【赤ちゃんにも使えるステロイド市販薬】「ロコイダン」の選び方・使い方~ロコイドと同じ市販薬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

市販のステロイド外用薬である「ロコイダン」について紹介します。

市販薬「ロコイダン」は、処方せん用医薬品である「ロコイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

スポンサーリンク

かゆみ・炎症を鎮める

ステロイド外用薬には“かゆみ・炎症(赤み)”を鎮める作用があります。

そのため、虫さされ、かゆみを伴う湿疹・かぶれ(=接触皮膚炎)などに使用します。

「ロコイダン」には、軟膏とクリーム2剤形が販売されています。

虫さされ以外にも、あせもなどの肌トラブルにも使用できます。

特に、子供のあせもに対して最適なステロイド外用薬かと考えます。

大人も子供も汗をかくとあせもになることがあります。素早くあせもを治すことができる市販薬「ステロイド外用薬」を中心に紹介します。

ステロイド外用薬は、誰でもどこでも塗って良いというわけではありません。

ステロイド外用薬は年齢や塗布部位に応じて、強さが異なる商品を使い分ける必要があります。

皮膚からの吸収性が異なっているからです。

ステロイド外用薬の全般的な選び方・使い方、強さ(効力)などについては、こちらの記事にまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

子供から大人まで使える

ステロイド外用薬は年齢や塗布部位に応じて、商品を使い分ける必要がある

と上述しました。

「ロコイダン」はmediumクラス(5段階中下から2番目)の強さに分類されるステロイド薬です。

mediumクラスの中においても、比較的優しいランクのステロイド薬となります。

そのため、子供から大人まで全身に使用できるステロイド薬です。

「ロコイダン」は、年齢や塗布部位を気にせず使用できる(使い分ける必要がない)点で、使い勝手に優れているステロイド薬と言うことができます。

顔もOK

子供から大人まで全身に使用できると上述しました。

つまり、顔に塗っても問題ありません。

「ロコイダン」よりも強いステロイド薬を、顔のようなステロイド吸収性が高まる部位には、一般的に使用しません。

処方薬「ロコイド」と同じ市販薬

「ロコイダン」に配合されているステロイド薬”ヒドロコルチゾン酪酸エステル”は、処方せん用医薬品(処方薬)としても使用されています。

“ヒドロコルチゾン酪酸エステル”を配合している代表的な処方薬が「ロコイド」です。

つまり、「ロコイダン」は処方せん用医薬品「ロコイド」と同じような市販薬となります。

処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販のステロイド外用薬を紹介します。子供でも使用できるステロイド外用薬です。

まとめ

ここまで、「ロコイダン」の特徴や選ぶポイントなどについて紹介してきました。

「ロコイダン」は、処方せん用医薬品「ロコイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

「ロコイダン」の有効成分である”ヒドロコルチゾン酪酸エステル”は、mediumクラスのステロイド薬です。

mediumクラスの中において、比較的弱いランクのステロイド薬となるので、子供から大人まで全身に使用することができます。

かゆみ・炎症(赤み)が気になるときには、「ロコイダン」の使用を検討ください。

「ロコイダン」基本情報

最後になりましたが、「ロコイダン」の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分>

ヒドロコルチゾン酪酸エステル

<効能・効果>

湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん、あせも

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする