【手湿疹に効く市販薬】「メンソレータム メディクイック軟膏R・クリームS」の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

手湿疹 メディクィック

“かゆくてつらい手湿疹に効く”と謳われている「メンソレータム メディクイック」の特徴や選び方・選ぶポイントについて紹介します。

「メンソレータム メディクイック」は、軟膏とクリーム2種類の剤形で販売されています。

スポンサーリンク

そもそも手湿疹とは?

そもそも手湿疹とは何なのか?

メーカーホームページによると、

炎症が原因で手全体にかゆみ・赤み・かぶれ・皮むけが生じる症状のこと

とあります。

炎症が原因

メーカーのホームページにあるように、手湿疹の原因は“手の炎症”です。

炎症を起こす原因に次のようなことが挙げられます。

●お湯や洗剤・シャンプーと頻繁に接触(主婦・美容師などに多い)

●パソコンなどのタイピング

これらの刺激により、手の皮脂が取れて、バリヤー機能が働かずに手湿疹(炎症)を引き起こすと考えられています。

皮脂は、外部からのバリヤー機能を果たしています。

ちなみに、手湿疹は別名”主婦手湿疹”とも言われます。

炎症を鎮める

手湿疹の原因は炎症です。

つまり、手湿疹を治すためには、炎症を鎮める必要があります。

「メンソレータム メディクイック」には、炎症を鎮める”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”が配合されています。

その他の有効成分の役割は次の通りです。

・クロタミトン:かゆみ止め

・リドカイン:局所麻酔薬(かゆみをごまかす)

・アラントイン:組織修復薬(キズの修復)

・イソプロピルメチルフェノール:殺菌剤

一連の有効成分でもって、患部のかゆみ・炎症を鎮めつつ、キズの殺菌・修復を促すための薬が「メンソレータム メディクイック」ということになります。

保湿も大事

炎症を引き起こす原因は、お湯や洗剤・シャンプーなどと頻繁に接触し、皮脂が取れてしまい、手のバリヤー機能が低下することにあります。

そのため、保湿剤を使用し、保湿に努めることも大事です。

ヘパリン配合の保湿剤が最適

市販されている保湿剤は、おおよそ次の2種類が有効成分として配合されています。

●ヘパリン類似物質:刺激性なし

●尿素:刺激性あり

この2成分の主な違いは刺激性の有無です。ヘパリン類似物質には刺激性がありません

手湿疹に悩んでいる方は、手にキレツやキズがあることも想定されます。

それを踏まえると、刺激性がない”ヘパリン類似物質配合の保湿剤”が最適かと考えます。

ヘパリン類似物質を配合した保湿剤として「HPクリーム」という商品があります。

「HPクリーム」については、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

ちなみに、”ヘパリン類似物質”を配合した保湿剤は処方せん用医薬品としても使用されています。

代表的な商品が「ヒルドイド」です。

使用したことがあるという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

手袋を着用する

お湯や洗剤・シャンプーなどとの接触を遮断することが、症状を改善する・悪化させないためには重要です。

可能な限りゴム手袋などを着用し、お湯や洗剤・シャンプーなどとの接触を物理的に遮断しましょう。

「メディクイック」の使い方あれこれ

「メンソレータム メディクイック」の効能・効果には次のように記載されています。

<効能・効果>

湿疹、かぶれ、かゆみ、皮フ炎、じんましん、あせも、虫さされ

効能・効果に湿疹という記載はありますが、手湿疹の記載はありません。

つまり、「メンソレータム メディクイック」は手湿疹に限らず、“かゆみ・炎症”を起こした症状全般に有効です。

例えば、蚊に刺された・あせもができたといったような場合にも使用することができます。

ステロイド成分は「リビメックス」と同じ

「メンソレータム メディクイック」には、かゆみ・炎症を鎮めるために”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”というステロイドが配合されています。

「メディクイック」には、ステロイド成分以外にもあれこれと配合されています。

しかし、メインの役割を果たす成分はステロイド成分です。

したがって、”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”のみ配合している「リビメックス」でも十分効果が期待できると考えられます。

「リビメックス」の詳細や有効活用法については、こちらの記事にまとめています。

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

まとめ

ここまで、手湿疹に関連して、「メンソレータム メディクイック」の特徴や選び方・選ぶポイントなどについて紹介しました。

手湿疹の原因は”手の炎症”です。

つまり、手湿疹を治すためには、炎症を鎮める必要があります。

「メディクイック」には、炎症を鎮める”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”が配合されています。

また、手湿疹にならないためには、保湿も重要です。

手湿疹になってしまったら抗炎症薬が配合されている「メディクイック」を、ならないためには「HPクリーム」などの保湿剤を使用しましょう。

「メンソレータム メディクイック」基本情報

最後になりますが、「メンソレータム メディクイック」の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分>

・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(ステロイド)

・クロタミトン(かゆみ止め)

・リドカイン(局所麻酔薬)

・アラントイン(組織修復薬)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

<効能・効果>

湿疹、かぶれ、かゆみ、皮フ炎、じんましん、あせも、虫さされ

<用法・用量>

1日数回塗布

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする