【1日2回の服用で効く風邪薬】「ルルアタックTR」の違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

風邪 頭痛

1日2回の服用で効く市販のかぜ薬「ルルアタックTR」の特徴と選び方、その他の商品との違いなどについて紹介します。

スポンサーリンク

なぜ1日2回で効くのか?

数多くのかぜ薬が市販されています。その多くは、1日3回服用となります。

なぜ、「ルルアタックTR」は1日2回の服用で効くのか?

「ルルアタックTR」の添付文書には、次のように記載があります。

溶け方の異なる2種類の顆粒を配合した「Time-Release(タイムリリース)テクノロジー」により、1日2回の服用でイブプロフェンの効果が持続し、のどの痛みをおさえ、熱を下げます。

※「ルルアタックTR」添付文書参照

先に溶け出し、すぐに効く”速溶性顆粒”、後から溶けて、時間差で効く”遅溶性顆粒”という異なる2種類の顆粒が配合されています。

解熱鎮痛薬(熱さまし・痛み止め)”イブプロフェン”の効果持続を目的として製剤化された商品が「ルルアタックTR」ということが分かるかと思います。

この異なる2種類の顆粒が配合されていることが、服用回数が1日2回で済む答えとなります。

1日2回服用タイプなので、朝飲めば夜まで、夜飲めば朝まですぐれた効き目が持続します。

●昼間によく飲み忘れる

●忙しくて昼間は飲めない

といった方に最適なかぜ薬です。

余談になりますが、「ルルアタックTR」という商品名にある”TR”は”Time-Release”の頭文字があてられているのだろうと思います。

他の「ルルアタック」シリーズとの違いと選び方

「ルルアタック」シリーズには、「ルルアタックTR」の他にも以下3種類の商品が販売されています。

・ルルアタックEX

・ルルアタックNX

・ルルアタックFXa

「ルルアタック」シリーズの違いや選び方の詳細については、こちらの記事にまとめています。

市販の風邪薬「ルルアタック」シリーズの有効成分・効果の違いや選び方、「ルルA」シリーズとの使い分けなどを紹介します。

「ルルアタックTR」と他3種類の「ルルアタック」の大きな違いは、「ルルアタックTR」の売りでもある”服用回数“です。

「ルルアタックTR」の服用回数は1日2回ですが、他の「ルルアタック」の服用回数は1日3回となります。

有効成分にも多少の違いはあり、得意とする”かぜ症状”も商品によって異なります。

つらい”かぜ症状”の種類によっては、「ルルアタックTR」以外の「ルルアタック」シリーズから選んだ場合がいいこともあるでしょう。

細かな違いや選び方については、先に紹介した記事をご覧ください。

「ルルアタックTR」基本情報

最後になりましたが、「ルルアタックTR」の有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分(2錠中)>

・イブプロフェン:200mg

・d-クロルフェニラミン:1.75mg

・ヨウ化イソプロパミド:2.5mg

・デキストロメトルファン:24mg

・dl-メチルエフェドリン:30mg

・グリチルリチン酸:13mg

・無水カフェイン:37.5mg

<効能・効果>

かぜの諸症状(のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、発熱、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法・用量>

・15歳以上:1日2回、朝・夕食後に1回2カプセル服用

・15歳未満:服用NG

15歳未満の子供さんでも服用できる「ルルA」シリーズの違いや選び方、「ルルアタック」シリーズとの違いなどについてはこちらの記事にまとめています。

市販の風邪薬「ルルA」シリーズの有効成分・効果の違いを徹底的に比較し、「ルルA」の正しい選び方、注意すべき副作用などを紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする