【湿布にかぶれたら】湿布かぶれに素早く効く市販薬の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

腰痛

腰が痛い・膝が痛い、はたまた捻挫をしたときなど、湿布を使用する機会は数多くあるかと思います。

湿布を貼ったはいいが、かぶれてしまって、赤くなったりかゆくなったりしてしまったことはないでしょうか。

そのようなとき、サッと塗って、サッと治すことができる市販薬を紹介します。

スポンサーリンク

かぶれ=皮膚炎

湿布かぶれとは?

そもそも、”かぶれ”とは、「接触皮膚炎」と呼ばれ、ある刺激物が肌に触れて、それが原因で肌が炎症を起こしている状態を指します。

「湿布かぶれ」ですから、湿布が刺激物となって、肌がかぶれてしまった状態を指します。

つまり、湿布かぶれを治すためには、肌の炎症を鎮める作用がある市販薬を使用する必要があります。

素早く治すならステロイド薬

湿布かぶれを素早く治すなら”ステロイド外用薬”を使ってみましょう。

ステロイド外用薬には、“かゆみ・炎症(赤み)”を鎮める作用があります。

市販薬の中で、最も効果が高いステロイド外用薬は「ベトネベート」です。

「ベトネベート」というステロイド外用薬の違いや選び方を紹介します。処方せん用医薬品「リンデロン」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

処方せん用医薬品「リンデロンV」と同じ有効成分が配合されています。

かゆみだけ抑えるなら「レスタミン」

かゆみがさほど強くない、赤みも少ないときは、かゆみを散らしながら様子を見るという方法も1つです。

このようにかゆみを散らす(抑える)だけであれば、シンプルなかゆみ止めである「新レスタミンコーワ軟膏」を使用してみると良いでしょう。

シンプルなかゆみ止め「新レスタミンコーワ軟膏」を紹介します。虫さされなどによる"ちょっとしたかゆみ"であれば、「新レスタミンコーワ軟膏」でかゆみは治まります。

「新レスタミンコーワ軟膏」は湿布かぶれのみならず、虫さされによるかゆみなど”かゆみ全般”に使用できます。

湿布かぶれ治療薬

ここまで、「湿布かぶれに素早く効く市販薬」の選び方や違いなどについて紹介しました。

かゆみ・赤み(炎症)が強いときは、「ベトネベート」のようなステロイド外用薬の使用が最適でしょう。

また、かゆみの程度が軽いときは、シンプルなかゆみ止めである「新レスタミンコーワ軟膏」などの使用を検討ください。

湿布かぶれによるかゆみなどの症状の程度に応じて、ステロイド外用薬・かゆみ止め、最適な市販薬を選び出してください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする