「パブロン」の有効成分の違いと価格を比較~「パブロン」の費用対効果を考える~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

市販の風邪薬としてメジャーブランドである「パブロン」シリーズの有効成分の違いと価格を比較し、「パブロン」の費用対効果を考えてみます。

今回は以下3種類の「パブロン」シリーズの有効成分の違いと価格を比較して、その費用対効果を検討してみます。

・パブロンゴールドA

・パブロンSゴールドW

・パブロンエースPro

「パブロンゴールドA」・「パブロンSゴールドW」は12歳から服用可能、「パブロンエースPro」は15歳から服用可能となる商品です。

それでは、「パブロン」の有効成分、価格を比較し、費用対効果について検討してみます。

スポンサーリンク

「パブロン」の有効成分を比較

まずはじめに、「パブロン」に配合されている有効成分を比較します。

上記3種類の「パブロン」に配合されている有効成分は次の通りです。

 

パブロンゴールドA

(3錠/1包中)

パブロンSゴールドW

(2錠/1包中)

パブロンエースPro

(3錠/1包中)

熱・頭痛

解熱鎮痛薬

(熱さまし・痛み止め)

アセトアミノフェン 300mg 300mg
イブプロフェン 200mg
鎮痛補助薬 無水カフェイン 25mg
のど せき ジヒドロコデイン 8mg 8mg 8mg
気管支拡張薬 dl-メチルエフェドリン 20mg 20mg
たん グアイファネシン 60mg
アンブロキソール 15mg 15mg
L-カルボシステイン 250mg 250mg

はな

(抗ヒスタミン薬)

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり クロルフェニラミン 2.5mg 2.5mg 2.5mg
ビタミン剤 リボフラビン(ビタミンB2) 4mg 4mg 4mg
服用対象年齢 12歳以上 12歳以上 15歳以上

どの「パブロン」であっても、ねつ・のど(せき・たん)・はなといった一般的な風邪症状にはまんべんなく効果が期待できます。

この3商品の有効成分錠の違いを把握するためには、「パブロンゴールドA」をベースに他2商品を比較すると分かりやすくなります。

「パブロンゴールドA」をベースに他2商品の有効成分を比較し、違いを考えると次のようになります。

・ベース(スタンダードな風邪薬):パブロンゴールドA

・「パブロンゴールドA」+去痰薬:パブロンSゴールドW

・「パブロンゴールドA」+去痰薬(イブプロフェン配合):パブロンエースPro

「パブロンエースPro」と「パブロンゴールドA」・「パブロンSゴールドW」とでは、服用対象年齢も異なります。

「パブロンエースPro」は15歳以上、「パブロンゴールドA」・「パブロンSゴールドW」は12歳以上となっています。

この違いは配合されている解熱鎮痛薬の違いによって生じています。

つまり、有効成分に”アセトアミノフェン”を配合しているのか、”イブプロフェン”を配合しているのか、です。

“アセトアミノフェン”と”イブプロフェン”の違いは、鎮痛効果と抗炎症効果(炎症を鎮める効果)の大小です。

“イブプロフェン”のほうが”アセトアミノフェン”よりも鎮痛効果・抗炎症効果が高いとされています。

<鎮痛効果、抗炎症効果の大小>

イブプロフェン>アセトアミノフェン

「パブロンSゴールドW」と「パブロンエースPro」の有効成分はほぼ同じですが、服用対象年齢が異なるのはこの点にあります。

“イブプロフェン”は”アセトアミノフェン”に比べ鎮痛効果・抗炎症効果が高いので、頭痛・関節痛、のどの痛み・赤み(炎症)を鎮める効果は「パブロンエースPro」が最も強いと考えられます。

ちなみに、「パブロンSゴールドW」や「パブロンエースPro」は、風邪薬として処方される可能性もある有効成分を配合した商品でもあります。

市販薬であっても、処方薬と同じ有効成分を使用しています。「パブロンSゴールドW」の有効成分と処方薬を比較します。選び方次第で、病院で貰う処方薬と同じ薬を市販薬として手に取ることができます。

「パブロン」の価格を比較

続いて、「パブロン」の価格を比較します。

販売価格は、販売先でまちまちでしょうから、メーカー希望小売価格(税別)を比較します。

「パブロンゴールドA」は、錠剤・粉薬(微粒)の2剤形で販売されていて、それぞれ2つの包装規格が販売されています。

<パプロンゴールドA 価格一覧>

包装 メーカー希望小売価格 1日あたりの服用価格

12~14歳

(1日6錠・2包)

15歳以上

(1日9錠・3包)

130錠 1,700円 78円/day 118円/day
210錠 2,500円 71円/day 107円/day
28包 1,700円 121円/day 182円/day
44包 2,500円 114円/day 170円/day

<パプロンゴールドA(錠)>

<パプロンゴールドA(微粒)>

「パブロンSゴールドW」も同じく、錠剤・粉薬(微粒)の2剤形で販売されていて、錠剤は3つ、粉薬は2つの包装規格が販売されています。

<パプロンSゴールドW 価格一覧>

包装 メーカー希望小売価格 1日あたりの服用価格

12~14歳

(1日3錠・1.5包)

15歳以上

(1日6錠・3包)

30錠 1,400円 140円/day 280円/day
42錠 1,800円 129円/day 257円/day
60錠 2,300円 115円/day 230円/day
12包 1,400円 175円/day 350円/day
24包 2,300円 144円/day 287円/day

<パプロンSゴールドW錠>

<パプロンSゴールドW微粒>

「パブロンエースPro」は、錠剤・粉薬(微粒)の2剤形で販売されていて、それぞれ2つの包装規格が販売されています。

<パプロンエースPro 価格一覧>

包装 メーカー希望小売価格 1日あたりの服用価格

15歳以上

(1日9錠・3包)

18錠 1,380円 690円/day
36錠 1,980円 495円/day
6包 1,380円 690円/day
12包 1,980円 495円/day

<パプロンエースPro錠>

<パプロンエースPro微粒>

ここで紹介している「パブロン」3商品の価格は、高い順に次のようになります。

パブロンエースPro(割高)>パブロンSゴールドW>パブロンゴールドA(割安)

「パブロン」のどの商品であっても、大包装のほうが「1日服用量あたりの価格」面では割安に設定されています。

また、「パブロンエースPro」については、錠剤・粉薬(微粒)の希望小売価格は同じですが、「パブロンゴールドA」・「パブロンSゴールドW」については、粉薬(微粒)よりも錠剤のほうが割安に設定されています。

「パブロン」の費用対効果を検討

ここで紹介した「パブロン」3種類のせき止め・鼻炎薬は共通です。

“痰(たん)”や”痛み”に効果がある有効成分が違うだけで、上述したような価格差が発生していることになります。

ということは、”痰”やのどの痛み・関節痛などの”痛み”の症状の有無や大小を基準にして「パブロン」を選ぶことで、費用対効果を最大にすることができると考えられます。

「パブロンゴールドA」・「パブロンSゴールドW」・「パブロンエースPro」3商品の一般的な選び方は次のようになります。

・一般的な風邪症状(割安)

→パブロンゴールドA

“痰”の症状がつらい

→パブロンSゴールドW

・頭痛・関節痛、のどの痛みといった“痛み”がつらい(割高)

→パブロンエースPro

痰や痛みの症状がつらくない一般的な風邪症状の場合には、割安な「パブロンゴールドA」で十分でしょう。

逆に、痛みはつらくないが、痰の症状がつらい風邪症状の場合には、有効成分として去痰薬が2種類配合されている「パブロンSゴールドW」が最適となるでしょう。

そして、頭痛・関節痛、のどの痛みといった”痛み”の症状がつらい場合には、割高にはなりますが、「パブロンエースPro」が最適となるでしょう。

薬の特徴さえ押さえておけば、割高な商品を選ばずに、症状を抑えることができるでしょう。

今回は、市販の風邪薬「パブロン」の費用対効果について検討してみました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする