【口内炎に効く塗り薬】「ケナログ」と同じ市販薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

歯痛 口内炎

口内炎に使用される処方せん用医薬品(処方薬)が「ケナログ」です。

処方薬「ケナログ」と同じ有効成分を配合した商品が市販薬として販売されています。

当記事では、「ケナログ」と同じ有効成分を配合した市販薬を紹介します。

スポンサーリンク

「ケナログ」と同じ市販薬

「ケナログ」には、有効成分として”トリアムシノロンアセトニド”が配合されています。

口内炎は、口腔粘膜や舌などが炎症を起こした疾患です。

この炎症を鎮めることを目的とした治療薬が「ケナログ」です。

「ケナログ」の有効成分”トリアムシノロンアセトニド”はステロイド薬です。

ステロイド薬には、患部の炎症を鎮める作用があります。

「ケナログ」と同じ有効成分を配合した市販薬として、次のような商品が販売されています。

・ケナログA口腔用軟膏(2018年6月で販売中止)

・トラフル軟膏PROクイック

・口内炎軟膏大正クイックケア

ケナログA口腔用軟膏

商品名もほぼ同じです。

口内炎ができた患部に直接塗り付けてください。

処方薬・市販薬ともに、2018年6月をもって、「ケナログ」の販売が中止されます。

処方薬に関しては、2019年3月(予定)までは手に入れることができますが、それ以降はできなくなります。

市販薬に関しては、購入先の在庫がなくなり次第、購入もできなくなるのでしょう。

市販薬においては、「トラフル軟膏PROクイック」や「口内炎軟膏大正クイックケア」などの代替品があります。

トラフル軟膏PROクイック

市販されている口内炎治療薬として、商品名を最も耳にする機会が多い商品でしょうか。

「トラフル軟膏PROクイック」も「ケナログ」と同じ有効成分”トリアムシノロンアセトニド”を配合した商品です。

「トラフル軟膏PROクイック」も「ケナログ」と同様、口内炎ができた患部に直接塗り付けてください。

口内炎軟膏大正クイックケア

市販品の「ケナログA口腔用軟膏」も販売中止となるとのことなので、もう1種類”フルオシノロンアセトニド”を配合した市販薬を紹介しておきます。

それが「口内炎軟膏大正クイックケア」です。

「口内炎軟膏大正クイックケア」もやはり、口内炎ができた患部に直接塗り付ける薬となります。

“貼る”口内炎治療薬

口内炎治療薬には、”塗る”治療薬の他に、”貼る”治療薬も販売されています。

市販されている貼るタイプの口内炎治療薬である「トラフルダイレクト」と「アフタッチA」について紹介します。

配合されている有効成分は全く同じです。

違いは、塗るか貼るかです。

塗る口内炎治療薬は、患部に塗るだけなので、使用方法は貼るタイプのものより簡単です。

ただし、塗るタイプの商品には、ベトつくといった使用感の点で難点があります。

ベトつきが気になる方は、貼るタイプの治療薬を選んでください。

“飲む”口内炎治療薬

口内炎治療薬のベースは、塗るタイプ・貼るタイプの薬になろうかと考えています。

一方で、”飲む”口内炎治療薬も販売されています。

市販されている飲むタイプの口内炎治療薬として「トラフル錠」と「チョコラBBプラス」を紹介します。「トラフル錠」は口内炎の治療薬、「チョコラBBプラス」は予防薬として用いられます。

有効成分は異なるものの、塗る・貼るタイプの治療薬同様、炎症を鎮める抗炎症作用がある成分が配合されています。

口内炎の予防策

口内炎の原因ははっきり分かっていません。

原因の1つとして、ビタミン不足(特にビタミンB2)が指摘されてはいます。

市販のビタミン剤として、「チョコラBBプラス」などが販売されています。

日常生活における口内炎予防策として、次のようなことが指摘されています。

・規則正しい生活

・バランスの取れた食事

・タバコ・アルコールなどの刺激物を避ける

・口腔内を清潔に保つ

口内炎がしばしばできる方は、生活習慣の見直しも含めて対策を立ててみてください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする