【おしりのかゆみ・痛みを治す】「オシリア」の特徴と使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

トイレ 便秘

おしり(肛門)にかゆみ・痛みを感じたら「オシリア」です。

かゆみの原因となる炎症を鎮める有効成分が配合されています。

スポンサーリンク

「オシリア」有効成分の役割

「オシリア」には、以下5つの有効成分が配合されています。

●ヒドロコルチゾン酢酸エステル

●ジフェンヒドラミン

●リドカイン

●イソプロピルメチルフェノール

●ビタミンE

“かゆみ・痛み”を鎮める主な役割を果たす成分は赤字の上2つです。

ステロイド薬である“ヒドロコルチゾン酢酸エステル”が”かゆみ・炎症”を鎮めます。

抗ヒスタミン薬である“ジフェンヒドラミン”も”かゆみ”を鎮めてくれます。

残り3成分の役割は次の通りです。

●リドカイン:局所麻酔薬

→かゆみ・痛みを感じにくくする

●イソプロピルメチルフェノール:殺菌剤

→患部の殺菌

●ビタミンE

→新陳代謝の活性化、皮膚の機能改善

これら5つの成分でもって、「オシリア」は”おしりのぶり返すかゆみ・痛み”に有効と謳って販売されている市販薬となります。

このような人はおしりのトラブルに注意

次のような習慣がある方は、おしりのトラブル(かゆみ・痛みなど)に注意が必要です。

●ウォシュレットでとことん洗う

●お風呂・シャワーで石けんを使ってとことん洗う

●トイレットペーパーでとことん拭く

清潔を保とうとするあまり、度を超えると逆効果です。

皮脂を過剰に落としてしまい、皮膚のバリア機能を奪ってしまいます。かゆみ・痛みがさらに悪化してしまう原因にもなります。

おしりの”かゆみ・痛み”以外の有効活用法

「オシリア」はおしりの”かゆみ・痛み”以外にも使用することができると考えます。

例えば、“かぶれ”に使用することができます。

女性の場合、生理のとき、ナプキンなどにかぶれて、かゆみを感じることがあるでしょう。

また、赤ちゃんの場合、おむつかぶれに使用することができます。

赤ちゃんの”おむつかぶれ”に対しては、できれば「オシリア」よりも優しい「亜鉛華軟膏」で対処できればベストです。

●亜鉛華軟膏

子供・赤ちゃんのあせも・おむつかぶれ治療薬としても使用できる市販薬「亜鉛華軟膏」の特徴や選び方などについて紹介します。

「オシリア」に配合されている有効成分は、虫さされ薬(かゆみ止め)に配合されているような成分でもあります。

おしりにこだわらず、体のかゆみ全般に対して使用することもできるでしょう。

まとめ

ここまで、「オシリア」の特徴や使い方、選ぶポイントなどについて紹介しました。

「オシリア」は、”肛門のぶり返すかゆみ・痛み”に有効と謳って販売されている市販薬です。

おしりの”かゆみ・痛み”といったトラブルはもちろんのこと、”かぶれ”などにも使用できます。

その他、おしり以外のかゆみ止めとしても使うこともできます。

おしりのトラブルのみならず、あらゆる箇所の”かゆみ”トラブルに役立つ市販薬と考えても間違いはありません。

「オシリア」基本情報

最後になりましたが、「オシリア」の有効成分や用法・用量などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分>

・ヒドロコルチゾン酢酸エステル(ステロイド薬)

・ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン薬)

・リドカイン(局所麻酔薬)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

・ビタミンE

<効能・効果>

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和および消毒

<用法・用量>

1回3回まで使用できる

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする