市販のステロイド外用薬の使い道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

ステロイド外用薬は、様々な肌トラブルに使用できます。

そのため、市販薬としても数多くの商品に配合され、使用されています。

しかしながら、ステロイド外用薬は誰でもどこでも、同じ商品を使っていいという薬ではありません。

例えば、大人と子供、顔と体など、年齢や使用部位に応じて、薬を使い分ける必要があります。

ステロイド外用薬の選び方や使い分けについては、こちらの記事にまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

当記事では、市販のステロイド外用薬の具体的な使い道について紹介します。

スポンサーリンク

ステロイド外用薬の役割とは?

ステロイド外用薬には、

肌のかゆみ・炎症を鎮める作用

があります。

炎症が原因の肌トラブル全般に使用できることになります。

続いて、市販のステロイド外用薬の商品ラインナップ、ステロイド外用薬が使用できる具体的な肌トラブルについて紹介します。

市販のステロイド外用薬ラインナップ

ステロイド外用薬は、その強さに応じて次の5段階に分類されます。

・strongest(最も強力)

・more strong(より強力)

・strong(強力)←市販薬あり

・medium(中等度)←市販薬あり

・weak(弱い)←市販薬あり

続いて、それぞれの強さに該当する市販のステロイド外用薬を紹介します。

ベトネベート:strongクラス

strongクラスに分類されるステロイド薬が配合された市販のステロイド外用薬が「ベトネベート」です。

「ベトネベート」には、ステロイド薬のみ配合の”クリーム剤”とステロイド薬に加え抗生物質を配合した”軟膏剤”の2種類の商品が販売されています。

2商品の使い分けなどについては、こちらの記事にまとめています。

「ベトネベート」というステロイド外用薬の違いや選び方を紹介します。処方せん用医薬品「リンデロン」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

フルコートf:strongクラス

strongクラスに分類されるステロイド薬を配合したもう一つの市販のステロイド外用薬が「フルコートf」です。

「フルコートf」にも、ステロイド薬に加え抗生物質が配合されています。

「フルコートf」というステロイド外用薬を紹介します。処方せん用医薬品「フルコート」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

リビメックスコーワ:mediumクラス

mediumクラスに分類されるステロイド薬を配合した市販のステロイド外用薬が「リビメックスコーワ」です。

「リビメックスコーワ」には、一般的に販売されている軟膏剤・クリーム剤のほかに、ローション剤としても販売されています。

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

ロコイダン:mediumクラス

mediumクラスに分類されるステロイド薬を配合した市販のステロイド外用薬が「ロコイダン」です。

「ロコイダン」は、mediumクラスのステロイド薬の中でも、比較的優しい部類のステロイド薬です。

したがって、顔や子供への使用も可能です。

ちなみに、処方薬である「ロコイド」と同じ有効成分(ステロイド薬)を配合した市販薬です。

商品名が似ていますよね。

市販のステロイド外用薬「ロコイダン」の特徴や使い方などを紹介します。処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販薬です。

市販のステロイド外用薬の使い道

市販のステロイド外用薬を使う前提は、原因がある程度はっきりしているものに限られるでしょう。

ステロイド外用薬は、原因がはっきりしない肌トラブルに対し、漫然と使い続けるような薬ではないからです。

それを踏まえ、市販のステロイド外用薬の使い道は次のような肌トラブルになろうかと考えられます。

虫さされ

虫さされ 痒み 炎症

虫さされによる、かゆみ・炎症止めとして使用できます。

「ムヒ」や「ウナコーワ」といった、メジャーな虫さされブランドにもステロイド薬は配合されています。

「ムヒ」や「ウナコーワ」の違いや選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

虫さされなどによるかゆみ・赤みに効果がある「ムヒ」シリーズの効果の違いや、かゆみの程度に応じた選び方・選ぶポイントなどを紹介します。
虫さされなどによるかゆみ止め市販薬「ウナコーワ」シリーズの効果の違いや選び方、「ムヒ」など他かゆみ止めブランドとの違いなどについて紹介します。

かゆみの程度などに応じて、商品を選ぶといいでしょう。

あせも

あせも

あせもは、汗が通る管が根詰まりを起こし、汗がそこから漏れだし、肌が炎症を起こした状態です。

つまり、あせもは炎症が原因の肌トラブルですから、ステロイド外用薬が効果を発揮します。

大人も子供も汗をかくとあせもになることがあります。素早くあせもを治すことができる市販薬「ステロイド外用薬」を中心に紹介します。

日焼け

海水浴 日焼け

日焼けは”日光皮膚炎”とも呼ばれます。

日焼けは、日光(紫外線)による肌の炎症が原因の肌トラブルです。

やはり、炎症が原因なので、ステロイド外用薬が効果を発揮します。

日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

かぶれ

腰痛

かぶれは”接触皮膚炎”と呼ばれます。

ある刺激物が肌に触れたことで、肌が炎症を起こした状態のことを指します。

やはり、炎症が原因の肌トラブルなので、ステロイド外用薬が効果を発揮します。

かぶれの原因となる刺激物は様々で、当ブログでは、湿布かぶれ・植物(草)かぶれの治療薬について紹介しています。

湿布にかぶれたとき、素早く効く・治すことができる市販薬の選び方を紹介します。
草や木などの植物に肌が負けた・かぶれたときのために、草かぶれ・植物かぶれを素早く効く市販薬を紹介します。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする