【市販薬】便秘薬の選び方基礎基本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

腹痛 便秘 下痢便秘薬の基礎基本を紹介します。

スポンサーリンク

使われる便秘薬は大きく2種類

便秘薬として使用される薬は、おおよそ次の2種類です

①非刺激性便秘薬(塩類下剤)

②刺激性便秘薬

①非刺激性便秘薬(塩類下剤)

“硬い便を柔らかくする”目的で使用する下剤です。

有効成分として、酸化Mg(マグネシウム)や水酸化Mgを含んだ下剤です。

酸化Mgや水酸化Mgは、水分を引っ張って便を柔らかくする作用があります。水分を多めに摂ることで薬の効果が高まります。

腎臓が悪い方の服用はNGです。

②刺激性便秘薬

大腸を刺激して、腸の蠕動運動を高めることで排便を促す薬になります。

刺激性便秘薬に分類される有効成分には、次のような成分があります。

・センノシド

・ピコスルファートNa

・ビサコジル

なかなか排便しきれない方に適した便秘薬かと考えます。

センノシドを含む大腸刺激性下剤は、妊婦さんの服用NGです。

調子に合わせて服用

用法・用量通りに服用することは基本です。

一方で、便通の状態に合わせて、服用量を調節することも重要です。

例えば、次のように服用量を調節して服用しましょう。

<非刺激性便秘薬(塩類下剤)の服用方法例>

・便が緩い場合→減量

・便が硬い場合→適正使用の範囲内で増量

<刺激性便秘薬の服用方法例>

・腹痛がある場合→減量

上述したように、適宜調子を見ながら服用量を増減させながら服用しましょう。

刺激性便秘薬の連用は慎重に

大腸刺激性下剤の連用は慎重でなければなりません。

というのも、漫然と服用を続けると、くせになる(慣れ・耐性)と指摘されています。

便秘薬がくせになってしまうと、今まで効果があった服用量では効かなくなってしまいます。すると、服用量が増えてしまいます。一方で、一定量を超えて服用しても効果は薄いと言われています。

刺激性便秘薬を服用するときは、漫然と服用し続けないことが重要です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする