【乾燥肌対策】市販の保湿剤の選び方からオススメの一品までを紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

美容 保湿

数多くの保湿剤が販売されています。

その中から、最適な保湿剤を選び出すことは一苦労かもしれません。

当記事では、数ある保湿剤の中から、症状に合わせた保湿剤を選ぶ手順やオススメの一品を紹介します。

スポンサーリンク

ヒルドイド系or尿素

保湿剤に使用される成分は、主に次の2成分です。

●ヘパリン類似物質:刺激性なし

●尿素:刺激性あり

※ヘパリン類似物質配合保湿剤を簡易的に”ヒルドイド系保湿剤”と表現しています。

この2成分の大きな違いは刺激性の有無です。

ヘパリン類似物質には刺激性があって、尿素には刺激性がありません。

どちらの成分を選ぶと良いかは、こちらの記事で紹介しています。

保湿剤には「尿素」配合の商品と「ヒルドイド系」の商品が販売されています。どちらも優れた保湿剤ですが、どちらを選べばより良いか紹介しています。

ヒルドイド系保湿剤

「HPクリーム・ローション」は、ヘパリン類似物質のみを配合した保湿剤です。

刺激性がないので、子供から高齢者まで、皮膚の状態を気にせずに使用することができます。

「HPクリーム」の特徴や選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

「ヒルドイド」と同じ市販薬ということで、こちらの記事にまとめました。

処方薬の保湿剤「ヒルドイド」と同じ有効成分"ヘパリン類似物質"を配合している市販薬をまとめます。

かゆみありの乾燥肌に「ヘパキュアクリーム」

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」は、ヘパリン類似物質にかゆみ止め成分を配合した商品です。

乾燥肌で、かゆみもある方に最適です。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の特徴や選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

かゆみを伴う乾燥肌に最適な商品「フェルゼア ヘパキュアクリーム」を紹介します。赤ちゃんから高齢者まで安全に使用することができる保湿剤です。「ヒルドイド」と同じ保湿薬を配合した市販薬です。

頑固でしつこい乾燥肌に「ヒシモア」

頑固でしばしばぶり返す、しつこい乾燥肌には「ヒシモア」です。

「ヒシモア」には保湿成分”ヘパリン類似物質”に加えて、皮脂の分泌を促進する作用がある”γ-オリザノール”が配合されています。

乾燥肌は肌表面のバリア機能を果たす”皮脂”が欠乏した状態、ということもできます。

「ヒシモア」は、そのような皮脂分泌が衰えた”皮脂枯れ(乾燥)肌”を治す保湿剤として販売されています。

「ヒシモア」の詳しい特徴や選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

しつこい・頑固な乾燥肌(皮脂枯れ肌)に効く保湿剤「ヒシモア」を紹介します。顔に塗ることもでき、赤ちゃんから年配の方まで、安全に使用できる保湿剤です。

保湿化粧水の代用品「ヘパソフト 薬用顔ローション」

“ヘパリン類似物質”は優れた保湿薬の上、刺激性もないので顔に塗ることもできます。

保湿化粧水代わりにも使用できる「ヘパソフト 薬用 顔ローション」という商品が販売されています。

顔の保湿化粧水代わりに「ヘパソフト 薬用 顔ローション」を使用してみてはいかがでしょうか。しっかりとした保湿作用が期待できる上、お手頃価格で購入できる商品です。

尿素配合保湿剤

「パスタロン」・「ケラチナミン」といった商品は、有効成分に”尿素”を配合した保湿剤です。

尿素配合の保湿剤は刺激性は多少あるものの、保湿作用は確かなものがあります。

その上、ヒルドイド系保湿剤よりも安く、手が届きやすい保湿剤でもあります。

塗りたい箇所にかき傷などがなければ、尿素配合保湿剤の使用もOKです。

いくらか刺激性を感じても、一般的には、そのうち(数分)感じなくなります。

「パスタロン」・「ケラチナミン」の特徴や選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

尿素配合保湿剤「パスタロン」について紹介します。市販されている「パスタロン」には、各商品でちょっとした違いがあります。その違いを理解して、症状にぴったりの保湿剤を選んでください。
尿素配合保湿剤「ケラチナミン」について紹介します。基本的には、尿素を配合した保湿剤ですが、各商品でちょっとした違いがある市販薬です。その違いを理解して、症状にぴったりの「ケラチナミン」を選んでください。

かゆみありの乾燥肌に「ウレパールプラス」

「ウレパールプラス」は、尿素にかゆみ止め成分を配合した保湿剤です。

乾燥肌で、かゆみもある方に最適です。

「ウレパールプラス」の特徴や選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

カサカサかゆい乾燥肌に最適な市販の保湿剤「ウレパールプラス」の特徴を紹介します。乾燥肌だけでなく、手足のひび割れにも使うことができます。

保湿剤オススメの一品

数ある保湿剤の中から、オススメの一品を選び出すのであれば「HPクリーム・ローション」をオススメします。

オススメするというよりも、

「HPクリーム・ローション」を基準に保湿剤選びをしてみると選びやすいのではないか

という意味合いでオススメと表現しました。

当ブログで紹介した保湿剤の中から、オススメの一品を紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする