【市販薬】鼻炎・花粉症薬の選び方からオススメの一品までを紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり

当ブログで紹介した鼻炎・花粉症薬の中から、選ぶポイントやオススメの一品を紹介します。

スポンサーリンク

眠くなりにくい鼻炎・花粉症薬

鼻炎・花粉症薬を服用するにあたって、気がかりな副作用は”眠気”かと思います。

鼻炎・花粉症症状を抑える”抗ヒスタミン薬”は次の3種類に分類されます。

①非鎮静性抗ヒスタミン薬

②軽度鎮静性抗ヒスタミン薬

③鎮静性抗ヒスタミン薬

眠くなりにくい鼻炎・花粉症薬を服用したい場合には”非鎮静性抗ヒスタミン薬”を選ぶ必要があります。

非鎮静性抗ヒスタミン薬に分類される市販薬は、もともと処方せん用医薬品として使用されていたものです(スイッチOTC)

眠くならない、眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬を選ぶポイントを紹介します。"眠くならない"という点では「アレグラFX」と「クラリチンEX」が第一選択肢となります。

当ブログで紹介した非鎮静性抗ヒスタミン薬を配合する商品は、次のようなものです。

①フェキソフェナジン:アレグラFX

②エピナスチン:アレジオン20

③エバスチン:エバステルAL

④セチリジン:ストナリニZ・コンタック鼻炎Z

※鎮静度合いが小さい順になります。

①フェキソフェナジン:アレグラFX

最も鎮静度合いが小さいと考えられる商品が「アレグラFX」です。

眠くなりにくく、口の渇きも少ない上、車の運転もできる市販の花粉症・鼻炎薬「アレグラFX」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「アレグラ」と同じ有効成分を同じ成分量で配合した市販薬です。

②エピナスチン:アレジオン20

「アレグラFX」に次いで鎮静度合いが小さいと考えられる商品が「アレジオン20」です。1日1回の服用で効果が1日持続します。

処方薬と同量のエピナスチンを配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「アレジオン20」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。

③エバスチン:エバステルAL

「エバステルAL」は3番目に鎮静度合いが小さいとされます。1日1回の服用で効果が1日持続します。

処方薬「エバステル」と同じ有効成分"エバスチン"を同量配合した眠くなりにくい処方薬「エバステル」と同じ有効成分"エバスチン"を配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「エバステルAL」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。

④セチリジン:ストナリニZ・コンタック鼻炎Z

「ストナリニZ・コンタック鼻炎Z」は、この中では4番目に鎮静度合いが小さいとされます。1日1回の服用で効果が1日持続します。

2商品ともに同じ有効成分”セチリジン”を配合している商品です。

眠くなりにくく、口の渇きも少ない市販の花粉症・鼻炎薬「ストナリニZ」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「ジルテック」と同じ市販薬でもあります。

鼻づまりがつらいときは点鼻薬

上述した抗ヒスタミン薬は、眠気(・口渇)などの副作用は少なく、しっかりした効果が望める薬です。

抗ヒスタミン薬は”くしゃみ・鼻みず”に対しては抜群に効果が期待できます。

しかし、鼻づまりに対しては、それらに比べると、比較的弱いとされています(ゼロでは決してありません)

鼻づまりがつらいときには、鼻づまりを改善する点鼻薬の使用を検討ください。

●コールタイジン点鼻液

鼻づまり(鼻閉)を素早く改善する市販の点鼻薬「コールタイジン点鼻液」について紹介します。抗ヒスタミン薬との併用も可能で、鼻づまり時に1日6回まで使用できる点鼻薬です。

●パブロン点鼻

「パブロン点鼻」シリーズの違いと選び方、それを踏まえた使い分けなどについて紹介します。

鼻炎・花粉症薬オススメの一品

当ブログで紹介した鼻炎・花粉症薬の中から、私見ですが、オススメの一品を選定いたしました。

当ブログで紹介した鼻炎・花粉症薬の中から、オススメの一品を紹介します。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする