処方薬「ロキソニン」と市販薬「ロキソニンS」の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

処方せん用医薬品(処方薬)の代表的な解熱鎮痛薬に「ロキソニン」という商品があります。

こちらが処方薬「ロキソニン」です。

処方せん医薬品 ロキソニン

頭痛・歯痛・関節痛のときなどにお世話になった方もいらっしゃるでしょう。

そして、市販薬としても同じような商品名で「ロキソニンS」という商品が販売されています。

当記事では、処方薬「ロキソニン」と市販薬「ロキソニンS」の違いを比較します。

比較項目として、次の項目について比較します。

①有効成分

②効能・効果

③用法・用量

スポンサーリンク

①有効成分を比較

  有効成分 成分量

ロキソニン

(処方薬)

ロキソプロフェン 60mg

ロキソニンS

(市販薬)

ロキソプロフェン 60mg

処方薬・市販薬ともに”ロキソプロフェン”という全く同じ有効成分が同量配合されています。

この点において、処方薬・市販薬ともに同じ薬で、同じ効果が期待できる商品と言えます。

②効能・効果を比較

続いて、添付文書に記載されている効能・効果を比較します。

処方薬「ロキソニン」の効能・効果には、次のように記載されています。

1.下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛

2.手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎

3. 下記疾患の解熱・鎮痛

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

※処方薬「ロキソニン」の添付文書より引用

ごちゃごちゃと書いてありますが、「ロキソニン」は解熱鎮痛薬なので、

熱を下げる、痛み・炎症を和らげる作用がある

ということです。

市販薬「ロキソニンS」の効能・効果も確認します。

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛

○悪寒・発熱時の解熱

※市販薬「ロキソニンS」の添付文書より引用

文言は処方薬と市販薬で異なりますが、有効成分は同じなので、効能・効果も同じと考えていいでしょう。

③用法・用量を比較

  1回量 1日量 頓用 服用間隔

ロキソニン

(処方薬)

1回1錠

1日3回

(3の適用症については、原則1日2回までの服用)

1回2錠服用も可

(1・2の適応症の場合)

ロキソニンS

(市販薬)

1回1錠

1日2回

(1日3回まで服用も可)

4時間以上

※添付文書に特段の記載がない項目については「-」と記載

用法・用量には、多少の違いがあるようです。

1回量は処方薬・市販薬ともに”1回1錠”と同じです。

1日量に多少の違いがあります。

処方薬「ロキソニン」の場合、適応症にもよりますが、概ね1日3回の服用が認められています。

しかし、市販薬「ロキソニンS」については、1日2回の服用が基本となります。

やむを得ない場合、3回目の服用が認められます。

そして、「ロキソニン」の有効成分”ロキソプロフェン”は、胃へ負担をかけます。

そのため、処方薬・市販薬ともに

空腹時の服用は避けることが望ましい

という文言の記載があります。

市販薬「ロキソニンS」シリーズを比較

市販薬「ロキソニンS」には、「ロキソニンS」という商品のほかに、以下2種類計3種類の商品が販売されています。

・ロキソニンSプラス

・ロキソニンSプレミアム

「ロキソニンS・Sプラス・Sプレミアム」には、それぞれ異なる有効成分が配合されています。

「ロキソニンS」シリーズの有効成分の違い、それを踏まえた選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

処方薬「ロキソニン」と同じ市販薬「ロキソニンS」シリーズの違いや選び方・選ぶポイントを紹介します。

処方薬・市販薬ともに同じ効果が期待できる

ここまで、処方薬「ロキソニン」と市販薬「ロキソニンS」に違いがあるのか、有効成分、効能・効果、用法・用量について比較してみました。

市販薬であっても、処方薬と同じ有効成分が同じ量配合されているので、ともに”同じ薬”と考えることができます。

市販薬「ロキソニンS」シリーズには、”ロキソプロフェン”のみを配合した「ロキソニンS」のほかに2商品販売されています。

市販の「ロキソニンS」を選ぶときは、3商品の違いや特徴を正しく把握してお選びください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする