ムヒ・ウナコーワが効かない虫さされのかゆみにはこの薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

「ムヒ」・「ウナコーワ」といえば、虫さされ薬のメジャーブランドであろうかと思います。

「ムヒ・ウナコーワ」ともに、4種類の商品が販売されています。

商品ラインナップは次の通りです。

<ムヒシリーズ>

●ムヒS

●液体ムヒS2a

●ムヒアルファSⅡ

●ムヒアルファEX

※下の商品ほどかゆみを抑える作用が強い

<ウナコーワシリーズ>

●新ウナコーワクール

●ウナコーワクールパンチ

●ウナコーワα

●ウナコーワエースL、G

※下の商品ほどかゆみを抑える作用が強い

スポンサーリンク

大きな違いはなし

こちらの記事で「ムヒ」と「ウナコーワ」の商品比較を行いました。

かゆみ止め市販薬の2大ブランドであろう「ムヒ」と「ウナコーワ」の違いと選び方について、各ブランドの各商品を比較しながら紹介します。

「ムヒ」と「ウナコーワ」の違いは、ステロイド薬を配合しているかどうかでまずは把握できます。

ステロイド薬を配合していない(ノンステロイド)の商品において、2ブランドの商品に配合されている有効成分はほぼ同じです。

また、ステロイド薬を配合している商品においても同様で、2ブランドの商品に配合されている有効成分はほぼ同じです。

つまり、「ムヒ・ウナコーワ」の商品を比較しても、大きな違いはありません両者似たようなものです。

詳細については、冒頭の記事を参照ください。

かゆみに対して最も効果が高い商品はこれ

似たような商品である「ムヒ・ウナコーワ」において、最もかゆみ・炎症を鎮める効果が高いとされる商品はそれぞれ次の商品です。

●ムヒアルファEX

●ウナコーワエース

どちらも“プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”というステロイド薬を配合している商品です。

ステロイド薬には、かゆみ・炎症を鎮める効果があります。

「ムヒ」・「ウナコーワ」に配合されているステロイド薬の中で、最もかゆみ・炎症を鎮める効果が高い成分が”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”です。

したがって、「ムヒアルファEX」・「ウナコーワエース」が、かゆみ・炎症を鎮める効果が最も高いと考えられます。

ムヒ・ウナコーワが効かないときはこの商品

「ムヒ・ウナコーワ」シリーズにおいて、”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”を配合している商品が最も効果が高いと上述しました。

つまり、ステロイド薬の強さを基準に「ムヒ・ウナコーワ」における、効果の大小を判断しています。

したがって、「ムヒ・ウナコーワ」の効果が今ひとつ(効かない)の場合、”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”よりも効果が高いステロイド外用薬を選ぶと良いと考えられます。

ステロイド外用薬の効果の大小は、作用の強さに応じて、5段階に分類されます。

ステロイド外用薬の選び方や詳細については、こちらの記事にまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

市販されているステロイド外用薬において、”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”よりも作用が強いとされる成分を配合した商品は次の2商品です。

●ベタメタゾン吉草酸エステル

●フルオシノロンアセトニド

“プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”が配合されている「ムヒアルファEX」や「ウナコーワエース」を使用してもかゆみが鎮まらない場合には、上記2成分を配合した次の商品の使用を検討ください。

“ベタメタゾン吉草酸エステル”配合商品

“ベタメタゾン吉草酸エステル”を配合している市販薬として、「ベトネベート」が販売されています。

“ベタメタゾン吉草酸エステル”を配合した商品は、処方せん用医薬品としても使用されていて、代表的な商品に「リンデロンV・VG」があります。

処方薬「リンデロンV・VG」と同じ有効成分"ベタメタゾン吉草酸エステル"を配合した市販のステロイド外用薬を紹介します。市販のステロイド外用薬では最強ランクの薬です。

“フルオシノロンアセトニド”配合商品

“フルオシノロンアセトニド”を配合している市販薬として、「フルコートf」が販売されています。

“フルオシノロンアセトニド”を配合した商品は、処方せん用医薬品としても使用されていて、代表的な商品に「フルコート」があります。

処方薬「フルコート」と同じ有効成分"フルオシノロンアセトニド"を配合した市販のステロイド外用薬「フルコートf」を紹介します。

市販薬「フルコートf」と処方せん用医薬品「フルコート」には、抗生物質が配合されているかどうかという違いがあります。

まとめ

ここまで、「ムヒ」・「ウナコーワ」が効かないほどの虫さされによるかゆみに使用できる市販薬を紹介してきました。

「ムヒ・ウナコーワ」において、効果が最も高いと考えられる商品に配合されているステロイド薬は”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”です。

この”プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル”よりも効果が高いとされているステロイド薬は次の成分です。/p>

※右側は商品名

●ベタメタゾン吉草酸エステル:ベトネベート

●フルオシノロンアセトニド:フルコートf

「ムヒ・ウナコーワ」の効果が今ひとつと感じたことがある方は、使用を検討ください。

また、「ベトネベート」や「フルコートf」などのステロイド薬は、虫さされ以外にもやけどや日焼けなど、日常生活で役立つ場面もあるかもしれません。

油はねなどの軽いやけどであれば、市販薬で十分対応できます。やけどを素早く治すことができる市販薬を紹介します。
日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする