【のどの痛みに】市販薬「桔梗湯」の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

のどの痛みや炎症(赤み)に使用する市販薬として、漢方薬「桔梗湯」があります。

その「桔梗湯」の特徴や選び方について紹介します。

漢方薬は体質に合えば抜群に効いてくれます。

スポンサーリンク

「桔梗湯」基本情報

“のどが痛む・腫れた”というときに効果が期待できる商品が桔梗湯です。

<効能・効果>

のどが腫れて痛む症状(扁桃腺・扁桃周囲炎)

<用法・用量>

1日2回食前に、以下の用量を服用

・15歳以上:1回1包

・7歳以上15歳未満:1回2/3包

・4歳以上7歳未満:1回1/2包

・2歳以上4歳未満:1回1/3包

・2歳未満:服用NG

のどが腫れたら桔梗湯

桔梗湯は2種類(キキョウ、カンゾウ)の生薬で構成された漢方薬です。

キキョウは去痰(痰切り)・排膿(膿を出す)作用も持ち、カンゾウは喉の炎症を和らげてくれる作用を持っています。

のどの薬としても有名な龍角散にも桔梗湯の成分が配合されています。龍角散の場合、さらに4種類の生薬が配合されています。

●龍角散

一時期、中国人の爆買いでも有名になった「龍角散」です。「龍角散」はせき・痰などの、のどの症状に効果がある生薬由来の市販薬です。

顆粒商品の他にトローチ商品も販売されています。

喉が痛くてつらいという方は、桔梗湯を服用してみても良いかと思います。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする