処方薬「ピーエイ配合錠」と同じ市販薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

処方薬 ピーエイ配合錠

病院でかぜ薬として処方を受けることがある「ピーエイ配合錠(以下、ピーエイ錠)」と同じ市販薬を紹介します。

「ピーエイ錠」は、”熱・頭痛・鼻水”などのかぜの諸症状に効く総合感冒薬(かぜ薬)です。

スポンサーリンク

「ピーエイ錠」は「PL顆粒」の錠剤バージョン

病院で処方を受ける総合感冒薬の代表的な商品の1つとして「PL配合顆粒(以下、PL顆粒)」という商品があります。

こちらです。

処方薬 PL配合顆粒

「PL顆粒」はその商品名の通り顆粒剤(粉薬)の飲み薬です。

その「PL顆粒」を錠剤にした商品が「ピーエイ錠」となります。

配合されている有効成分は全く同じですが、以下の通り、その配合量が異なります。

 

PL配合顆粒

(1g中)

ピーエイ配合錠

(1錠中)

サリチルアミド 270mg 135mg
アセトアミノフェン 150mg 75mg
無水カフェイン 60mg 30mg

メチレンジサリチル酸プロメタジン

13.5mg 6.75mg

「ピーエイ錠」1錠あたりの配合量は、1包(1g)の「PL顆粒」の半量となります。

つまり、「PL顆粒」1包(1g)と「ピーエイ錠」2錠が等量ということになります。

「ピーエイ錠」と同じ市販薬

処方薬「PL顆粒」の錠剤バージョンでもある「ピーエイ錠」。

その「ピーエイ錠」と同じ有効成分を配合した市販薬が「パイロンPL錠」です。

粉薬が嫌い・苦手という方は、錠剤である「パイロンPL錠」を服用するといいでしょう。

「ピーエイ錠」と「パイロンPL錠」の違い

「ピーエイ錠」と「パイロンPL錠」は、配合されている有効成分は同じですが、以下の通り、その配合量が異なります。

 

ピーエイ錠

(1錠中)

パイロンPL錠

(1錠中)

サリチルアミド 135mg 108mg
アセトアミノフェン 75mg 60mg
無水カフェイン 30mg 24mg

メチレンジサリチル酸プロメタジン

6.75mg 5.4mg

市販薬である「パイロンPL錠」のほうが処方薬「ピーエイ錠」よりも有効成分の配合量が2割少なくなっています。

「PL顆粒」と同じ市販薬

「パイロンPL」シリーズには、顆粒の商品「パイロンPL顆粒」も販売されています。

「パイロンPL顆粒」と「パイロンPL錠」の関係は、「PL顆粒」と「ピーエイ錠」の関係と同じです。

「パイロンPL顆粒」1包(1g)と「パイロンPL錠」2錠が等量となります。

「PL顆粒」と同じ剤形(顆粒剤)・有効成分という点で、「パイロンPL顆粒」は「PL顆粒」と同じ市販薬となります。

ただし、配合量は2割少ないということになります。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする