【サプリメント】葉酸の必要性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

妊婦 妊娠 葉酸

妊婦さんもしくは妊娠を希望している女性は葉酸摂取は重要と考えられています。

理由として、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減に葉酸が一定の役割を果たすと考えられているからです。

スポンサーリンク

神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害とは先天性の異常で、二分脊椎症や無脳症を引き起こすと考えられています。

二分脊椎症は、歩行障害や排泄障害(排尿・排便)を引き起こし、無脳症は流産・死産のリスクが増します。

摂取量と摂取期間は?

日本の医療を司る厚生労働省では、妊娠中の方もしくは妊娠を希望している方は、食事以外にサプリメントとして0.4mg(400μg)の葉酸摂取が必要としています。

摂取期間は妊娠3カ月までとされています。

妊娠を希望する方の場合

胎児の中枢神経系(脳など)は妊娠初期に形成されるため、妊娠を希望している方は妊娠前からの服用が重要となります(妊娠1カ月前から)

また、1mg(1,000μg)以上の葉酸摂取は過剰摂取となるとされているので、ご留意を。

葉酸が多く含まれる食品

食物から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれている食品として、ほうれん草などの葉物(「葉酸」と呼んで字のごとく)や緑黄色野菜、レバーなどです。

ただし、葉酸は水溶性で熱に弱いので、茹でたり熱を加えたりすると失われてしまいます。

葉酸の必要性まとめ

ここまで、妊娠中や妊娠希望の方にとっての葉酸の重要性について紹介しました。

神経管閉鎖障害は、葉酸摂取以外にも遺伝的要因といった複合的な要因で引き起こすと考えられています。

全てが葉酸欠乏が原因というわけではない、ということは付け加えておきます。

サプリメントの中には、葉酸以外にも鉄分を配合している製品があります。

鉄分はすなわち貧血対策です。

妊娠中は胎児への鉄分供給や出産時の出血が想定されるため、貧血対策も重要となります。

ただし、鉄剤は検診で必要とあれば、ドクターが処方する可能性も考えられます。

鉄分配合のサプリメントは必要と考える方のみでも結構かと私は考えます。

<葉酸単剤製品>

<葉酸+鉄剤(+α)配合製品>

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする