【乾燥肌による手荒れ・肌荒れに】安いわりに良く効く市販の保湿剤・ハンドクリーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

手湿疹 保湿剤

寒くなると、食器洗いのとき、お湯を使ったり、熱めのお風呂に入ったりすることで、乾燥肌に伴う手荒れ(赤切れ)・肌荒れに悩むこともあるかと思います。

そのような「手荒れ・肌荒れ・乾燥肌」に比較的安いわりに良く効く市販の保湿剤・ハンドクリームを紹介します。

スポンサーリンク

保湿剤有効成分:尿素 or ヘパリン類似物質

市販の保湿剤・ハンドクリームに配合されている保湿薬は主に次の2種類です。

<主な保湿薬>

・尿素←安価

・ヘパリン類似物質

どちらの保湿薬を選んでも、乾燥肌に対して、同じような効果を発揮してくれます。

そのような中で、比較的安くで手に入る保湿剤は、尿素配合の保湿剤です。

具体的に、現在市販されている次の保湿剤のメーカー希望小売価格を比較します。

<尿素配合保湿剤>

・パスタロンクリーム

・ケラチナミンコーワクリーム

<ヘパリン類似物質配合保湿剤>

・HPクリーム

尿素を配合している市販の保湿剤として「パスタロンクリーム」・「ケラチナミンコーワクリーム」、ヘパリン類似物質を配合している市販の保湿剤として「HPクリーム」を紹介します。

尿素配合保湿剤「パスタロン」の価格を比較

パスタロンクリーム-L 尿素 保湿剤

尿素(保湿薬)のみが10%配合されている「パスタロンクリーム-L」のメーカー希望小売価格は次の通りです。

容量 メーカー希望小売価格 1gあたりの価格
60g 800円 13.3円
120g 1,500円 12.5円

容量としては、60g・120gの2商品が販売されていて、120gボトルの商品のほうが安くで手に入ります。

お試しの方は、まずは60gボトルの「パスタロンクリーム-L」を使用してみるといいでしょう。

上述の「パスタロンクリーム-L」の2倍量(20%)の尿素が配合されている商品が「パスタロンM20%」のメーカー希望小売価格は次の通りです。

容量 メーカー希望小売価格 1gあたりの価格
30g 800円 26.7円
60g 1,380円 23円
100g 2,000円 20円

「パスタロンM20%」には、尿素の他にも、有効成分として抗炎症薬や血流改善薬が配合されています。

そのため、シンプルな尿素配合保湿剤である「パスタロンクリーム-L」よりも割高に価格設定されています。

しもやけや手荒れ・赤切れに悩んでいる方には、「パスタロンM20%」のほうが最適でしょう。

尿素配合保湿剤「ケラチナミン」の価格を比較

ケラチナミンコーワ 尿素 保湿剤

商品名からも分かる通り、尿素が20%配合されている市販の保湿剤が「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」です。

上述した「パスタロンM20%」には尿素+αの有効成分が配合されていましたが、「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」は尿素のみを配合したシンプルな尿素配合保湿剤となります。

尿素のみが20%配合されている「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」のメーカー希望小売価格は次の通りです。

容量 メーカー希望小売価格 1gあたりの価格
30g オープン価格
60g 1,500円 25円
150g 2,000円 13.3円

150gボトルの商品は、同じく尿素20%配合の「パスタロンM20%」よりも低価格で設定されています。

尿素配合保湿剤を使い慣れている方は、150gのボトル商品を購入してもいいのでしょう。

ヘパリン類似物質配合保湿剤「HPクリーム」の価格を比較

ヘパリン類似物質 保湿剤 HPクリーム

ここまで、保湿薬として尿素を配合している「パスタロンクリーム」や「ケラチナミンコーワクリーム」を紹介しました。

比較対象として、保湿薬として”ヘパリン類似物質”を配合している保湿剤「HPクリーム」のメーカー希望小売価格も紹介します。

容量 メーカー希望小売価格 1gあたりの価格
25g 1,219円 48.8円
60g 2,267円 37.8円

ヘパリン類似物質配合の保湿剤は、尿素配合の保湿剤と比べると1gあたり1.5倍~2倍ほどの価格設定となっているようです。

尿素に比べて割高ではありますが、子供さんの乾燥肌であったり、かゆみを伴う乾燥肌で、ひっかき傷があったりする場合などでは、ヘパリン類似物質配合の保湿剤のほうが最適かと考えています。

理由については、次の段落にて紹介します。

ちなみに、ヘパリン類似物質配合の保湿剤は処方せん用医薬品(処方薬)としても使用されています。

ヘパリン類似物質配合の処方薬として有名な商品が「ヒルドイド」です。

こちらが処方薬「ヒルドイド(ソフト軟膏)」

処方薬 ヒルドイドソフト軟膏0.3%

つまり、「HPクリーム」は処方薬「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬となります。

尿素とヘパリン類似物質の違い:刺激性

赤ちゃん おむつかぶれ

・子供さんの乾燥肌

・かゆみを伴う乾燥肌で、ひっかき傷があったりする場合

などでは、ヘパリン類似物質配合の保湿剤のほうが最適と上述しました。

尿素には刺激性があるからです。

ひっかき傷があるような箇所に尿素配合保湿剤を塗ると、一時的ではありますが、チリチリとした刺激感を感じます。

「パスタロンクリーム」や「ケラチナミンコーワクリーム」の添付文書にも次のように記載があります。

次の部位には使用しないでください

(1)目のまわり、粘膜等。

(2)引っかき傷等のきずぐち、亀裂(ひび割れ)部位。

(3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ。

(4)炎症部位(ただれ・赤くはれているところ)。

※「ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム」添付文書より引用

(1)~(4)の注意事項のどれをとっても、尿素の刺激性を問題としている記載内容と受け取れます。

「パスタロンクリーム」の添付文書にも同様の記載があります。

「HPクリーム」の添付文書にも(1)の注意事項の記載はありますが、(2)~(4)の注意事項の記載はありません。

添付文書の内容からも、ヘパリン類似物質配合の保湿剤「HPクリーム」には刺激性がなく、尿素配合の保湿剤「パスタロンクリーム」や「ケラチナミンコーワクリーム」には刺激性があることを推測することもできます。

安いわりに良く効く市販の保湿剤・ハンドクリーム

安いわりに良く効く保湿剤・ハンドクリームは、「パスタロンクリーム」や「ケラチナミンコーワクリーム」などの尿素配合保湿剤です。

乾燥肌に伴う手荒れ・肌荒れに対しては、尿素配合保湿剤の使用を検討ください。

一方で、保湿薬である尿素には刺激性があります。

そのため、子供さんの乾燥肌であったり、かゆみを伴う乾燥肌で、ひっかき傷がある場合などでは、チリチリとした刺激感を感じます。

このような場合においては、割高ではありますが、刺激性がない「HPクリーム」のようなヘパリン類似物質配合の保湿剤の使用を検討ください。

どちらも優れた保湿作用をもつ保湿薬です。

重要なことは、使い方・使う肌の状態となります。

傷がある場合は、ヘパリン類似物質配合保湿剤(HPクリーム)がいいでしょう。

傷がない場合は、比較的割安で済む尿素配合保湿剤(パスタロンクリーム・ケラチナミンコーワクリーム)で十分かもしれません。

最後になりますが、「パスタロンクリーム」・「ケラチナミンコーワクリーム」・「HPクリーム」には、当記事で紹介した商品の他にも、商品ラインナップがあります。

各商品毎の特徴や選び方などについては、以下の記事にまとめています。

<パスタロンクリーム>

尿素配合保湿剤「パスタロン」について紹介します。市販されている「パスタロン」には、各商品でちょっとした違いがあります。その違いを理解して、症状にぴったりの保湿剤を選んでください。

<ケラチナミンコーワクリーム>

尿素配合保湿剤「ケラチナミン」について紹介します。基本的には、尿素を配合した保湿剤ですが、各商品でちょっとした違いがある市販薬です。その違いを理解して、症状にぴったりの「ケラチナミン」を選んでください。

<HPクリーム>

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする