市販の風邪薬「新ルルA」シリーズの費用対効果を考える~有効成分の違いと価格を比較~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

市販の風邪薬としてメジャーブランドである「新ルルA」シリーズの有効成分の違いと価格を比較し、「新ルルA」の費用対効果を考えてみます。

今回は以下3商品の「新ルルA」シリーズを比較します。

・新ルルAゴールドDX

・新ルルAゴールドs

・新ルル-A錠s

ここで紹介する「新ルルA」シリーズ3商品はともに、12歳から服用できる市販の風邪薬となります。

スポンサーリンク

「新ルルA」の有効成分を比較

まずはじめに、「新ルルA」に配合されている有効成分を比較します。

上記3商品の「新ルルA」に配合されている有効成分の違いや役割は次の通りです。

 

新ルルAゴールドDX

(3錠中)

新ルルAゴールドs

(3錠中)

新ルル-A錠s

(3錠中)

発熱 アセトアミノフェン 300mg 300mg 300mg
せき ジヒドロコデイン 8mg 8mg 8mg
ノスカピン 16mg 16mg
dl-メチルエフェドリン 20mg 20mg 20mg
たん ブロムヘキシン 4mg 4mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 80mg
のどの炎症 トラネキサム酸 140mg
くしゃみ・鼻水 クレマスチン 0.33mg 0.33mg 0.33mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.1mg 0.1mg
鎮痛補助薬 無水カフェイン 20mg 25mg 25mg
ビタミンB ベンフォチアミン 8mg 8mg 8mg
服用対象年齢 12歳から服用可能

有効成分に多少の違いはあるものの、どの「新ルルA」シリーズの風邪薬であっても、”ねつ・のど(せき・たん)・はな”といった一般的な風邪症状にはまんべんなく効果が期待できます。

上記「新ルルA」シリーズ3商品の特徴を簡単に挙げると次のようになります。

・新ルルAゴールドDX

→のどの炎症(赤み・痛み)に対応

・新ルルAゴールドs

→スタンダードな新ルルA

・新ルル-A錠s

→熱・せき症状中心の風邪に対応(はな症状への効果は他2商品より弱い可能性)

そして、「新ルルA」シリーズは3商品ともに、12歳から服用することが可能です。

続いて、「新ルルA」シリーズの費用を比較します。

「新ルルA」シリーズの費用比較

小売店の販売価格は、販売先でまちまちでしょうから、メーカー希望小売価格(税別)で比較します。

新ルルAゴールドDX

「新ルルAゴールドDX」には、錠剤の商品と粉薬(散薬)の商品が市販されています。

また、錠剤の商品の中には、PTP包装で1錠ずつ個包装されている商品も販売されています。

PTP包装の商品のメリットは、薬と空気の接触を防ぐことで湿気や、紫外線などから薬を守り、さらなの、清潔な状態で長期間保つことができる、という点にあります。

それでは、「新ルルAゴールドDX」の費用比較です。

  包装単位 メーカー希望小売り価格

15歳以上

(1日量:”9錠・3包”あたりの費用)

12歳以上15歳未満

(1日量:”6錠・2包”あたりの費用)

錠剤 30錠 1,000円 300円 200円

45錠

(PTP包装)

1,400円 280円 187円
60錠 1,700円 255円 170円
90錠 2,200円 220円 147円

粉薬

(散薬)

10包 1,000円 300円 200円
20包 1,700円 255円 170円

※小数点以下は四捨五入

包装単位が大きくなればなるほど、割安で購入することができます。

風邪薬の服用期間は一般的には、1週間程度でしょうから、15歳以上:1日9錠服用であれば、「新ルルAゴールドDX」の場合、60錠包装(または20包包装)を基本に購入を検討すべきでしょうか。

錠剤の服用が苦手な方などは粉薬(散薬)の服用を検討ください。

新ルルAゴールドs

「新ルルAゴールドs」は錠剤の商品のみの販売となっています。

包装単位 メーカー希望小売り価格

15歳以上

(1日量:9錠あたりの費用)

12歳以上15歳未満

(1日量:6錠あたりの費用)

30錠 880円 264円 176円
65錠 1,680円 233円 155円
100錠 2,280円 205円 137円

※小数点以下は四捨五入

「新ルルAゴールドDX」と同じく、包装単位が大きくなればなるほど、割安で購入することができます。

1週間程度を服用期間(“15歳以上:1日9錠服用”の場合)と考えて、「新ルルAゴールドs」の65錠包装を購入するとすれば、「新ルルAゴールドDX」より割安ということになります。

新ルル-A錠s

「新ルル-A錠s」は錠剤の商品のみの販売となっています。

包装単位 メーカー希望小売り価格

15歳以上

(1日量:9錠あたりの費用)

12歳以上15歳未満

(1日量:6錠あたりの費用)

50錠 1,500円 270円 180円
100錠 2,450円 220.5円 147円
150錠 3,100円 186円 124円

「新ルルAゴールドDX」や「新ルルAゴールドs」と同じく、包装単位が大きくなればなるほど、割安で購入することができます。

「新ルルAゴールドDX」や「新ルルAゴールドs」は服用期間を1週間と考えてちょうどよい包装がありましたが、「新ルル-A錠s」は他2商品に比べると中途半端です。

50錠包装であれば約5日分(“15歳以上:1日9錠服用”の場合)、100錠包装であれば約11日分となります。

風邪が想定より長引く可能性や不測の使用を考えた場合、少し余裕を持たせた100錠包装の「新ルル-A錠s」を買っておいたほうが安心でしょうか。

「新ルル-A錠s」は、この3商品の「新ルルA」シリーズの中にあって、最も割安で手に取ることができる商品となります。

「新ルルA」シリーズの費用対効果

ここまで、「新ルルA」シリーズ以下3商品の有効成分や1日分の服用費用などを比較してきました。

・新ルルAゴールドDX

・新ルルAゴールドs

・新ルル-A錠s

1週間程度の服用期間を考えたときの費用面をシビアに比較すれば、最も割安な商品は「新ルル-A錠s」です。

続いて、安い順に「新ルルAゴールドs」「新ルルAゴールドDX」となります。

<費用面の比較>

☆最安:新ルル-A錠s

2番目:新ルルAゴールドs

3番目:新ルルAゴールドDX

しかし、費用は安くても効果がないのでは本末転倒です。

とは言っても、上述しているように、どの「新ルルA」シリーズの風邪薬であっても、”ねつ・のど(せき・たん)・はな”といった一般的な風邪症状にはまんべんなく効果が期待できます。

そんな中、「新ルルA」シリーズの有効成分の違いから、3商品の特徴を次のように上述しました。

・新ルルAゴールドDX

→のどの炎症(赤み・痛み)に対応

・新ルルAゴールドs

→スタンダードな新ルルA

・新ルル-A錠s

→熱・せき症状中心の風邪に対応(はな症状への効果は他2商品より弱い可能性)

「新ルル-A錠s」は最も割安ではあるものの、”はな”症状に対する有効成分が1種類である上、一般的に成人に使う量としては少量です。

そのため、「熱・せき症状中心の風邪に対応」と記載しました。

「新ルルAゴールドs」は、鼻水などの”はな”症状に有効な成分(ベラドンナ総アルカロイド)を「新ルル-A錠s」に追加した商品です。

「新ルルAゴールドs」は「新ルル-A錠s」の手薄な部分を補った商品ですので、効果の面では「新ルルAゴールドs」が基準となるように感じます。

また、費用面においても、「新ルル-A錠s」と大差ありません。

・新ルルAゴールドs:65錠包装価格→1,680円

1錠あたり:25.8円

・新ルル-A錠s:100錠包装→2,450円

1錠あたり:24.5円

費用面をシビアに比べれば割安な商品は「新ルル-A錠s」ですが、「新ルルAゴールドs」との価格差は「1錠あたり1円」ほどです。

したがって、費用対効果という点で考えると、「新ルルAゴールドs」が最も優れていると私は考えています。

風邪が想定より長引く可能性や不測の使用を考えて、少し余裕を持たせたい方は、100錠包装の「新ルルAゴールドs」も市販されています。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする