「消毒用エタノール・イソプロパノール・イソプロパノール添加エタノール」の価格・効果・毒性を比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

手湿疹 保湿剤

新型コロナウイルスが蔓延したことで、手指消毒をはじめとする、消毒薬の使用頻度も増えたことと思います。

一時は、消毒薬の品切れ状態が続いていた時期もありましたが、徐々に市場にも出始め、何を基準に選べば良いのかと疑問に思う方もいるかもしれません。

当記事では、手指消毒用などの消毒薬として、しばしば用いられる次の3種類の価格・効果・毒性について、簡単にまとめておきます。

・消毒用エタノール

・イソプロパノール

・イソプロパノール添加エタノール

実際に市販されている商品の一例としては、次の通りです。

【☆消毒用エタノール☆】

【☆イソプロパノール☆】

【☆イソプロパノール添加エタノール☆】

<商品名:消毒用エタノールIP>

「手ピカスプレー」という商品も成分は、「イソプロパノール添加エタノール」のようです。

<商品名:手ピカスプレー>

「手ピカスプレー」の添加物を細かに見ると、手荒れ予防を期待した成分が配合されているので、商品名に「手ピカ」と名付けるだけあって、手指消毒を念頭に置いた商品のようです。

ただ、スプレータイプの商品なので、手指消毒以外にも、テーブルを拭いたりなどの使用方法も可能です。

スプレーボトルに入っている点も、ありがたいです。

スポンサーリンク

「消毒用エタノール・イソプロパノール・イソプロパノール添加エタノール」の価格・効果・毒性を比較

さて、本題です。

・消毒用エタノール

・イソプロパノール

・イソプロパノール添加エタノール

3種類の価格・効果・毒性について、それぞれを比較します。

「価格」を比較

価格が最も安いのは、通常、「イソプロパノール」のみを配合した商品です。

上の商品では、こちらです。

一般的に価格は、安い順に次の通りです。

イソプロパノール(1番安い)→イソプロパノール添加エタノール→消毒用エタノール(1番高い)

エタノールのみを配合した「消毒用エタノール」が価格の面では、最も高くなります。

「効果」を比較

最も安いのは「イソプロパノール」ですが、安くても効果がイマイチでは本末転倒です。

効果については、次のように言われています。

消毒用エタノールイソプロパノール添加エタノールイソプロパノール

「イソプロパノール」の効果は、一部のウイルスに対して、「消毒用エタノール」や「イソプロパノール添加エタノール」に対して劣ると考えられています。

一方で、エタノールのみを配合した「消毒用エタノール」とエタノールにイソプロパノールを添加した「イソプロパノール添加エタノール」の効果は同等と考えられています。

「イソプロパノール添加エタノール」は、「イソプロパノール」を添加物として含んではいるものの、そのエタノール濃度は「消毒用エタノール」と同じだからです。

「毒性」を比較

3つ目に「毒性」です。

「毒性」について、「エタノール」と「イソプロパノール」を比べると、「イソプロパノール」のほうが毒性が強いとされています。

【毒性の強さ】

イソプロパノールエタノール

「毒性」とは、具体的にいうと、吸入毒性(吸い込んだときの毒性)、皮膚の脱脂作用などが挙げられます。

このことを噛み砕いて表現すれば、「イソプロパノール」は「エタノール」に比べると、

吸い込むと危険だし、手がカサカサしやすくなりますよ

ということになります。

「エタノール」に比べて毒性が強い「イソプロパノール」を添加している「イソプロパノール添加エタノール」(上記商品では「消毒用エタノールIP」「手ピカスプレー」)は、当然、「消毒用エタノール」より毒性が強いと考えられそうです。

しかしながら、「消毒用エタノール」と「イソプロパノール添加エタノール」の毒性はほぼ同等という結果も示されています。

これを踏まえて、「毒性」についてまとめると次のようになります。

【毒性の強さ】

イソプロパノール消毒用エタノールイソプロパノール添加エタノール

「イソプロパノール添加エタノール」が最もバランスよし

ここまで、「消毒用エタノール・イソプロパノール・イソプロパノール添加エタノール」3種類の価格・効果・毒性について比較し、まとめました。

「価格」の面で最も安いのは「イソプロパノール」ですが、「効果・毒性」の面で、「消毒用エタノール」と「イソプロパノール添加エタノール」には劣ります。

「消毒用エタノール」は「効果・毒性」の面では、「イソプロパノール」に勝りますが、やはり「価格」が高いという面が、日常的に使用することを考えるとネックとなります。

このように考えると、この3種類の中で、「価格・効果・毒性」3つの面で、最もバランスが良く、使い勝手に優れているのは「イソプロパノール添加エタノール」と考えます。

当記事で例に挙げているのは、以下の商品

<商品名:消毒用エタノールIP>

<商品名:手ピカスプレー>

「消毒用エタノールIP」や「手ピカスプレー」だあれば、「消毒用エタノール」よりも手頃な価格で購入できますし、「手ピカスプレー」ならはじめから薬液がスプレーボトルに入った状態で購入できます。

当記事では、フェアな比較のために「イソプロパノール」の”吸入毒性”や”皮膚の脱脂作用”などの毒性にも触れました。

その「イソプロパノール」が「消毒用エタノールIP」や「手ピカスプレー」には、添加されています。

その「イソプロパノール」が添加されている点が気がかりな方は、シンプルな「消毒用エタノール」を購入すべきでしょう。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする