【お役立ちグッズ】デンタルフロス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

歯痛 口内炎

歯ブラシだけでは、歯間の食べかすなどは取り切れません。

このような取り残しが原因で、虫歯や歯周病につながると言われています。

そのため、デンタルフロスは重要です。

スポンサーリンク

使い勝手バツグン「GUMデンタルフロス」

様々なデンタルフロスが販売されています。

選択を誤ると、使い勝手が今ひとつのものを選んでしまいます。

幾種類も使って、現状でもっとも使いやすいと思っている商品はこれです。

この商品のいいところは、Y字型になっているところです。

奥歯まで簡単に使える

他にも商品は色々あります。

このような商品や

このような商品です。

どの商品も使えないことはないのですが、自分でお手入れする場合、奥歯の隙間に届きにくいのです。

一方で、GUMのデンタルフロスは、Y字型になっているので、奥歯の隙間まで簡単に届きます。

「すぐ出血」は歯ぐきが炎症を起こしているサイン

フロスを使って歯間を掃除していると、すぐに出血してしまう方もいるかと思います。

出血するため、フロスの使用を中止したり、ためらったりすることもあるでしょう。

しかし、フロスが歯ぐきに当たって、すぐに出血するということは、歯ぐきが炎症を起こしているサインです。

歯のお手入れが十分でないと言うこともできます。

最初のうちは、フロスを使うと出血が続くかもしれません。

しかし、歯間の汚れがきれいになり、歯ぐきの炎症が治まると、出血も少なくなると考えられます。

出血があっても、当分の間、続けることが重要です。

続けても、出血が続く場合には、歯科を受診しましょう。

歯の根元のお手入れはこれ!

歯の根元(歯と歯ぐきの境界)は、一般的な歯ブラシによる、ブラッシングでは磨き残しがあることが多いです。

ヘッドが小さくL字型になっているこのブラシ(ワンタフトブラシ)であれば、歯の根元をきれいに磨くことができます。

さらに、L字型になっているので、奥歯まで簡単に届きます。

デンタルフロスまとめ

虫歯や歯周病にならないためには、日々のお手入れが重要です。

ち、自分の歯でご飯を食べ続けることも、非常に重要です。80歳までに自分の歯を20本以上残そうという運動もあります(8020運動)

今回紹介した、GUMのデンタルフロスやL字型のブラシ(ワンタフトブラシ)を利用して、日々のお手入れを入念に行ってください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする