【塗るロキソニン】処方薬「ロキソニンゲル」と同じ市販薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

腰痛

腰が痛い、膝が痛い、首が痛い、といった場合、湿布を貼ることが一般的でしょうか。

一方で、肌が弱いため湿布はかぶれる、もしくは、夏場など汗をかいてどうしてもはがれてしまう、ということも考えられます。

こういった場合、”貼る”のではなく”塗る”タイプの外用薬もあります。

その1つが処方薬であれば「ロキソニンゲル」です。

当記事では、その処方薬「ロキソニンゲル」と同じ有効成分を配合した市販薬を紹介します。

スポンサーリンク

「ロキソニンゲル」と同じ市販薬

「ロキソニンゲル」は有効成分として痛み・炎症を和らげる”ロキソプロフェン”が配合されている商品です。

市販の「ロキソニンゲル」も処方薬と同じ製薬メーカー「第一三共」から販売されています。

市販薬の「ロキソニンゲル」は「ロキソニンSゲル」という商品名になります。

湿布は人目が気になる、もしくは、冒頭で紹介したように、肌が弱いため湿布はかぶれる、夏場など汗をかいてどうしてもはがれてしまう、といった場合には「ロキソニンSゲル」の使用も検討するといいでしょう。

「貼る」ロキソニンも市販品あり

塗るロキソニン「ロキソニンSゲル」の他にも、湿布薬として貼るロキソニンも市販されています。

商品ラインナップとしては、密着してはがれにくいテープ剤(ロキソニンSテープ)、肌に優しいパップ剤(ロキソニンSパップ)、の2種類が販売されています。

処方薬「ロキソニンテープ」と同じ有効成分"ロキソプロフェン"を配合した市販の湿布薬を紹介します。

処方薬「ロキソニンパップ」と同じ有効成分"ロキソプロフェン"を配合した市販の湿布薬を紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする