市販薬で花粉症のくしゃみ・鼻みず・鼻づまり・目のかゆみを治す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり

花粉症の季節ともなると、顔がモヤモヤしたり、ポーッとしたりと憂鬱な日々を過ごす方も多くいらっしゃるでしょう。

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり、目のかゆみといった花粉症の代表的な症状を治す・コントロールすることができる市販薬を紹介します。

スポンサーリンク

花粉症の薬は3パターン

花粉症の薬は次の大きく3種類に分けられます。

・内服薬(飲み薬)

・点鼻薬(鼻に薬液を直接吹き付ける)

・点眼薬(目薬)

“くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”といった花粉症の症状を治す・コントロールする薬としては、内服薬(飲み薬)を使用することが一般的です。

一方で、花粉症の飲み薬を服用すると副作用として「眠気」や「口渇(口の渇き)」を感じる方がいます。

そのような方は、点鼻薬の使用を検討しても良いでしょう。

また、飲み薬だけでは”くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”といった花粉症の症状が治らない場合には、同時に使用(併用)することも可能です。

目のかゆみ・充血については、点眼薬(目薬)を使用しましょう。

花粉症用市販薬「ザジテンAL」シリーズ

花粉症薬は「内服薬・点鼻薬・点眼薬」に分けられると紹介しました。

具体的にどのような市販薬があるか、「ザジテンAL」という市販薬を例に挙げて紹介します。

<ザジテンAL鼻炎カプセル(飲み薬)>

<ザジテンAL鼻炎スプレーα(点鼻薬)>

<ザジテンAL鼻炎スプレーαクール(点鼻薬)>

<ザジテンAL点眼薬>

「ザジテンAL」シリーズには、2種類の点鼻薬が販売されています。

その違いは”メントール”の配合の有無です。

「ザジテンAL鼻炎スプレーαクール」はメントール入り、「ザジテンAL鼻炎スプレーα」はメントール無しということになります。

メントールのスーッとした清涼感によって、花粉症によるその時の”鼻づまり”の症状が治ることがあるかもしれません。

市販薬「ザジテンAL」シリーズの内服薬・点鼻薬・点眼薬全て揃えておけば、薬における、花粉症対策は一応準備万端ということになります。

眠くなりにくい・口が渇きにくい花粉症用市販薬

「ザジテンAL」のほかにも、数多くの花粉症用市販薬が販売されています。

先に、花粉症の飲み薬を服用すると副作用として

「眠気」や「口渇(口の渇き)」

を感じる方がいると紹介しました。

「ザジテンAL」シリーズに配合されている有効成分は全て”ケトチフェン”という成分です。

当然、飲み薬である「ザジテンAL鼻炎カプセル」の有効成分も”ケトチフェン”となります。

“ケトチフェン”は眠くなりやすい・口が渇きやすい部類に分類される成分となります。

しかしながら、服用した人全てがこのような副作用を引き起こすわけではありません。

あくまで、可能性の問題点です。

そこで、眠くなりにくい・口が渇きにくいとして販売されている市販薬が「アレジオン20」や「アレグラFX」といった商品です。

アレジオン20

眠くなりにくく、口も渇きにくい上、1日1回の服用で24時間効く市販の花粉症薬が「アレジオン20」です。

「アレジオン20」は1日1回の服用で24時間、花粉症の”くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”といった症状をコントロールすることができます。

アレグラFX

「アレグラFX」は「アレジオン20」よりも眠くなりにくく、口も渇きにくい花粉症用市販薬と考えられています。

一方で、1日の服用回数が「アレジオン20」は1回に対して、「アレグラFX」は2回となります。

鼻づまりに効く市販の点鼻薬

ここまで紹介してきた内服薬・点鼻薬は、花粉症による”くしゃみ・鼻みず・鼻づまり”といった症状がひどくならないために、症状をコントロールすることを目的として服用・使用します。

花粉症の治療に際しては、飲み薬の服用が一般的です。

飲み薬は”くしゃみ・鼻みず”といった鼻症状には高い効果を発揮する一方で、”鼻づまり”に対しては、それに比べると劣るとも言われます。

“鼻づまり”の症状が続いて鼻呼吸が難しくなり口呼吸を続けてしまうと、喉を痛めるなど風邪のような症状にかかってしまうこともあります。

“鼻づまり”に対する素早い効果が期待できる点鼻薬が「パブロン点鼻」です。

飲み薬だけでは”鼻づまり”の症状が治らない場合には、”鼻づまり”への素早い効果が期待できる「パブロン点鼻」などの点鼻薬の使用も検討ください。

目のかゆみ・充血に効く点眼薬

先に紹介した「ザジテンAL点眼薬」のように1種類の有効成分を配合した目薬だけで、花粉症による”目のかゆみ・充血”が治ればいいですが、治らない場合には他の点眼薬(目薬)の使用を検討すべきでしょう。

飲み薬だけでなく目薬も数多くの市販薬が販売されています。

花粉症による”目のかゆみ・充血”に効く代表的な市販の目薬が「アルガード」シリーズです。

「アルガード」シリーズの有効成分の違いや、それを踏まえた選び方などについてはこちらの記事にまとめています。

花粉症・ハウスダストなどによる目のかゆみ・充血などのアレルギー症状に効く市販の目薬「アルガード」シリーズの効果の違いと選び方・選ぶポイントなどを紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする