【かゆみ止め市販薬】「オイラックス」シリーズの違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

処方せん用医薬品に「オイラックス(H)」という商品があります。

ほぼ同じ商品名で、市販薬としても5種類の「オイラックス」が販売されています。

スポンサーリンク

「オイラックス」シリーズの違い

以下、市販されている「オイラックス」シリーズの商品ラインナップとなります。

・オイラックスPZリペア軟膏・クリーム

・オイラックスデキサS軟膏

・オイラックスA

・オイラックスソフト

・オイラックス潤乳液

それぞれの商品で配合されている有効成分が異なります。

それらを踏まえた、選び方・選ぶポイントなどについて紹介します。

オイラックスPZリペア軟膏・クリーム

かゆみ・炎症を鎮める作用が最も高い有効成分”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”を配合した商品です。

かゆみ・赤み(炎症)が強いときは、最も効果が高いと考えられる「オイラックスPZリペア」の使用を検討ください。

軟膏剤の他に、クリーム剤も販売されています。

オイラックスデキサS軟膏

「オイラックスPZリペア軟膏・クリーム」の次に、高い効果が期待できる有効成分”デキサメタゾン酢酸エステル”を配合した商品です。

オイラックスA

ステロイド薬配合の「オイラックス」シリーズの中において、最も穏やかな作用をもつ”ヒドロコルチゾン酢酸エステル”を配合した商品です。

オイラックスソフト

ステロイド薬を配合していないノンステロイドの商品です。

ちょっとした”かゆみ”の程度であれば、「オイラックスソフト」でも十分です。

オイラックス潤乳液

先に紹介した4商品は虫さされなどのかゆみを鎮めるための”かゆみ止め”です。

「オイラックス潤乳液」にも”かゆみ止め”の成分は配合されています。そこに、保湿薬である”尿素”が加えられています。

つまり、”乾燥肌に伴うかゆみ“への使用が最適な商品です。

先に紹介した4商品とは異なり、乾燥肌を前提とした商品となります。

「オイラックス」シリーズの選び方

ここまで、「オイラックス」シリーズの違いについて紹介しました。

続いて、違いを踏まえながら、「オイラックス」シリーズの選び方を紹介します。

結局、どの商品を選べば良いのか?

となろうかと思います。

「オイラックス」はかゆみ止めです。

つまり、基本的には“かゆみ”を鎮めてくれればいいわけです。

「オイラックス」はかゆみの程度に応じて選んでください。

かゆみ・炎症を鎮める作用は、ステロイド薬配合の商品が高いと考えられます。

「オイラックス」シリーズに配合されているステロイド薬の作用の大小は次の通りです。

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル>デキサメタゾン酢酸エステル>ヒドロコルチゾン酢酸エステル

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」の抗炎症作用が最も高く、続いて「デキサメタゾン酢酸エステル」、「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」の順になります。

これに対応する「オイラックス」の商品は次の通りです。

オイラックスPZリペア>オイラックスデキサS>オイラックスA

かゆみ・赤み(炎症)が強いときは「オイラックスPZリペア」を選ぶといいでしょう。

あとは、かゆみの程度に応じて、「オイラックスデキサS軟膏」や「オイラックスA」も検討ください。

ちょっとした”かゆみ”の程度であれば、ノンステロイド薬である「オイラックスソフト」でも十分です。

「オイラックス潤乳液」については、”乾燥肌に伴うかゆみ”が気になる方が使用を検討ください。

「オイラックス」シリーズ基本情報

最後になりましたが、「オイラックス」シリーズの有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

オイラックスPZリペア軟膏・クリーム

<有効成分>

・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

・クロタミトン

・グリチルレチン酸

・アラントイン

・トコフェロール酢酸エステル

・イソプロピルメチルフェノール

<効能・効果>

しっしん、かぶれ、虫さされ、かゆみ、じんましん、しもやけ、皮膚炎、あせも

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

オイラックスデキサS軟膏

<有効成分>

・デキサメタゾン酢酸エステル

・クロタミトン

・トコフェロール酢酸エステル

・イソプロピルメチルフェノール

<効能・効果>

「オイラックスPZリペア軟膏・クリーム」に同じ

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

オイラックスA

<有効成分>

・ヒドロコルチゾン酢酸エステル

・クロタミトン

・ジフェンヒドラミン

・グリチルレチン酸

・アラントイン

・イソプロピルメチルフェノール

<効能・効果>

「オイラックスPZリペア軟膏・クリーム」に同じ

<用法・用量>

1日1~3回、患部に塗布

オイラックスソフト

<有効成分>

・クロタミトン

・ジフェンヒドラミン

・グリチルレチン酸

・アラントイン

・トコフェロール酢酸エステル

・イソプロピルメチルフェノール

<効能・効果>

「オイラックスPZリペア軟膏・クリーム」に同じ

<用法・用量>

1日1~3回、患部に塗布

オイラックス潤乳液

<有効成分>

・尿素

・クロタミトン

・ジフェンヒドラミン

・グリチルレチン酸

<効能・効果>

かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする