「メソッドプレミアム」とスタンダードな「メソッド」シリーズの違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

ライオン社から販売されている皮膚炎・虫さされ用の市販薬「メソッドプレミアム」とスタンダードな「メソッド」シリーズの違いや選び方を、それぞれの有効成分などを比較しながら紹介します。

「メソッドプレミアム」には軟膏剤とクリーム剤、「メソッド」には軟膏剤・クリーム剤に加え、乳液タイプのローション剤も販売されています。

スポンサーリンク

「メソッドプレミアム」と「メソッド」の有効成分比較

はじめに、「メソッドプレミアム」・「メソッド」に配合されている有効成分を比較します。

役割 有効成分 メソッドプレミアム メソッド
抗炎症薬 ステロイド プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
抗炎症薬 グリチルレチン酸 ×
かゆみ止め 抗ヒスタミン薬 ジフェンヒドラミン
かゆみ止め クロタミトン
局所麻酔薬 リドカイン ×
殺菌剤 イソプロピルメチルフェノール
組織修復 アラントイン ×
血行促進 トコフェロール酢酸エステル

「メソッドプレミアム」には計8種類、スタンダードな「メソッド」には5種類の有効成分が配合されています。

有効成分比較表を見ていただければ分かるように、スタンダードな「メソッド」に+αで配合されたものが「メソッドプレミアム」ということになります。

「メソッドプレミアム」と「メソッド」どちらを選ぶか?

皮膚炎や虫さされなどに伴う、かゆみ・赤みを和らげる役割を果たす成分は、”ステロイド薬”や”かゆみ止め”になります。

それを踏まえると、ステロイド薬・かゆみ止めが配合されているスタンダードな「メソッド」シリーズで基本的には、十分だろうと考えられます。

クリーム剤はこちら

また、スタンダードな「メソッド」には、軟膏剤・クリーム剤に加えて、ローション剤も販売されています。

あせもや汗によるかぶれなどで、患部優れているが広範囲に及ぶ場合などには、ローション剤は使い勝手に優れているでしょう。

「メソッドプレミアム」を選ぶのであれば、ひどくかゆい上、ひっかき傷が目に付く場合などが考えられます。

クリーム剤はこちら

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする