【のどの痛み・口内炎に】「ペラックT錠」の特徴と選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

「ペラックT錠」の特徴や選び方・選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

のどの炎症・口内炎に効く「ペラックT錠」

「ペラックT錠」は、以下2種類の抗炎症薬(炎症止め)を配合した商品です。

・トラネキサム酸

・カンゾウ乾燥エキス

これらの成分でもって、のどの炎症(痛み・はれ)に効果が期待できる市販薬とされています。

また、抗炎症薬成分の他にビタミンB・Cも配合されています。

ビタミンCは体力の消耗に効果があると考えられています。

「ペラックT錠」の効能・効果を見ていただくと「口内炎」という記載があります。

口内炎は口腔粘膜の炎症が原因による疾患です。

トラネキサム酸・カンゾウ乾燥エキスの抗炎症作用によって、口内炎の改善に効果があると考えられます。

つまり、「ペラックT錠」は咽頭炎・扁桃炎(のどの炎症)のみならず、口内炎に対しても効果が期待できる市販薬になります。

のどからかぜ症状が現れる方、口内炎がしばしばできる方は服用を検討されてください。

口内炎の治療薬は、飲み薬の他にも塗り薬・貼り薬とあります。

塗り薬・貼り薬の口内炎治療薬の違いや選び方などについては、こちらの記事にまとめています。

塗るタイプの口内炎治療薬である「トラフル軟膏PROクイック」と「口内炎軟膏大正クイックケア」について紹介します。

市販されている貼るタイプの口内炎治療薬である「トラフルダイレクト」と「アフタッチA」について紹介します。

肝斑(顔のシミ)用市販薬とも同一成分

ちなみに、「ペラックT錠」の主成分である”トラネキサム酸”は肝斑(顔のシミ)の発症を抑制するとされています。

そのため肝斑を抑制する市販薬である「トランシーノ」もトラネキサム酸を主成分として販売されています。

「ペラックT錠」まとめ

ここまで、「ペラックT錠」の特徴や違い、服用するポイントなどを紹介してきました。

「ペラックT錠」は抗炎症薬”トラネキサム酸”が配合された商品です。

トラネキサム酸の抗炎症作用によって、のどの炎症を鎮めます。

また、口内炎は口腔粘膜の炎症が原因の疾患です。

したがって、トラネキサム酸の作用により、口内炎にも効果があるとされています。

つまり、「ペラックT錠」は”のどの痛み”だけでなく”口内炎”にも効果がある市販薬となります。

のどの痛みがある方、口内炎に悩んでいる方は、服用を検討されてください。

「ペラックT錠」基本情報

のどの腫れ・痛み、口内炎が気になるときは「ペラックT錠」です。

<有効成分(2錠中)>

・トラネキサム酸:250mg(抗炎症薬)

・カンゾウ乾燥エキス

・ビタミンB・C

<効能・効果>

咽頭炎・扁桃炎、口内炎

<用法・用量>

1日3回、以下の用量を服用

・15歳以上:1回2錠

・7歳以上15歳未満:1回1錠

・7歳未満:服用NG

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする