【オススメ市販薬】保湿剤編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

美容 保湿

当ブログでは、以下5つのブランド計9種類の商品を紹介しました。

●HPクリーム・ローション(ヒルドイド系)

●フェルゼア ヘパキュアクリーム(ヒルドイド系)

●パスタロン

●ケラチナミン

●ウレパールプラス

保湿剤の成分は、”ヘパリン類似物質(ヒルドイド)”もしくは”尿素”のどちらかです。

それぞれどのような特徴があって、使い分けはどのようにすれば良いかなどは、こちらの記事で紹介しました。

保湿剤には「尿素」配合の商品と「ヒルドイド系」の商品が販売されています。どちらも優れた保湿剤ですが、どちらを選べばより良いか紹介しています。

このことも踏まえて、この中から保湿剤を選ぶなら「HPクリーム・ローション」です。

理由は「刺激性がなく、どなたでも使用できる」からです。

スポンサーリンク

刺激性がないメリット

こちらが、HPクリーム

こちらが、HPローション

処方せん用医薬品「ヒルドイド」と同一成分を配合している、「HPクリーム・ローション」には、刺激性がありません

尿素配合の保湿剤には刺激性があり、キズなどがあると、チリチリとした刺激感を感じることがあります。

一方、「HPクリーム・ローション」には刺激性がありません。

そのメリットは、”誰にでも・塗る箇所を問わず”使用できるという点です。

誰にでも使用できる

刺激性がないので、子供さんからお年寄りまで誰にでも使用できます。

特に、子供さんは尿素の刺激性を嫌がる可能性があります。

この点だけでも、子供さんにとっては「HPクリーム・ローション」が適当だろうと考えています。

塗る箇所を問わず使用できる

刺激性がないので、顔や掻き傷などがある患部でも、塗る箇所・患部の状況などを問わず使用できます

尿素には刺激性があるので、顔(特に目の周り)に使用することはオススメできません。乾燥肌で掻き傷がある場合は、チリチリした刺激感を感じる可能性があります。

「HPクリーム・ローション」には刺激性がないので、上述したような点は問題になりません。

尿素配合保湿剤もいい薬です。

私は、尿素配合の保湿剤も非常に優れたいい薬(保湿剤)だと思っています。

刺激性の問題点さえクリアできれば、「HPクリーム・ローション」でなくてもOKです。

尿素配合の保湿剤を選ぶなら、次のような使い分けのもと、以下の商品をオススメします。

●パスタロンクリーム-L:単に保湿剤として使用

●パスタロンM20:保湿+乾燥してガサガサする

尿素配合保湿剤「パスタロン」について紹介します。市販されている「パスタロン」には、各商品でちょっとした違いがあります。その違いを理解して、症状にぴったりの保湿剤を選んでください。

●ウレパールプラス:保湿+乾燥肌でかゆみがある

カサカサかゆい乾燥肌に最適な市販の保湿剤「ウレパールプラス」の特徴を紹介します。乾燥肌だけでなく、手足のひび割れにも使うことができます。

保湿剤を選ぶなら「HPクリーム・ローション」

処方せん用医薬品「ヒルドイド」と同一成分を配合している、「HPクリーム・ローション」には、刺激性がありません。

刺激性がないので、子供さんからお年寄りまで誰でも使用できます。

特に、子供さんは尿素の刺激性を嫌がる可能性があります。

また、顔や掻き傷がある患部など、塗る箇所・患部の状況を問わずに使用できます。

“ヘパリン類似物質”を配合している「HPクリーム・ローション」は、万人に使用できる保湿剤と言えるでしょう。

ただし、尿素の刺激性の問題をクリアできれば、尿素配合の保湿剤も十分に使用価値がある保湿剤です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする