よく効く市販の痛み止めは「ロキソニンS」、安全面は「タイレノールA」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

風邪 頭痛

“痛み止め”と一口に言っても、数多くの痛み止めが市販薬として市販されています。

このように数多くの市販の痛み止めの中にあって、最もよく効く(=鎮痛効果が高い)であろう「ロキソニンS」、痛み止めの中で最も安全に服用できる「タイレノールA」を中心に紹介します。

スポンサーリンク

「ロキソニンS」・「タイレノールA」の効能・効果

「ロキソニンS」・「タイレノールA」ともに、解熱鎮痛薬(熱さまし・痛み止め)に分類される有効成分を配合している商品です。

そのため、頭痛・生理痛・歯痛などの痛みの軽減だけでなく、発熱時の”熱さまし”としても服用することができます。

以下に「タイレノールA」の効能・効果を記載します。

「ロキソニンS」の効能・効果についても、同じような文言の記載となっています。

①頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛

②悪寒・発熱時の解熱

※「タイレノールA」の添付文書より

続いて、「ロキソニンS」・「タイレノールA」それぞれの特徴や選び方、使い分けなどについて紹介します。

「ロキソニンS」の特徴や選び方

<特徴>

鎮痛効果が最も高い

<選び方・選ぶポイント>

“痛み”がつらいときは「ロキソニンS」

「ロキソニンS」は市販の痛み止めの中で、最もよく効く(=鎮痛効果が高い)商品と先に紹介しました。

「ロキソニンS」は、”ロキソプロフェン”という有効成分が配合された解熱鎮痛薬です。

市販の痛み止めに配合されている代表的な解熱鎮痛薬成分として、次のような成分が挙げられます。

<代表的な解熱鎮痛薬成分>

・ロキソプロフェン←「ロキソニンS」

・イブプロフェン

・イソプロピルアンチピリン

・エテンザミド

・アセチルサリチル酸(アスピリン)

・アセトアミノフェン←「タイレノールA」

※上から順に鎮痛効果が高い

上から順に鎮痛効果が高いと考えられています。

そのため、解熱鎮痛薬”ロキソプロフェン”を配合している「ロキソニンS」が、市販されている痛み止めの中では、最もよく効く痛み止めであると考えられます。

つらい頭痛・生理痛や抜歯後の痛みなどに悩んでいる方は、「ロキソニンS」を服用するといいでしょう。

また、「ロキソニンS」には痛みの程度に合わせて選べる複数種類の商品が市販されています。

「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

「タイレノールA」の特徴や選び方

<特徴>

胃腸障害が少ない(ない)

=安全性が高い

<選び方・選ぶポイント>

発熱したときは「タイレノールA」

「ロキソニンS」はよく効く痛み止め、「タイレノールA」は最も安全な痛み止めと紹介しました。

「タイレノールA」は、”アセトアミノフェン”という有効成分が配合された解熱鎮痛薬です。

「ロキソニンS」の段落に記載していますが、”アセトアミノフェン”の鎮痛効果は強いものではありません。

鎮痛効果が強いわけではありませんが、ゼロではないので、効かないわけではありませんし、効くときはしっかり効きます。

痛み止め服用時のメジャーな注意点(副作用)は、胃腸障害(胃痛)です。

「タイレノールA」は、胃腸障害を起こしにくい(起こさない)痛み止めです。

また、「タイレノールA」以外の痛み止めは、腎臓に対しても負荷をかけます。

そのため、腎不全の方も服用NGですが、”アセトアミノフェン”配合の「タイレノールA」なら服用可能です。

このような点で、「タイレノールA」は最も安全な痛み止めと言うことができます。

「タイレノールA」の鎮痛効果は強いものではありませんが、解熱(熱さまし)効果は他の解熱鎮痛薬と遜色ありません。

解熱薬としては、「タイレノールA」を第一選択肢として考えるといいでしょう。

「タイレノールA」の服用対象年齢は15歳以上となっています。

「タイレノールA」の有効成分”アセトアミノフェン”は非常に安全なお薬で、15歳未満の子供に対しても使用できます。

15歳未満の子供でも服用できる”アセトアミノフェン”配合の市販薬は次の記事にまとめています。

解熱鎮痛薬(熱さまし・痛み止め)の処方薬「カロナール」と同じ有効成分"アセトアミノフェン"を配合している市販薬を紹介します。

“アセトアミノフェン”配合の処方せん用医薬品の代表的な商品が「カロナール」です。

「カロナール」と同一薬として、上の記事にまとめています。

まとめ

ここまで、よく効く痛み止めとして「ロキソニンS」、安全な痛み止めとして「タイレノールA」を紹介しました。

「ロキソニンS」と「タイレノールA」の使い分けを考えるなら、

・”痛み”に対して → ロキソニンS

・”熱”に対して → タイレノールA

と使い分けることも可能です。

市販薬として、数多くの痛み止めが販売されています。

「ロキソニンS」と「タイレノールA」2種類の市販薬の特徴や使い方・使い分けを知っておくだけで、あれこれ悩まずに済むことでしょう。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする