【市販薬】痛み止めの選び方からオススメの一品までを紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

頭痛

当ブログで紹介した痛み止めの中から、選ぶポイントやオススメの一品などについて紹介します。

スポンサーリンク

鎮痛薬成分は6種類

市販薬として使用されている鎮痛薬の成分は、おおよそ以下6種類です。

①ロキソプロフェン

②イブプロフェン

③イソプロピルアンチピリン

④エテンザミド

⑤アセチルサリチル酸(アスピリン)

⑥アセトアミノフェン

鎮痛効果の強弱についても、上述した順番になります(ロキソプロフェンが最も鎮痛効果が高い)

①ロキソプロフェン

市販されている薬の中で、最も鎮痛効果が期待できる成分です。

“ロキソプロフェン”が配合されている商品で最も代表的な商品が「ロキソニンS」です。

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

②イブプロフェン

ロキソプロフェンの次に鎮痛効果が期待できる成分が”イブプロフェン”です。

痛み止めだけでなくかぜ薬にも、しばしば配合されています。

イブプロフェンが配合されている代表的な痛み止めは「イブ」です。

頭痛・生理痛などに効く市販の痛み止め「イブ」シリーズの違いや選び方、強さなどについて紹介します。

③イソプロピルアンチピリン

“イソプロピルアンチピリン”単独の商品は、私が紹介した商品の中にはありません。

他の鎮痛薬成分と組み合わせて使われるのが多いようです。

④エテンザミド

“エテンザミド”を配合している代表的な商品は「セデス」・「ノーシン」です。

頭痛・生理痛に効く市販の痛み止め「セデス」シリーズの種類ごとの違いや選び方・選ぶポイントなどを紹介します。
頭痛・生理痛・発熱などに効く市販の痛み止め「ノーシン」シリーズの違いや選び方・強さなどについて紹介します。

⑤アセチルサリチル酸(アスピリン)

アセチルサリチル酸(アスピリン)を配合している代表的な商品は「バファリン」です。

頭痛・生理痛などに効く市販の痛み止め「バファリン」全種類の違いや選び方、強さなどについて紹介します。

⑥アセトアミノフェン

ここで挙げた成分の中で、鎮痛効果は最も低いと考えられます。

しかし、安全性はNo.1です。

鎮痛効果は弱いとされますが、決してゼロではありません。

アセトアミノフェンも痛み止めだけでなくかぜ薬にも、しばしば配合されています。

アセトアミノフェン単一の商品として「タイレノールA」があります。

安全に使用できる市販の解熱鎮痛薬「タイレノールA」の特徴や選び方、他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

痛み止めオススメの一品

当ブログで紹介した痛み止めの中から、私見ですが、痛み止めオススメの一品を選びました。

数ある痛み止めの中から、よく効く痛み止めを探し出すのは一苦労です。当ブログで紹介した痛み止めの中からオススメの一品を紹介します。

まとめと一口メモ

ここまでを一言でまとめると次のようになるかと考えます。

●ロキソニンS:鎮痛効果No.1

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

●タイレノールA:安全性No.1

安全に使用できる市販の解熱鎮痛薬「タイレノールA」の特徴や選び方、他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

一口メモとして、他商品と多少異なる特徴を持つ商品を紹介します。

●イブメルト:水なしでも服用可

頭痛・生理痛などに効く市販の痛み止め「イブ」シリーズの違いや選び方、強さなどについて紹介します。

●バファリンルナJ:お子さんでも服用可(7歳~)

「バファリンルナ」シリーズの違いや選び方、その他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする