【あせも治療薬】あせもを素早く治す市販薬の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

あせも

夏の暑い時期になると、汗をかき、放ってしまうと”あせも(汗疹)”になりやすくなります。

子供の場合、動き回ることもあり、大人よりも汗をかきやすくあります。

さらに、乳幼児でおむつを外せない時期であれば、気をつけていても、おむつの締め付け部分やその周辺にあせもができてしまうこともあります。

あせも(汗疹)は、汗が通る管(汗管)が根詰まりを起こし、その管の外に汗が漏れ出して、皮膚が炎症を起こしている状態です。

そのような”あせも”を素早く治すことができる市販薬を紹介します。

また、今回紹介する市販薬は、あせもで皮膚科(病院)を受診したときに貰うこともある薬と同じ市販薬です。

スポンサーリンク

あせもの予防方法

薬を使う前に、あせもにならないための予防法を紹介します。

予防法といっても、ごくごくありふれたことなのかもしれません。

●汗をふく・流す

●着替える

●エアコンを使用

汗をかいたら、こまめにふく。汗の量が多いときは、可能ならシャワーで洗い流す。

そして、着替える。

室内であれば、エアコンを適宜使用することなどが、一般的な予防法となるでしょう。

あせもができてしまっても、悪化しないためには、同様のことに気を配る必要があるでしょう。

あせもを素早く治すならステロイド薬

あせもによるかゆみが我慢できず、掻きむしってしまうと、傷となり、化膿してしまう可能性もあります。

大人やある程度の年齢の子供であれば、かゆみを我慢して、掻くことを控えることもできるでしょう。

しかし、乳幼児の場合、「掻くな!」と言っても、そうはいきません。

大人でかゆみを我慢できる場合であっても、やはり、素早く治すに越したことはないでしょう。

そのようなかゆみを素早く取り除きたい(治したい)ときは、ステロイド外用薬の使用を検討ください。

あせもは皮膚の炎症が原因です。

ステロイド外用薬には、かゆみ・炎症を鎮める作用があります。

一方で、ステロイド外用薬は、年齢や塗布部位によって使い分ける必要があります。

つまり、誰でもどこでも同じステロイド薬を塗って良いわけではありません。

市販されているステロイド外用薬は、”strongクラス”から”weakクラス”のものとなります。

ステロイド外用薬の使い分けについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

続いて、大人と子供の場合に分けて、ステロイド外用薬の使い分けを紹介します。

大人(中学生以上)の場合

大人(中学生以上)の場合、”strongクラス”または”mediumクラス”のステロイド外用薬の使用が目安となります。

素早く治したい場合、strongクラスのステロイド外用薬を選ぶといいでしょう。

strongクラスに分類される市販のステロイド外用薬が「ベトネベートクリームS」です。

「ベトネベート」の特徴や選び方、他ステロイド外用薬との違いなどについては、こちらの記事にまとめています。

「ベトネベート」というステロイド外用薬の違いや選び方を紹介します。処方せん用医薬品「リンデロン」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

ちなみに、「ベトネベート」は処方薬「リンデロンV(VG)」と同じ有効成分を配合した市販のステロイド外用薬です。

子供の場合(小学生以下)

子供(小学生以下)の場合、”mediumクラス”または”weakクラス”のステロイド外用薬の使用が目安となります。

素早く治したい場合、mediumクラスのステロイド外用薬を選ぶといいでしょう。

大人が使用しても問題ありませんし、症状を十分に改善してくれることも期待できます。

mediumクラスに分類される市販のステロイド外用薬が「リビメックスコーワ」です。

「リビメックスコーワ」には、軟膏剤の他に、クリーム剤・ローション剤の商品も販売されています。

あせもが広範囲にわたっている場合は、塗り広げやすいローション剤のほうが使い勝手は良いかもしれません。

「リビメックスコーワ」の特徴や選び方、他ステロイド外用薬との違いなどについては、こちらの記事にまとめています。

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

乳幼児については、「リビメックスコーワ」などよりも優しいステロイド外用薬”ヒドロコルチゾン酪酸エステル”を配合した商品を選んでも良いでしょう。

“ヒドロコルチゾン酪酸エステル”を配合した商品として、「ロコイダン」が販売されています。

「ロコイダン」の特徴や選び方、他ステロイド外用薬との違いなどについては、こちらの記事にまとめています。

市販のステロイド外用薬「ロコイダン」の特徴や使い方などを紹介します。処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販薬です。

「ロコイダン」は、処方薬である「ロコイド」と同じ有効成分を配合した市販のステロイド外用薬です。

必要であれば皮膚科を受診

数日経っても、なかなか治らない、かえって症状が悪化したなどの場合は、皮膚科を受診し、適切な処置を行ってもらいましょう。

他の疾患という場合もあるでしょう。

まとめ

ここまで、「あせもを素早く治す市販薬」について紹介してきました。

あせもは、汗が根づまりを起こしたことによって起こる、皮膚の炎症が原因です。

“あせもを素早く治す”ためには、ステロイド外用薬の使用が有効です。

ステロイド外用薬には、かゆみ・炎症を鎮める作用があります。

また、ステロイド外用薬の使用範囲は幅広く”あせも”のみならず、様々な皮膚疾患に使用できます。

例えば、”虫さされ”によるかゆみ日焼けなどに対しても使用できます。

日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

ステロイド外用薬は、上手に使えば非常に使い勝手に優れた薬です。

一家に一種類だけでも揃えておけば、何らかの場合に役立つかもしれません。

<大人のあせもに:ベトネベートクリームS>

<子供のあせもに:リビメックスコーワ>

ローション剤の商品も販売されています。

<乳幼児のあせもに:ロコイダン>

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする