ヒリヒリ痛い・真っ赤になった日焼けに効く市販薬の違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

海水浴 日焼け

市販薬には、「日焼け治療薬」を謳った商品や、そうでなくても日焼けに効果がある商品があったりします。

そのような中で、

日焼けで肌が真っ赤・ヒリヒリ痛む

といったときに効果が期待できる市販薬の違いや選び方などを紹介します。

当記事で紹介する市販薬は、日焼けの程度がひどく、皮膚科(病院)を受診したときに貰うこともある薬と同じ場合もあります。

スポンサーリンク

日焼けの原因

日焼けの原因は、言わずもがなでしょうが”紫外線“です。

紫外線は波長の長短によって、UVA・UVB・UVCの3種類に分類されます。

<UVA>

●しわ・たるみなどの原因(肌の老化)

●肌を黒くする(サンタン)

<UVB>

●しみ・そばかすなどの原因(肌トラブル)

●肌を赤くする(サンバーン)

●皮膚がん・白内障などの原因ともなる

<UVC>

●基本的に地表まで届かない(オゾン層で吸収されるため)

波長が短いUVCは、オゾン層に吸収されるため基本的に地表まで届きません。

そのため、日焼けの原因となる紫外線の種類は、UVAとUVBの2種類となります。

日焼け止めの選び方

日焼けの原因となる紫外線の種類は、UVAとUVBということを紹介しました。

紫外線の影響を防ぐためには、

●帽子をかぶる

●サングラスを付ける

●日傘をさす

●長袖を着る

というように、物理的に紫外線を遮断する

日焼け止めを使用する

の2パターンの予防策が考えられます。

日焼け止めについては、日焼けの原因となるUVAとUVBの影響を小さくするために使用します。

UVA・UVBの影響を”どれだけ防ぐ”かを示す指標が「SPF」や「PA」というものになります。

SPFとは?

SPFとは、

Sun Protection Factor

の略称です。

肌を赤くしたり、しみ・そばかすなどの肌トラブルを引き起こす原因となるUVBの影響をどれだけ防ぐのかを示す指標(数値)となります。

SPFの数値の意味合いは、

UVBの影響を何倍遅らせることができるのか

です。

UVBの影響で、肌が赤くなり始める時間には、個人差があります。

例えば、UVBを浴びて、10分後に肌が赤くなり始める人が、SPF30の日焼け止めを使用したとします。

SPFの意味合いは、「UVBの影響を何倍遅らせることができるのか」です。

日焼け止めを使用しなければ、本来10分で赤くなるところを、日焼け止めを使用することで、300分(10分×30:SPF)まで遅らせることができる、ということになります。

PAとは?

PAとは、

Protection grade of UVA

の略称です。

肌を黒くしたり、しわ・たるみなどの肌の老化を引き起こす原因となるUVAの影響をどれだけ防ぐのかを示す指標となります。

PAは、

PA+、++、+++、++++

というように、4段階で表示されています。

+の数が多いほど、UVAの影響を防止する効果が高いことを意味します。

SPF・PAをどう活かす?

SPF・PAといった紫外線を防ぐ指標を、

日焼け止め選びの際に、どのように活かすか?

です。

紫外線は年がら年中、大なり小なり降り注いでいます。

言わずもがなでしょうが、紫外線量は夏場が特に多いわけです。

UVBは夏場に特に多く、UVAは年間通して平均的に降り注いでいると言われています。

長時間、屋外に出る場合などは、SPF・PAともに高い、紫外線カット能が高い日焼け止めを選ぶべきと言われています。

しかし、日常生活においては、そこまでハイスペックな日焼け止めを使用する必要はないでしょう。

そして、日焼け止めの効果は、塗り方や塗る量に左右されるようです。

同時に、汗によっても、流れてしまうことも考えられます。

重要なことは、ハイスペックな日焼け止めを選ぶより

こまめに塗り直すこと

にあります。

日焼け=日光皮膚炎

日焼けは別名、”日光皮膚炎“とも呼ばれます。

つまり、日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症(=皮膚炎)が原因です。

このことを踏まえると、日焼け治療薬を選ぶ際には、

肌の炎症を鎮める市販薬を選ぶと良い

ということになります。

市販の日焼け治療薬

予防していたにも関わらず、日焼けをしてしまった場合の市販の日焼け治療薬を紹介します。

リビメックスコーワ

肌の炎症を鎮める作用がある薬に”ステロイド外用薬”があります。

ステロイド外用薬に該当する市販薬が「リビメックスコーワローション」です。

「リビメックスコーワ」シリーズには、ローション剤以外にも軟膏とクリーム剤も販売されています。

しかし、日焼けをしてしまうと、患部は広範囲に及ぶことが想定されます。

そのため、ローション剤である「リビメックスコーワローション」が使い勝手に優れているのではないかと考えます。

軟膏やクリーム剤でも患部がカバーできるのであれば、これらを使用しても構いません。

ベトネベート

日焼けをしてしまうと、患部が広範囲に及ぶことを想定して、ローション剤である「リビメックスコーワローション」を先に紹介しました。

「リビメックスコーワ」のようなステロイド外用薬は、その強さに応じて次の5段階に分類されます。

●strongest(最も強力)

●very strong(かなり強力)

●strong(強力)←「ベトネベート」

●medium(中等度)←「リビメックスコーワ」

●weak(弱い)

「リビメックスコーワ」は、ミディアム(medium)クラスに分類されるステロイド外用薬です。

「リビメックスコーワ」よりも高い効果が期待できる、ストロング(strong)クラスに分類される市販のステロイド外用薬が「ベトネベート」です。

「ベトネベート」には、ローション剤の商品はありません。

軟膏とクリーム剤の商品が販売されています。

軟膏またはクリーム剤で患部がカバーできれば、「ベトネベート」を使用しても良いでしょう。

また、軟膏剤である「ベトネベートN軟膏AS」には、抗生物質も配合されています。

抗生物質は患部の化膿を治すまたは化膿しないように予防することを目的に配合されています。

さらに、軟膏剤は最も刺激性が小さい剤形です。

日焼けの程度がひどく、

水ぶくれができた・潰れてしまった

というような場合には、軟膏剤で抗生物質が配合されている「ベトネベートN軟膏AS」が最適でしょう。

ステロイド成分のみが配合されているクリーム剤「ベトネベートクリームS」の使用も必要に応じて検討ください。

肌トラブル対策

日焼け治療薬として、「リビメックスコーワ」と「ベトネベート」を紹介しました。

日焼けをしてしまうと、ヒリヒリ痛んだり、真っ赤になったりすると同時に乾燥肌などの肌トラブルを起こしたりもします。

紫外線により肌がダメージを受けてしまうからです。

日焼けによる乾燥肌に最適な保湿剤を紹介します。

HPローション

このような日焼けに伴う乾燥肌に最適な市販薬が「HPローション」です。

「HPローション」には有効成分として、保湿作用がある”ヘパリン類似物質”か配合されています。

日焼けは関係なく、冬場に起こりやすい一般的な乾燥肌にも使用できます。

また、“ヘパリン類似物質”には、保湿作用に加えて”炎症を和らげる作用(抗炎症作用)“もあります。

日焼けは、紫外線による肌の炎症が原因です。

「HPローション」は、単純に保湿剤として使用できる上、紫外線による肌の炎症を和らげる効果も期待できます。

この点において、日焼けに伴う乾燥肌などの肌トラブルに最適な市販薬といえます。

ヒヤケア

“日焼けケア→ヒヤケア”なのでしょう。

数多くの日焼け止めも販売しているロート製薬から販売されている商品です。

日焼け後のほてりを防ぐ

商品として販売されています。

「ヒヤケア」は、ここまで紹介してきた商品とは異なり”医薬部外品”という取り扱いとなります。

医薬品が疾患の”治療”を目的に使用するのに対し、医薬部外品は主に疾患の”予防”を目的に使用します。

つまり、「ヒヤケア」は日焼けによる肌トラブル予防に使用すべき商品となります。

「ヒヤケア」に配合されている有効成分は、主に次の2種類です。

●グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症薬)

●アラントイン(組織修復薬)

“グリチルリチン酸ジカリウム”には、炎症を鎮める作用(抗炎症作用)があります。

そして、”アラントイン”には、傷ついた組織を修復する作用があります。

日焼け(紫外線)による肌のダメージ軽減のために、配合されているのだと考えられます。

主にこの2種類の有効成分をもって、”日焼け後のほてり”といった、紫外線を浴びた後のケア商品として「ヒヤケア」は販売されています。

まとめ

ここまで、日焼けの原因や予防策、治療薬の違いや選び方などについて紹介してきました。

日焼けの原因となる紫外線は、UVAとUVBの2種類です。

そのため、日焼け止めはこの2種類の紫外線の影響を防ぐために使用します。

UVA・UVBの影響をどの程度防ぐのかを示した指標がPAとSPFです。

日焼けの予防策を講じたにも関わらず、日焼けをしてしまった場合に使用すべき市販薬が「リビメックスコーワ」や「ベトネベート」などのステロイド外用薬です。

ステロイド外用薬には、炎症を鎮める作用(=抗炎症作用)があります。

日焼けは日光皮膚炎とも呼ばれ、日光(紫外線)による肌の炎症が原因です。

その炎症を鎮めるために、抗炎症作用を持つステロイド外用薬を使用します。

また、紫外線による乾燥肌などの肌トラブルに対して、「HPローション」といった保湿剤の使用も検討ください。

「HPローション」に配合されている有効成分”ヘパリン類似物質”は、保湿作用の他に抗炎症作用もあります。

そのため、炎症が原因の日焼けによる肌トラブルに最適な保湿剤です。

紹介した市販薬の基本情報

最後になりますが、当記事にて紹介した市販薬(医薬品)の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

リビメックスコーワ

<有効成分>

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(ステロイド)

<効能・効果>

しっしん、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

「リビメックスコーワ」の詳細については、こちらの記事にまとめています。

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

ベトネベートN軟膏AS

<有効成分>

・ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)

・フラジオマイシン(抗生物質)

<効能・効果>

・化膿を伴う次の症状:しっしん、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん

・とびひ、めんちょう、毛のう炎

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

ベトネベートクリームS

<有効成分>

ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)

<効能・効果>

しっしん、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

「ベトネベート」シリーズの詳細については、こちらの記事にまとめています。

「ベトネベート」というステロイド外用薬の違いや選び方を紹介します。処方せん用医薬品「リンデロン」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

HPローション

<有効成分>

ヘパリン類似物質

<効能・効果>

手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

「HPローション」の詳細については、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする