【ステロイド外用薬】処方薬「フルコート」と同じ市販薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

料理 油はね

処方せん用医薬品(処方薬)として使用されている「フルコート」と同じ有効成分”フルオシノロンアセトニド”を配合した塗り薬は、市販薬としても手に取ることができます。

「フルコート」は、主に大人の手足・体に対しても使うステロイド外用薬です。

処方を受けたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

しっしん・かぶれ・虫さされなどの”かゆみ”に有効

ステロイド外用薬には、かゆみ・炎症を鎮める作用があります。

そのため、しっしん・かぶれ・虫さされなどのかゆみ・赤み(炎症)に有効です。

そのほかにも、あせも・日焼けなどの皮膚トラブルにも有効です。

大人も子供も汗をかくとあせもになることがあります。素早くあせもを治すことができる市販薬「ステロイド外用薬」を中心に紹介します。

日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

一方で、ステロイド外用薬は年齢や塗布部位に応じて商品を選ぶ必要があります。

つまり、誰でもどこでも使用していい薬ではありません。

年齢や塗布部位に応じた「ステロイド外用薬の選び方」については、こちらの記事にまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

フルコートと同じ市販薬「フルコートf」

「フルコート」の有効成分は”フルオシノロンアセトニド”です。

その有効成分と同じ成分を配合している市販薬が「フルコートf」です。

「フルコート」と「フルコートf」の違い

処方薬「フルコート」と市販薬「フルコートf」には、次のようなちょっとした違いがあります。

・ステロイド薬単独

処方薬:フルコート軟膏・クリーム

・ステロイド薬+抗生物質

市販薬:フルコートf軟膏

処方薬「フルコート」は、”ステロイド成分単独の商品”の商品です。

一方、市販薬「フルコートf」には、ステロイド成分の他に”抗生物質(フラジオマイシン)”が配合されています。

ちなみに、処方せん用医薬品にも、ステロイド成分に抗生物質を配合した「フルコートF」という商品は販売されています。

大人の手足・体に主に使用

先に、ステロイド外用薬は、

年齢や塗布部位などに応じて、作用の強さが異なる商品を選ぶ必要がある

と記述しました。

「フルコートf」に配合されている”フルオシノロンアセトニド”の強さは、ストロング(strong)クラスに分類されます(5段階中3番目)

そのため、大人の手足・体に対して主に使用する商品となります。

子供に対しては、ミディアムクラス以下のステロイド外用薬を使うことが一般的です。

ミディアムクラス以下のステロイド外用薬には、「リビメックスコーワ」や「セロナ」などが該当します。

●リビメックスコーワ

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

●セロナ

市販のステロイド外用薬「セロナ」の特徴や使い方を紹介します。処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販薬です。

抗生物質は感染(化膿)予防が目的

「フルコートf」には、抗生物質が配合されています。

抗生物質の配合目的は、細菌による感染(化膿)予防です。

具体的には、かゆみによって掻きむしってしまい、傷となっている場合や”やけど”を負った場合などです。

やけどの対処方法や治療薬などについては、こちらの記事にまとめています。

油はねなどの軽いやけどであれば、市販薬で十分対応できます。やけどを素早く治すことができる市販薬を紹介します。

まとめ

ここまで、処方薬「フルコート」と同じ有効成分”フルオシノロンアセトニド”を配合した市販のステロイド外用薬として「フルコートf」を紹介しました。

「フルコートf」の有効成分”フルオシノロンアセトニド”は、ストロングクラスのステロイドに分類されます。

大人の手足・体に対して、主に使用します。

ステロイド外用薬は、かゆみ・赤み(炎症)などの皮膚トラブルに幅広く使用できます。

一家に一種類だけでも備えておけば、何かしら役に立つこともあるでしょう。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする