【市販薬】子供の急な発熱に「こどもパブロン坐薬」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

子供 かぜ 熱 咳 鼻みず

子供は急に熱を出すことがあります。

そんな子供の急な発熱に役立つ坐薬の解熱鎮痛薬(熱さまし・痛み止め)「こどもパブロン坐薬」を紹介します。

スポンサーリンク

こどもパブロン坐薬

お子さんの急な発熱に役立つ解熱薬が「こどもパブロン坐薬」です。

小さなお子さんがいるご家庭であれば、万が一のときに役立つ機会もあるでしょう。

<有効成分>

アセトアミノフェン:100mg(解熱鎮痛薬)

<効能・効果>

小児の解熱(熱さまし)

<用法・用量>

発熱時に以下の用量を肛門から挿入する

・6歳以上12歳以下:1~2個

・3歳以上5歳以下:1個

・1歳以上2歳以下:1/2~1個

なぜ熱が上がるのか?

かぜを引いたり、インフルエンザにかかったりすると、熱が上がります。

そもそも、

なぜ熱が上がるのでしょうか?

一言で言えば”からだの防衛反応“です。

細菌やウィルスといった異物がからだに入り込んでくると、異物からからだを守ろうします。

異物を排除するために発熱して、ウィルスの増殖を抑えたり、からだの免疫機能の働きを高めたりします。

熱はすぐに下げる必要はない

発熱することは、異物を排除するための正常な免疫機能です。

したがって、熱が上がったからといって、ただちに熱を下げる必要はありません。

それでは、

解熱薬(熱さまし)は必要ないのではないのか?

ということになりますが、熱が高くなりすぎると、本人の体力が奪われてしまいます。

38℃を超えたら解熱薬を使用

一般的に、解熱薬(熱さまし)は、熱が38℃を超えたときに使用すると良いと言われています。

ただし、本人に食欲など元気がある場合は使う必要はありません。

逆に、38℃を下回る場合でも、熱によってつらそうにしているときは、解熱薬を使用しても構いません。

あくまで38℃というのは目安です。

絶対的なものではないので、お子さんの様子を見極めることが何よりも大事です。

処方せん用医薬品「アンヒバ」と同じ

子供が発熱して、医療機関を受診したときに処方を受けることがある解熱薬が「アンヒバ」です。

もらったことがあるという方も、いらっしゃるかもしれません。

その「アンヒバ」に配合されている有効成分は”アセトアミノフェン”です。

つまり、「こどもパブロン坐薬」は「アンヒバ」と同じ市販薬と言うこともできます。

ちなみに、「アンヒバ」は有効成分の配合量が50mg・100mg・200mgと異なる3種類の規格で使用されています。

「こどもパブロン坐薬」の成分量は100mgなので、正確には「アンヒバ坐剤100mg」と同じ市販薬となります。

坐薬の使い方

坐薬はとがっている部分を肛門に挿入します。

挿入した坐薬がすぐ飛び出さないように、数秒間は肛門を軽く押さえてください。

坐薬を切る必要がある場合は、先のとがっている部分を残して、坐薬の真ん中付近から斜めにハサミやカッターでカットしてください。

坐薬を使うメリット

坐薬を使うメリットは”口から薬を飲ませる必要がない”ということです。

以下のような状況のとき、坐薬の使用が望ましいと考えます。

・夜、熱にうなされて泣いている

・嘔吐する(食べられない)

・泣く(口から飲めない)

上述したような状況では、”口から薬の服用(内服)”は厳しいはずです。

子供が体調を崩したときに、親御さんがしばしば遭遇する状況だと思います。

こういった場合、内服薬よりも坐薬のほうが使い勝手は良いと考えます。

坐薬は何かと役立つ

小さなお子さんがいるご家庭であれば、坐薬は何かと役立ちます。

子どもの場合、夜中に熱が上がって、泣き始めることもあります。

このようなとき、薬を口からはなかなか飲んでくれません。

子供もつらいのですが、親御さんとしても、夜中に子どもの看病をするのは、日中に比べて体力的にも精神的にも大変です。

坐薬であれば、肛門から薬を挿入するだけで済みます。

頑張って口から飲ませる必要がありません。

一時的にでも、熱を下げてあげると子供は落ち着いて、また眠ってくれるはずです。

小さなお子さんがいるご家庭の親御さんは、万が一に備えて、坐薬の解熱薬「こどもパブロン坐薬」を用意してはいかがでしょうか。

「パブロン」ブランドには、ここまで紹介した「こどもパブロン坐薬」といった解熱鎮痛薬の他にも、「子供用のかぜ薬」や「せき止め」なども販売されています。

これら商品の違いや選び方、使い分けなどについては、次の記事にまとめています。

●子供用のかぜ薬「パブロンキッズ」

子供の風邪薬「パブロンキッズ」シリーズの違いと選び方を紹介します。錠剤・粉・シロップと3つの剤形で販売されている市販薬です。

●せき止め薬「パブロンせき止め」

「パブロンせき止め」の違いと選び方・選ぶポイントなどについて紹介します。「パブロンせき止め液」であれば、生後3カ月のお子さんから服用することが可能です。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする