【肌トラブル】乾燥肌の症状に合わせた市販保湿剤の選び方~赤ちゃんから大人まで使える保湿剤選び~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

美容 保湿

保湿剤はどれも皆同じというわけではありません。

乾燥肌の症状や肌の状態、さらに年齢などに応じて、保湿剤の有効成分を考慮しつつ使い分けることが賢い選び方・使い方と言えます。

当記事では、次のような点について考えながら、保湿剤を紹介したいと思います。

●保湿剤の有効成分

●肌の状態

●かゆみのあり・なし

●年齢(子供or大人?)

スポンサーリンク

“ヘパリン類似物質”か”尿素”

市販されている保湿剤に配合されている有効成分はおおむね次の2種類です。

●ヘパリン類似物質:刺激性なし

●尿素:刺激性あり

2成分ともに優れた保湿作用をもつ成分です。

その違いは刺激性の有無です。

“ヘパリン類似物質”に刺激性はなく、”尿素”には刺激性があります。

この違いは押さえておく必要があります。

ちなみに、”ヘパリン類似物質”を配合した処方せん用医薬品で、代表的な商品に「ヒルドイド」があります。

使用したことがある方もいらっしゃるかもしれません。

難しいことを考えないなら”ヘパリン”

当記事冒頭で「乾燥肌の症状や肌の状態、さらに年齢などに応じて、保湿剤の有効成分を考慮しつつ使い分けることが賢い選び方・使い方と言えます」と記載しました。

あれこれと難しく考えたくない方は、“ヘパリン類似物質”配合の保湿剤を選ぶといいでしょう。

“ヘパリン類似物質”に刺激性はなく、万人に使用できる保湿剤となります。

“ヘパリン類似物質”を配合した保湿剤として、「HPクリーム・ローション」という商品が販売されています。

広範囲に塗る場合には、ローション剤のほうがいいでしょう。

「HPクリーム・ローション」については、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

“ヘパリン”配合保湿剤は赤ちゃんも使用可

“ヘパリン類似物質”配合の保湿剤には、刺激性がありません。

子供(赤ちゃんも含む)の場合、刺激性がある尿素を使用すると、刺激感のため、塗られることを嫌がることも予想されます。

そのため、赤ちゃんを含め、子供の乾燥肌に使う場合には、”ヘパリン類似物質”配合の保湿剤が最適だろうと考えます。

“かゆみ”があるときはこちらの商品

肌の乾燥だけでなく、そこに”かゆみ”が伴う場合には、“かゆみ止め”が配合されている保湿剤を選びましょう。

“ヘパリン類似物質”配合保湿剤でかつ”かゆみ止め”を配合した商品に「フェルゼア ヘパキュアクリーム」があります。

特に、年配の方は乾燥肌になりやすく、かゆみを伴うことがあります。

そのような症状の方に最適な保湿剤です。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の詳細や有効活用法については、こちらの記事にまとめています。

かゆみを伴う乾燥肌に最適な商品「フェルゼア ヘパキュアクリーム」を紹介します。赤ちゃんから高齢者まで安全に使用することができる保湿剤です。「ヒルドイド」と同じ保湿薬を配合した市販薬です。

掻きキズがなければ尿素でOK

尿素には刺激性があることを紹介しました。

乾燥肌で掻きキズがある場合には、その刺激性のために”チリチリ”とした使用感を感じることがあります。

逆に言うと、掻きキズがなければ、その刺激感を感じることはありません

刺激感と言っても、塗ってすぐ感じる程度で、しばらくすると消えることが一般的です。

刺激性があるとは言うものの、そこまで神経質に捉える必要もないと言うこともできます。

“尿素”配合の保湿剤として、「パスタロン」や「ケラチナミン」といった商品が販売されています。

「パスタロンクリーム-L」に比べ、尿素の配合量を倍に増やした商品が「パスタロンM20%」です。

「パスタロンシリーズ」の違いや選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

尿素配合保湿剤「パスタロン」について紹介します。市販されている「パスタロン」には、各商品でちょっとした違いがあります。その違いを理解して、症状にぴったりの保湿剤を選んでください。

「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」もその名の通り、尿素が20%配合された商品です。

「ケラチナミンシリーズ」の違いや選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

尿素配合保湿剤「ケラチナミン」について紹介します。基本的には、尿素を配合した保湿剤ですが、各商品でちょっとした違いがある市販薬です。その違いを理解して、症状にぴったりの「ケラチナミン」を選んでください。

尿素配合保湿剤は安い

尿素配合の保湿剤は、ヘパリン類似物質配合の保湿剤に比べて、一般的に安くで手に入ります。

安い保湿剤とはいえ、その保湿作用はヘパリン類似物質配合保湿剤に見劣りしません。

尿素配合保湿剤は、比較的手軽に使用できる保湿剤です。

“かゆみ”があるときはこちらの商品

尿素配合保湿剤についても、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」同様、”かゆみ止め”配合の商品が販売されています。

“かゆみ止め”配合の尿素系保湿剤として「ウレパールプラス」という商品が販売されています。

足や体など広範囲に塗る場合には、ローション剤のほうが最適です。

「ウレパールプラス」の特徴や選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

カサカサかゆい乾燥肌に最適な市販の保湿剤「ウレパールプラス」の特徴を紹介します。乾燥肌だけでなく、手足のひび割れにも使うことができます。

「ケラチナミンコーワ乳状液」にもかゆみ止めが配合されています。

まとめ

ここまで、乾燥肌の症状に応じた保湿剤の選び方について紹介してきました。

おおよそ次のような視点から、”保湿剤選び”について紹介してきました。

●保湿剤の有効成分

ヘパリン類似物質or尿素

●肌の状態

・掻きキズあり:ヘパリン類似物質配合保湿剤

・掻きキズなし:尿素配合保湿剤でもOK

●かゆみのあり・なし

・かゆみあり:かゆみ止め配合保湿剤

・かゆみなし:保湿剤成分単独

●年齢(子供or大人?)

・子供:ヘパリン類似物質配合保湿剤が良い

・大人:どちらでも可

保湿剤は配合されている有効成分をまずは確認します。

ヘパリン類似物質には刺激性がなく、尿素には刺激性があります。

かゆみがあれば、かゆみ止め配合の保湿剤を選びましょう。

保湿剤を塗る対象が子供さんであれば、刺激性がないヘパリン類似物質配合保湿剤のほうが使いやすいかと考えます。

それぞれの有効成分の特徴や肌の状態などを考慮しながら、保湿剤を選んでください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする