加で酒税免除

なぜ、イソプロパノールを添加しただけで「消毒用エタノール」より「消毒用エタノールIP」は安くなるのか?

そこには、酒税が関係しています。

「消毒用エタノール」には酒税が課税されます。

一方で、”イソプロパノール”を添加した「消毒用エタノールIP」には酒税が課税されません。

そのため、酒税が課税されている「消毒用エタノール」はその分高くなり、酒税が課税されない「消毒用エタノールIP」は安くなる、というカラクリです。

効果は「消毒用エタノール」と同等

「消毒用エタノールIP」は「消毒用エタノール」よりも割安ではありますが、消毒効果が劣ってしまっては本末転倒です。

しかし、「消毒用エタノールIP」の消毒効果は「消毒用エタノール」と同等と考えられています。

「消毒用エタノールIP」は、「消毒用エタノール」と同じ濃度のエタノールを含有しているからです。

安いのに効果は「消毒用エタノール」と同等「消毒用エタノールIP」

「消毒用エタノール」と「消毒用エタノールIP」の価格差のカラクリを知らずに、価格差だけを比べると「安かろう・悪かろう」と考えてしまうかもしれません。

実際には、「消毒用エタノール」と「消毒用エタノールIP」の消毒効果は同等と考えられており、その価格差は酒税対象かどうかということのみです。

“イソプロパノール”を添加した「消毒用エタノールIP」は、安いにも関わらず、優れた消毒薬であるといえます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする