【乾燥肌+かゆみに効く市販の保湿薬】「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の選び方・使い方~ヒルドイド系保湿剤~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

美容 保湿

保湿薬にかゆみ止めを配合がされており、かゆみを伴う乾燥肌への使用が最適な商品が「フェルゼア ヘパキュアクリーム」です。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」に配合されている保湿成分”ヘパリン類似物質”は、処方せん用医薬品である「ヒルドイド」と同じ有効成分です。

( ※”ヘパリン類似物質配合保湿剤”と表現するところを、便宜的に”ヒルドイド系保湿剤”と表現しています)

販売元は化粧品の大手メーカー”資生堂”です。

スポンサーリンク

刺激性がない保湿剤

保湿剤に使われる成分は、主に次の2種類です。

●ヘパリン類似物質

●尿素

“ヘパリン類似物質”は、今回紹介している「フェルゼア ヘパキュアクリーム」に配合されている保湿成分です。

“ヘパリン類似物質”と”尿素”の大きな違いは刺激性の有無です。

“ヘパリン類似物質”に刺激性はありませんが、”尿素”にはあります。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の売り文句でもある”かきこわした(かきむしった)患部”に、尿素配合保湿剤を塗ると、チリチリした刺激感を感じることがあります。

したがって、“かきこわした乾燥肌”には、ヒルドイド系保湿剤の使用が理想的と言えます。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には、かゆみ止めも配合されています。

そのため、かゆみも直接的に鎮めてもくれます。

このように、”ヘパリン類似物質”には刺激性がないので、大人でも子供でも、高齢者であっても、患部の状態も気にせず使うことができます。

続いて、”刺激性がない”具体的なメリットになります。

誰でも使える

ヘパリン類似物質には、刺激性がありません。

重ねてになりますが、子供さんからお年寄りまで誰でも使用することができます。

特に子供さんの場合、尿素のチリチリとした刺激感を嫌がる可能性もあります。

子供さんには、ヒルドイド系保湿剤のほうが適当かもしれません。

かき傷があってもチリチリしない

尿素配合保湿剤をちょっとしたかき傷に塗ると、やはり、チリチリとした刺激感を感じることがあります。

しばらくすれば、その刺激感もなくなるのですが、ヒルドイド系保湿剤であれば、その刺激感が”最初から全くない”というのはメリットとなるでしょう。

顔にも塗れます

ヒルドイド系保湿剤は、顔に塗ってもOKです。

尿素配合保湿剤が顔に適さない理由は、さんざんお伝えしているように刺激性です。

特に目の回りなどは控えたほうがいいでしょう。

ただし、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には、かゆみ止めが入っています。

本来の使用目的は、効能・効果の欄に記載があるように、

手足・体の”かゆみを伴う乾燥性皮膚炎”

への使用となるでしょう。

ヘパリン類似物質のみ配合された保湿剤として「HPクリーム・ローション」という商品があります。

“単に保湿剤として使用したい・かゆみはない”という場合は、こちらの使用が理にかなっているでしょう。

●HPクリーム・ローション

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

また、ヘパリン類似物質を配合していて、保湿化粧品の代わりとして使用できる「ヘパソフト 薬用 顔ローション」という商品も販売されています。

●ヘパソフト 薬用 顔ローション

顔の保湿化粧水代わりに「ヘパソフト 薬用 顔ローション」を使用してみてはいかがでしょうか。しっかりとした保湿作用が期待できる上、お手頃価格で購入できる商品です。

尿素配合保湿剤はいい薬

ここまで、尿素配合保湿剤の刺激性を問題点として挙げてきました。

しかし、尿素は優れた保湿剤です。

この刺激性の問題点をクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値がある薬です。

しかも、一般的にヒルドイド系保湿剤よりも安いです。

安い・よく効く優れた保湿剤が”尿素配合保湿剤”です。

当ブログでは、「ウレパール」・「パスタロン」・「ケラチナミン」といった尿素配合保湿剤についても紹介しています。

●ウレパールプラス

カサカサかゆい乾燥肌に最適な市販の保湿剤「ウレパールプラス」の特徴を紹介します。乾燥肌だけでなく、手足のひび割れにも使うことができます。

●パスタロン

尿素配合保湿剤「パスタロン」について紹介します。市販されている「パスタロン」には、各商品でちょっとした違いがあります。その違いを理解して、症状にぴったりの保湿剤を選んでください。

●ケラチナミン

尿素配合保湿剤「ケラチナミン」について紹介します。基本的には、尿素を配合した保湿剤ですが、各商品でちょっとした違いがある市販薬です。その違いを理解して、症状にぴったりの「ケラチナミン」を選んでください。

尿素配合保湿剤の名誉回復のために、一言付け加えておきます。

お風呂上がり・寝る前に塗る

用法・用量として、1日1~数回塗布とあります。

お風呂上がりに保湿剤を塗ると、最も効果的と言われています。

また、寝る前は、最も手仕事などしなくなる時間帯かと思います。

お風呂上がり・寝る前に必ず1回は塗って、残りの時間帯にタイミングを見計らって塗られてみてください。

しもやけ・日焼けにも有効

効能・効果には、(かゆみを伴う)乾燥性皮膚炎のみ記載があります。

“ヘパリン類似物質”そのものにも、血行促進作用があります。

さらに、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には、”トコフェロール酢酸エステル”という血行促進薬も配合されています。

乾燥肌に伴うかゆみに有効なことはもちろんのこと、しもやけなど血行不良が原因の疾患にも有効だろうと考えます。

さらに、”ヘパリン類似物質”には炎症を鎮める作用(抗炎症作用)もあります。

日焼け(=紫外線による肌の炎症)を負ってしまうと、肌がダメージを受けて、乾燥肌などの肌トラブルを起こすことがあります。

日焼けによる肌トラブルに抗炎症作用もある”ヒルドイド系保湿剤”の使用は理にかなっているということができます。

気付かないうちに紫外線により、肌はダメージを受けています。目に見える形で肌荒れ・乾燥肌といった肌トラブルを引き起こします。日焼け(紫外線)による肌荒れ・乾燥肌に最適な保湿剤を紹介します。

そして、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には”かゆみ止め”も配合されています。

日焼けが原因で肌にかゆみを感じることもあります。

このようなとき、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の使用はなお良いと言えます。

フェルゼア ヘパキュアクリームまとめ

ここまで、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の特徴や選び方について紹介しました。

ヒルドイド系保湿剤である「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には、刺激性がありません。

刺激性がないので、子供さんからお年寄りまで誰でも使用できます。

同時に、かきこわした(かきむしった)患部にも使用できます。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」には、かゆみ止めも配合されています。かきこわした乾燥肌には、最適な市販薬ということができます。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」基本情報

最後になりましたが、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の有効成分や効能・効果などを紹介します。

かきこわし乾燥肌治療薬として、メーカー側は販売しています。

保湿剤 かゆみ止め フェルゼア ヘパキュアクリーム<有効成分>

・ヘパリン類似物質(保湿薬)

・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

・アラントイン(組織修復薬)

・トコフェロール酢酸エステル(血流改善薬)

<効能・効果>

かゆみを伴う乾燥性皮膚炎

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする