【かぜ薬】「ルルアタックCX」の違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

「夜も眠れない、しつこいせきのカゼに速攻」といううたい文句で販売されている「ルルアタックCX」について、他の「ルルアタック」シリーズと比較しながら、その特徴や違い、選び方などを紹介します。

スポンサーリンク

「ルルアタックEX」と「ルルアタックCX」とを比較

「ルルアタック」シリーズの商品のひとつである「ルルアタックEX」と比較しながら、「ルルアタックCX」の特徴や選び方などについて考えてみます。

   

ルルアタックEX

(2錠中)

ルルアタックCX

(2錠中)

痛み・発熱 イブプロフェン 150mg 150mg
鼻水 クレマスチン 0.33mg
d-クロルフェニラミン 1.17mg
たん ブロムヘキシン 4mg
カルボシステイン 250mg
咳止め ジヒドロコデイン 8mg 8mg
ノスカピン 16mg
気管支拡張薬 dl-メチルエフェドリン 20mg 20mg
抗炎症薬 トラネキサム酸 250mg
グリチルリチン酸 13mg
鎮痛補助薬 無水カフェイン 25mg
ビタミン剤 ビタミンB1 8.33mg 8.33mg
ビタミンB2 4mg

代表的なかぜの諸症状である、熱や痛み(頭痛・関節痛)・のど(せき・たん)・鼻(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)、に対して有効な成分はどちらの商品にも配合されています。

したがって、どちらを服用しても、ある程度は風邪症状を抑えてくれます。

しかし、有効成分が少しずつ異なっており、特に有効となるかぜの症状が商品ごとに異なります。

「ルルアタックCX」には咳止めが2種類

「夜も眠れない、しつこいせきのカゼに速攻」とうたっているだけあって、「ルルアタックCX」には、咳止めの役割を果たす成分が”ジヒドロコデイン”・”ノスカピン”と2種類配合されています。

この点において、「ルルアタックCX」は「何とか咳を止めたい」方にうってつけの市販薬ということになります。

「ルルアタック」は他にもあり

「ルルアタック」シリーズには、「ルルアタックCX」の他にも4種類販売されています。

・ルルアタックEX

・ルルアタックNX

・ルルアタックFXa

・ルルアタックIR

「ルルアタックCX」も含め、簡単に特徴(どのような症状によく効くのか)をまとめておきます。

<「商品名」:特徴>

・ルルアタックEX:のどの痛み

・ルルアタックNX:鼻水

・ルルアタックCX:せき

・ルルアタックFXa:熱

・ルルアタックIR:1日2回の服用

「ルルアタック」シリーズの詳細な違いや特徴、それを踏まえた使い分けなどについてはこちらにまとめています。

市販の風邪薬「ルルアタック」シリーズの有効成分・効果の違いや選び方、「ルルA」シリーズとの使い分けなどを紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする