【市販薬】花粉症薬まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり
花粉症薬についてのまとめです。
 
スポンサーリンク

まずは抗ヒスタミン剤

花粉症の方が、まず服用する薬は抗ヒスタミン剤です。

当ブログでは、抗ヒスタミン剤として以下の市販薬を紹介しました。
眠くなりにくく、口の渇きも少ない上、車の運転もできる市販の花粉症・鼻炎薬「アレグラFX」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「アレグラ」と同じ有効成分を同じ成分量で配合した市販薬です。
処方薬と同量のエピナスチンを配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「アレジオン20」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。
眠くなりにくく、口の渇きも少ない市販の花粉症・鼻炎薬「ストナリニZ」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「ジルテック」と同じ市販薬でもあります。
処方薬「エバステル」と同じ有効成分"エバスチン"を同量配合した眠くなりにくい処方薬「エバステル」と同じ有効成分"エバスチン"を配合した眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬「エバステルAL」の特徴や選び方、その他鼻炎薬との違いなどについて紹介します。
抗ヒスタミン剤Aという薬で効果がなければ、他のBという薬に変更すれば効果があるという事もあります。
 
効果が今一つの場合には、別の抗ヒスタミン剤に切り替えてみることも1つの手段です。
 

念のため眠気には注意

抗ヒスタミン剤を服用する上で、つきまとう副作用が眠気です。
 
ただし、ここで紹介した抗ヒスタミン剤は比較的眠気が少ないとされています。
 
ただし、ゼロではありませんし、眠気の副作用は個人差が大きいように感じます。
 
念のため、眠気には注意したほうがいいでしょう。
 

オプションは点鼻薬・漢方薬

抗ヒスタミン剤で効果が感じられない・物足りない・副作用が出るといった場合には、点鼻薬や漢方薬が次の候補となります。

ここで挙げる点鼻薬・漢方薬には、眠気の副作用はありません。

抗ヒスタミン剤は、鼻みずに対しては抜群に効果があります。一方で、鼻づまりに対しては効果が劣るとも言われています(決して効かないわけではありません)

それを踏まえると、鼻づまりを改善する点鼻薬が手元にあると重宝するかもしれません。

鼻づまりを改善する点鼻薬として、当ブログでは、以下の市販薬を紹介しました。

鼻づまり(鼻閉)を素早く改善する市販の点鼻薬「コールタイジン点鼻液」について紹介します。抗ヒスタミン薬との併用も可能で、鼻づまり時に1日6回まで使用できる点鼻薬です。
「パブロン点鼻」シリーズの違いと選び方、それを踏まえた使い分けなどについて紹介します。
花粉症などの鼻炎症状に使用される漢方薬として有名な商品が「小青竜湯」です。

漢方薬は、体質に合うかどうかがポイントです。体質に合えば、抜群に効いてくれます。

抗ヒスタミン剤による、眠気の副作用がどうしても気になる方などは、服用を試してみる価値はあると考えます。

鼻炎・花粉症によく使われる漢方薬が「小青竜湯」です。小青竜湯は抗ヒスタミン薬ではないので、眠くなりません。

花粉症薬についてまとめ

花粉症をコントロールするための基本は、抗ヒスタミン剤の服用です。

抗ヒスタミン剤を選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

眠くならない、眠くなりにくい市販の鼻炎・花粉症薬を選ぶポイントを紹介します。"眠くならない"という点では「アレグラFX」と「クラリチンEX」が第一選択肢となります。

抗ヒスタミン剤の効果を補助したり、代替する位置づけとして、”点鼻薬・漢方薬”があります。

様々な薬の特徴を理解して、つらい花粉症シーズンを乗り切ってください。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする