【オススメ市販薬】便秘薬編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

トイレ 便秘

当ブログでは、以下7つのブランド合計15種類の便秘薬について紹介しました。

<①刺激性便秘薬>

●ピコラックス

●コーラックシリーズ

●スルーラックシリーズ

●タケダ漢方便秘薬

<②非刺激性便秘薬>

●3Aマグネシア

●酸化マグネシウムE便秘薬

●ミルマグ

便秘薬は”①刺激性便秘薬”と”②非刺激性便秘薬”の2つに大きく分けられます。

刺激性・非刺激性便秘薬の中から、それぞれ1商品ずつオススメの商品を選定しました。

<①刺激性便秘薬>

●ピコラックス

<②非刺激性便秘薬>

●3Aマグネシア

●酸化マグネシウムE便秘薬

(どちらも有効成分に酸化マグネシウムを配合した商品)

スポンサーリンク

“刺激性”・”非刺激性”便秘薬の違い

“刺激性便秘薬”と”非刺激性便秘薬”の違いについて簡単に紹介します。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

数ある便秘薬の中から、自分の症状にピッタリな便秘薬の選び方を紹介します。

“刺激性”・”非刺激性”便秘薬の違いは、大腸を刺激する成分が配合されているかどうかです。

それぞれの便秘薬に配合されている、”有効成分”と”特徴と注意点”について紹介します。

”刺激性”・”非刺激性”便秘薬に配合されている成分

刺激性・非刺激性便秘薬の主な成分は、以下の通りです。

<①刺激性便秘薬>

・ピコスルファートナトリウム(ピコラックス)

・ビサコジル

・センノシド

<②非刺激性便秘薬>

・酸化マグネシウム(3Aマグネシア)

・水酸化マグネシウム

「ピコラックス」の有効成分は”ピコスルファートNa”です。

「3Aマグネシア」・「酸化マグネシウムE便秘薬」の有効成分は”酸化マグネシウム”です。

”刺激性”・”非刺激性”便秘薬の特徴と注意点

各便秘薬の簡単な特徴と注意点は次のような点です。

<①刺激性便秘薬>

●特徴

・効果が速やか

●注意点

・くせ(慣れ・耐性)になる

<②非刺激性便秘薬>

●特徴

・便を柔らかくし、自然な排便を促す

●注意点

・腎臓が悪い方の服用は注意

「ピコラックス」をオススメする理由

刺激性便秘薬では、「ピコラックス」をオススメします。

処方薬「ラキソベロン」と同じ有効成分"ピコスルファート"を同量配合した、くせになりにくい市販の便秘薬「ピコラックス」の特徴や選び方、その他便秘薬との違いなどについて紹介します。

刺激性便秘薬を服用するにあたっては、くせになる(慣れ・耐性)という問題点がありました。

「ピコラックス」に配合されている有効成分”ピコスルファートNa”は、比較的くせになりにくいとされています。

このような点において、刺激性便秘薬を選ぶ際には、「ピコラックス」を基準に選択すると、さほど迷わずに済むと考えています。

ピコスルファートNaを配合した便秘薬は、処方せん用医薬品としても使用されています。

代表的な商品が「ラキソベロン」です。

処方薬「ラキソベロン」と同じ有効成分"ピコスルファート"を配合しているくせになりにくい市販の便秘薬「ピコラックス」・「ビオフェルミン便秘薬」を紹介します。

「3Aマグネシア」をオススメする理由

非刺激性便秘薬では、「3Aマグネシア」または「酸化マグネシウムE便秘薬」をオススメします。

どちらも有効成分・配合量は全く同じで、1錠中に酸化マグネシウムが333mg配合されています。

酸化マグネシウムを配合した非刺激性便秘薬である「3Aマグネシア」を紹介します。硬い便を柔らかくする作用があります。クセになりにくい市販薬です。
非刺激性便秘薬である「酸化マグネシウムE便秘薬」の特徴と選び方、よく効く服用方法などについて紹介します。処方せん用医薬品「マグミット」と同じ市販薬です。

非刺激性便秘薬に配合される成分は”酸化マグネシウム”もしくは”水酸化マグネシウム”のどちらかです。

どちらの成分も、水を引っ張てきて、便を柔らかくし、便のかさを増す作用を有しています。

どちらがその作用が強いかという点が、選ぶポイントになろうかと思います。

その作用は”酸化マグネシウム”のほうが強いとされています。

また、妊婦さん・授乳中の方でも服用することができます。

このような点において、非刺激性便秘薬を選ぶ際には、酸化マグネシウム配合の「3Aマグネシア」・「酸化マグネシウムE便秘薬」を基準に選択すると、さほど迷わずに済むと考えています。

“酸化マグネシウム”も”ピコスルファートNa”同様、処方せん用医薬品としても使用されています。

代表的な商品が「マグミット」です。

処方薬「マグミット」と同じ有効成分"酸化マグネシウム"を配合している、くせになりにくい市販の便秘薬を紹介します。

「ピコラックス」or「3Aマグネシア」どちらを選ぶか?

「ピコラックス」or「3Aマグネシア」どちらを選ぶと良いか?

年齢を重ねると便を押し出す力も弱まります。

したがって、なかなか出し切らないといった場合には、「ピコラックス」が最適です。

また、便が硬いために、いきんでもなかなか出し切らないといった場合には、「3Aマグネシア」・「酸化マグネシウムE便秘薬」が適当だろうと考えます。

便秘薬を選ぶにあたっては、こちらの記事でより詳細に紹介しています。

数ある便秘薬の中から、自分の症状にピッタリな便秘薬の選び方を紹介します。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする