【サプリメント】中性脂肪を減らすサプリメント~EPA・DHAサプリ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

肥満 コレステロール 中性脂肪

中性脂肪を減らしたい方向けに、その効果が期待できるEPA・DHAサプリメントを紹介します。

スポンサーリンク

そもそも中性脂肪が多いとどうなるのか?

そもそも中性脂肪が多いとどうなるのか?

という疑問があるかと思います。

一言で言うと、

血管が詰まりやすくなる

わけです。

動脈硬化の原因が中性脂肪やコレステロールです。

中性脂肪やコレステロールが高くなると血液がドロドロになります。

すると、血液の流れ(血流)が滞りやすくなり、血流が悪くなります。

さらに血の固まり(血栓)もできやすくなり、心臓の血管が詰まると心筋梗塞(狭心症)、脳の血管が詰まると脳梗塞となります。

中性脂肪を減らすサプリメント

その中性脂肪を減らしてくれるサプリメントが、EPA・DHA配合のサプリメントです。

当記事で紹介するEPA・DHA配合サプリメントは次の2商品です。

●ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル

●ディアナチュラゴールドEPA&DHA

「ネイチャーメイド」と「ディアナチュラ」はともに、機能性表示食品と呼ばれるものです。

ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル

<1日摂取目安量>

1日1錠

(1錠中にEPA162mg、DHA108mg)

ディアナチュラゴールドEPA&DHA

<1日摂取目安量>

1日6錠

(6錠中にEPA600mg、DHA260mg)

2商品ともに機能性表示食品

通常、健康食品において、医薬品と混同されるような表示・広告はできません(「○○に効く」とか「○○を予防する」とかいった表示)

しかし、ここで紹介する2商品はサプリメントでありながら、特定の機能を示す「中性脂肪を減らす」・「中性脂肪の上昇を抑える」と大々的に広告できる商品です。

実際、EPAやDHAを配合している処方せん用医薬品もあり、中性脂肪を減らす(抑える)ために使われています。

できるだけ食後すぐに服用を

服用方法は食事を摂ってすぐ服用したほうが良いと考えます。

EPA・DHAは”食後すぐの服用”が吸収が良いと考えられている上、消化器症状の副作用(胃もたれ、下痢など)も減ると言われているからです。

EPA・DHAサプリメントまとめ

EPA・DHA配合サプリメントと、その使用目的なども含めて紹介してきました。

自分でできる健康法ではありますが、中性脂肪の数値が下がらなければ、医療機関を受診することが重要です。

配合されている成分量も、処方せん用医薬品で使われている成分量よりも少なめです。

あくまでも健康の維持・増進に資するもので、治療目的のものではないということなのでしょう。

されど、”中性脂肪の上昇を抑える”ことには一定の役割を果たしてくれるだろうと考えます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする